図書館におけるRFID使用に関する国際標準規格ISO 28560が出版される

図書館におけるRFID使用に関する国際標準規格ISO 28560“RFID in Libraries”が2011年3月22日に出版されました。この規格はICタグのデータモデルやエンコーディング方法などについて定めており、 “Data elements and general guidelines for implementation”、“Encoding of RFID data elements based on rules from ISO/IEC 15962”、“Fixed length encoding”の3部から構成されています。

ISO 28560-1 Data elements and general guidelines for implementation
http://www.iso.org/iso/iso_catalogue/catalogue_tc/catalogue_detail.htm?csnumber=50996

ISO 28560-2 Encoding of RFID data elements based on rules from ISO/IEC 15962
http://www.iso.org/iso/iso_catalogue/catalogue_tc/catalogue_detail.htm?csnumber=50997

ISO 28560-3 Fixed length encoding
http://www.iso.org/iso/iso_catalogue/catalogue_tc/catalogue_detail.htm?csnumber=50998

ISO 28560 RFID in Libraries Standard Published -- What Does That Mean? (The Galecia Groupのブログ 2011/3/27付け記事)
http://www.galecia.com/blogs/lori-ayre/iso-28560-rfid-libraries-standard-published-%E2%80%93-what-does-mean

参考:
「図書館におけるRFID 導入のためのガイドライン」が公開
http://current.ndl.go.jp/node/16518

E826 - 電子タグに関する出版・図書館界の取り組みの最新動向(日本)
http://current.ndl.go.jp/e826

NISO、図書館におけるRFIDの利用に関する勧告を発表(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/7150