ALAなどがGoogleブック検索和解案についての書簡を司法省に提出

米国図書館協会(ALA)、北米研究図書館協会(ARL)、米国大学・研究図書館協会(ACRL)の3団体は、米国司法省に対し、Googleブック検索和解案の動向、特に機関購読の価格等について、裁判所がしっかり監督するように助言することを求める書簡を送ったとのことです。

Library groups advise DOJ on proposed Google Book Search settlement
http://www.ala.org/ala/newspresscenter/news/pressreleases2009/july2009/doj_wo.cfm

参考:
ALA、ARL、ACRL、Google Book Search和解の施行延期を求める意見陳述書を提出へ
http://current.ndl.go.jp/node/12144

E918 - Googleブック検索の和解案への意思表示期限が4か月延長
http://current.ndl.go.jp/e918