HarperCollins社、電子書籍の貸出に関する新たな条件をOverDrive社に対して提示

米国の出版社HarperCollins社が、電子書籍ベンダーのOverDrive社に対して、電子書籍の貸出に関する新たな条件を提示したと報じられています。HarperCollins社の条件は、紙の資料の耐用期間を基に、電子書籍1冊につき貸出回数を26回までにするというものです。この件を報じたLibrary Journal誌では、貸出期間を2週間に設定した場合、人気のある資料であれば1年で上限回数である26回に達してしまうとの試算を示しています。

HarperCollins Puts 26 Loan Cap on Ebook Circulations(Library Journal 2011/2/25付けの記事)
http://www.libraryjournal.com/lj/home/889452-264/harpercollins_caps_loans_on_ebook.html.csp

米Harper Collinsが公共図書館の電子書籍貸し出しサービスに対して新条件、期限2週間・1点26回までに制限(hon.jp 2011/2/28付けの記事)
http://hon.jp/news/modules/rsnavi/showarticle.php?id=2169

(2011/3/2追記)
OverDrive's message to librarties on HarperCollins new ebook licensing terms(TeleRead 2011/3/1付けの記事)
http://www.teleread.com/library/overdrives-message-to-librarties-on-harpercollins-new-ebook-licensing-terms/

HarperCollinsの電子書籍ライセンス条件についてOverDrive社が出したメッセージ(みんなの翻訳 2011/3/2付けの記事)
http://trans-aid.jp/viewer/?id=15949&lang=ja