英国の文化・メディア・スポーツ省、公共図書館に関する政策ステートメントを公表

英国の文化・メディア・スポーツ省は、公共図書館に関する政策ステートメント「公共図書館の現代化レビュー」(The Modernisation Review of Public Libraries)を公表しています。図書館の提供するサービスを「オファー」(offer)という言葉で表し、全ての公共図書館が2010年内にその図書館のオファーを定めるよう呼びかけています。オファーは、全ての図書館が持つべきコア・オファーと各地域でのローカル・オファーからなり、コア・オファーとしては、生誕時からの図書館利用者登録、本やインターネットへの無料アクセスなどが示されています。

The Modernisation Review of Public Libraries – a Policy Statement
http://www.culture.gov.uk/reference_library/consultations/6752.aspx

(本文:PDFファイル64ページ)
http://www.culture.gov.uk/images/consultation_responses/modernisation_review_public_libraries.pdf

Public Libraries must be a birth right for all, as guardians of ‘this country’s greatest gift to world civilisation ’(2010/3/22付け文化・メディア・スポーツ省のプレスリリース)
http://www.culture.gov.uk/reference_library/media_releases/6772.aspx

United Kingdom: Major Review Published: The Modernisation of Public Libraries(2010/3/22付けResourceshelfの記事)
http://www.resourceshelf.com/2010/03/22/united-kingdom-major-review-published-the-modernisation-of-public-libraries/

参考:
E982 - 公共図書館の役割を再確認するためのガイドライン(英国)
http://current.ndl.go.jp/e982