フランコ政権期にフランスからスペインに向けて放送されたラジオのアーカイブズがデジタル化公開される

2011年4月4日に、スペインのアリカンテ大学(Universitat d'Alacant)が、ラジオ番組のアーカイブズを提供するポータルサイト“Devuélveme la voz”(英語名はGive me my voice back)を公開したようです。“Devuélveme la voz”では、1975年までのフランコ政権期にフランスへ亡命した人々が、亡命先からスペインに向けて放送した“Radio Paris”のアーカイブズ(番組の録音資料や文書資料、写真資料等)がデジタル化され公開されているようです。“Radio Paris”でアナウンサーを務めていたJulian Antonio Ramírez氏らが1999年に大学へアーカイブズを寄贈したことで、今回のデジタル化プロジェクトが立ち上がり、この程公開されたようです。

Devuélveme la voz (英語版のページ)
http://devuelvemelavoz.ua.es/en/devuelveme-la-voz.html

The University of Alicante inaugurates the Internet Portal Devuélveme la voz, to preserve the words from exile (Universitat d'Alcant 2011/3/31付けのニュース)
http://web.ua.es/en/actualidad-universitaria/marzo2011/marzo2011-28-31/the-university-of-alicante-inaugurates-the-internet-portal-devuelveme-la-voz-to-preserve-the-words-from-exile.html

La voz del exilio en Internet (El País 2011/4/5付けの記事)
http://www.elpais.com/articulo/Comunidad/Valenciana/voz/exilio/Internet/elpepiespval/20110405elpval_18/Tes

Ramón Jáuregui presenta el portal “Devuélveme la voz” (Información.es 2011/4/5付けの記事)
http://www.diarioinformacion.com/paraninfo/2011/04/05/ramon-jauregui-presenta-portal-devuelveme-voz/1112678.html