OCLCのウェブスケールの図書館管理システムが本格運用に向けて前進

OCLCは2009年から、目録業務、蔵書管理、利用者情報管理、収集管理、ライセンス管理等の図書館運営にかかわるほとんどの業務を WorldCatのネットワーク上で処理できるようなウェブスケールの図書館管理システムの開発に取り組んできました。このほど、このシステムが、試行段階から製品化段階に移行したということです。限られた数の初期導入図書館に向けてではありますが、2010年7月1日から、収集管理と貸出情報管理のサービスが提供されます。今後サービス内容は、購読料管理、ライセンス管理等に順次拡大されていくということです。

Web-scale library management services available July 1 to early adopters
http://www.oclc.org/news/releases/2010/201038.htm

参考:
CA1721 - 動向レビュー:OCLCの最近の動向:OCLCのウェブ戦略とその展開 / 中元 誠
http://current.ndl.go.jp/ca1721