図書館員がソーシャルネットワークの「結び目」になるために

インターネットの社会的影響等について調査を行っている米国のPew Internet & American Life Projectのウェブサイトに、ソーシャルネットワークと図書館員の関わり等についての、Lee Rainie氏によるプレゼンテーションのスライドが掲載されています。ソーシャルネットワークが活用される時代になると、人々のネットワークの「結び目(node)」としての図書館員の役割を生かす機会が大きくなるとしており、スライド後半には、利用者の情報入手を支援するためのヒントや、「結び目」となるためのヒントがまとめられています。

The Magic of Social Networks
http://www.pewinternet.org/Presentations/2009/42--The-Magic-of-Social-Networks.aspx

Lee Rainie from the Pew Internet & American Life Center Speaks to Librarians on the “Magic of Social Netwoks”(2009/10/21付けResourceShelfの記事)
http://www.resourceshelf.com/2009/10/21/lee-rainie-from-the-pew-internet-american-life-center-speaks-to-librarians-on-the-magic-of-social-netwoks/