W3C、ウェブの信頼性構築のためのプロトコルを勧告化

World Wide Web Consortium(W3C)は2009年9月1日、ウェブ情報の信頼性を構築するためのプロトコル“POWDER”(Protocol for Web Description Resources)を勧告化しました。今回勧告化されたのは、“POWDER: Description Resources”、“POWDER: Grouping of Resources”、“POWDER: Formal Semantics”の3種類です。POWDERは、第三機関によるサービスの立証情報を統合し、機械可読にすることを目的に設計されています。POWDERを活用することにより、情報の来歴や可能な利用方法といったことを、ウェブサイトはアピールできるようになります。

A Sprinkle of POWDER Fosters Trust on the Web
New W3C Standard to Raise Confidence in Site Quality, Relevance and Authenticity(プレスリリース)
http://www.w3.org/2009/09/powder-pr.html

Protocol for Web Description Resources (POWDER) Working Group
http://www.w3.org/2007/powder/

Adding Trust to Wikipedia, and Beyond : Tracing information back to its source could help prove trustworthiness.
- Technology. Review 2009/9/4付けの記事
http://www.technologyreview.com/printer_friendly_article.aspx?id=23355&channel=web&section=

参照:
W3C、SKOSを勧告化
http://current.ndl.go.jp/node/14077
CA1598 - 動向レビュー:ウェブ・オントロジーの可能性と図書館
http://current.ndl.go.jp/ca1598
CA1676 - ウィキペディアにおける情報の質(IQ)向上の仕組み / 石澤文
http://current.ndl.go.jp/ca1676
ウィキペディアの記事の信頼度を示す工夫とは?
http://current.ndl.go.jp/node/6275