米国“Triangle Research Libraries Network”、知的財産権保護対象の、非刊行特殊資料のデジタル化対応方針を公表

2011年2月15日に、米国デューク大学(Duke University)やノースカロライナ中央大学(North Carolina Central University)等の5大学が抱える図書館計10館によって構成されているネットワーク“Triangle Research Libraries Network”(TRLN)が、“The Triangle Research Libraries Network’s Intellectual Property Rights Strategy for Digitization of Modern Manuscript Collections and Archival Record Groups”と題する文書を公開しています。これは、各機関が抱える印刷資料ではない様々な特殊資料(書簡、メモ、日誌、スクラップブック、写真等の個人や機関の資料)をデジタル化するにあたって、それらの資料も知的財産権の対象であることから、どのようにデジタル化に臨むのか、その方針をまとめたもののようです。

The Triangle Research Libraries Network’s Intellectual Property Rights Strategy for Digitization of Modern Manuscript Collections and Archival Record Groups
http://www.trln.org/IPRights.pdf

Triangle Research Libraries Network Publishes Intellectual Property Rights Strategy for Digitization Based on "Well-intentioned Practice" Document (2011/2/15付け OCLCのニュース)
http://www.oclc.org/research/news/2011-02-15.htm