欧州委員会、書籍デジタル化に関する文書を発表

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会(EC)は、2009年10月19日付けで、書籍のデジタル化に関する文書「知識社会における著作権」を発表しています。図書館資料のデジタル化と利用に向けて取り組むべき課題として、著作権者が不明な「孤児作品(orphan works)」の問題と、視覚障害者等のアクセス改善をあげています。

European Commission puts challenges of books digitisation for authors, libraries and consumers on EU's agenda(2009/10/19付けPress release)
http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/09/1544&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en

Communication on Copyright in the Knowledge Economy (本文へのリンクあり)
http://ec.europa.eu/internal_market/copyright/copyright-infso/copyright-infso_en.htm#Communication_Copyright_in_the_Knowledge_Economy

参考:
欧州委員会、本のデジタル化についての会議を開催
http://current.ndl.go.jp/node/14385