米国教育省と司法省、電子書籍リーダーに関して障害を持つ学生らへの配慮を大学に求める

米国教育省と司法省は2010年6月29日、視覚障害を持つ学生らが使うことの出来ない電子書籍リーダーは障害者への差別を禁じた米国障害者法(ADA)等に反している、という点に配慮するよう求める通達文書を各大学宛に発送した、と発表しています。2009年に行われたパイロットプロジェクトで、Kindle DXのアクセシビリティは不十分、との評価が出されたことが背景にあるようです。その一方で、iPadがアクセシビリティのテストに合格したとも報じられています。

Departments of Education and Justice Announce Continuing Commitment to Accessible Technology for All Students(米国教育省のプレスリリース)
http://www.ed.gov/news/press-releases/departments-education-and-justice-announce-continuing-commitment-accessible-tech

Joint "Dear Colleague" Letter: Electronic Book Readers
http://www2.ed.gov/about/offices/list/ocr/letters/colleague-20100629.html

Dept. of Education regulates e-reader usage(Collegenews 2010/6/30付けの記事)
http://www.collegenews.com/index.php?/article/dept_of_education_regulates_e_reader_usage_on_federally_funded_campuses_063020101219999/

参考:
E1022 - 授業へのKindle導入について大学と視覚障害者団体が和解(米)
http://current.ndl.go.jp/e1022