2010年にアクセスの多かった記事(『カレントアウェアネス-E』)

カレントアウェアネス・ポータルに掲載された『カレントアウェアネス-E』記事のうち、2010年1月1日から12月31日までの期間でアクセスの多かった上位10記事は以下のものです。

※【 】内はアクセス数で、ロボット等によるアクセスを除いたものです。

1. E1035 - 「カーリルの中の人」が語る「カーリル」の裏側(2010-03-24)【6,992】

2. E967 - 福井県立図書館「覚え違いタイトル集」ができるまで(2009-09-02)【3,907】

3. E1055 - スタンフォード大学,本のほとんど無い図書館を計画(2010-06-10)【2,734】

4. E574 - 図書館ネコ「デューイ」,その生涯を終える(米国)(2006-12-06)【2,619】

5. E1127 - 「ぬいぐるみの図書館おとまり会」現場の様子と舞台裏(日本)(2010-12-16)【2,585】

6. E1042 - 米国議会図書館,Twitterの全公開ツイートを保存へ(2010-04-28)【2,053】

7. E1088 - 子どものお気に入りのぬいぐるみが図書館でお泊まり会(米国)(2010-09-02)【1,823】

8. E918 - Googleブック検索の和解案への意思表示期限が4か月延長(2009-05-13)【1,761】

9. E919 - これからのオンライン目録に求められること―OCLCの調査から(2009-05-13)【1,578】

10. E1020 - 分野やキャリアによる学術コミュニケーション手法の違い(2010-02-17)【1,567】