米国カリフォルニア州での図書館関連予算削減案

米国カリフォルニア州では、2011年1月に就任したブラウン知事が示した2011/12年度の予算案では約125億ドルの支出削減が示されており、図書館関係では、公共図書館プログラムへの約3000万ドルの予算削減が示されているとのことです。予算削減対象には、州内での相互貸借などの協力事業を支援するCalifornia Library Services Act (CLSA)などが含まれているようです。カリフォルニア図書館協会(CLA)の会長は、厳しい財政状況は理解するが図書館は既に応分以上の予算カットをされているとし、州議会議員等に予算案に反対するよう呼びかける声明を出しています。

California Librarians Push Back Against Brown's Zero Budget for Public Libraries(2011/1/14付けLibrary Journalの記事)
http://www.libraryjournal.com/lj/home/888818-264/california_librarians_push_back_against.html.csp

Brown Proposes Eliminating All State Funding for California Public Libraries(2011/1/12付けLibrary Journalの記事)
http://www.libraryjournal.com/lj/home/888766-264/brown_proposes_eliminating_all_state.html.csp

CLA President's Response to Governor Brown's Proposed Elimination of $30.4 million in State Funding for California Public Libraries(2011/1/11付けCLAのプレスリリース)
http://www.cla-net.org/weblog/2011/01/cla_presidents.php