研究データ保存についての調査“Keeping Research Data Safe 2”の報告書が公開(英国)

英国の情報システム合同委員会(JISC)の資金により実施された、研究データの保存についての調査“Keeping Research Data Safe”の第2期の報告書が公開されています。2008年に実施された同調査の第1期に続くもので、デジタル保存のためのコスト情報の調査、第1期に示されたモデルの検証などがおこなわれており、結論部分では、8つの推奨事項(recommendation)が示されています。

KEEPING RESEARCH DATA SAFE 2
http://www.jisc.ac.uk/media/documents/publications/reports/2010/keepingresearchdatasafe2.pdf

Keeping research data safe (Phase 2)
http://www.jisc.ac.uk/publications/reports/2010/keepingresearchdatasafe2.aspx

Keeping Research Data Safe 2 - a JISC-funded Project
http://www.beagrie.com/jisc.php

Keeping Research Data Safe 2(2010/5/17付けDigitalKoansの記事)
http://digital-scholarship.com/digitalkoans/2010/05/17/keeping-research-data-safe-2/

参考:
CA1696 - 動向レビュー:デジタル情報資源の管理・保存にいくらかかるのか?-ライフサイクルコストを算出する試み“LIFE” / 村上浩介
http://current.ndl.go.jp/ca1696