国立国会図書館、学位論文(博士)のデジタル化実施に係る著作権処理について発表

国立国会図書館は2010年9月17日、「学位論文(博士)のデジタル化実施に係る著作権処理について」を記者発表しました。

これは、国立国会図書館がデジタル化を行う、1991年度から2000年度までに国立国会図書館に送付された学位論文(博士)約14万件分について、(1)国立国会図書館における全文複写提供及び公衆送信、(2)デジタル化した学位論文の複製物の学位授与大学への譲渡、(3)学位授与大学における(2)で譲渡された複製物の全文複写提供及び公衆送信、の許諾を、学位論文の著者に依頼するというものです。この許諾依頼は、国立国会図書館と学位授与大学(一部を除く)が協力して行います。

学位論文(博士)のデジタル化実施に係る著作権処理について(付・プレスリリース) - 国立国会図書館
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2010/1190008_1531.html

参考:
国立国会図書館、博士論文デジタル化に係る著作権処理手続に関する説明会を開催
http://current.ndl.go.jp/node/16369