Twitterを通じた募金活動によって学校図書館が建設予定(タンザニア)

草の根募金活動を行っているグループ“Epic Change”が、集まった資金でタンザニアのある中学校に図書館を建設することになったということです。この中学校は、Epic Changeの設立者でCEOである人物が2007年にボランティアに赴いた学校だということです。サンクスギビング・デーの時期に実施した募金活動により、2008年には新たな教室の建設費用として1万ドル、2009年には学校図書館建設費用として3万5千ドルが集まりました。計画では今後、コンピュータラボ、カフェテリア、運動場、トイレ、といったものが建設されることになっています。

An African School Library Created One Tweet At a Time
- School Library Journal 2010/5/10付けの記事
http://www.schoollibraryjournal.com/article/CA6728180.html