フランス憲法院、政府によるインターネット接続制限規定は無効との判断

2009年5月にフランス議会で可決された、違法なダウンロードを三度行った者のインターネット接続を政府機関が切断できるとする法律に関して、フランス憲法院(Conseil constitutionnel)は、インターネット接続は基本的な権利であり、制限には裁判所の関与が必要であると判断したとのことです。

French Court Defangs Plan to Crack Down on Internet Piracy (2009年6月10日付New York Timesの記事)
http://www.nytimes.com/2009/06/11/technology/internet/11net.html?_r=1&ref=business

French Court Kills 'Three Strikes' Law(2009年6月10日付けNational Journal- Online Tech Daily Doseの記事)
http://techdailydose.nationaljournal.com/2009/06/french-court-kills-three-strik.php

参考:
違法ダウンロードに回線切断で対抗 フランスで法案通過(2009年5月14日付けasahi.comの記事)
http://www.asahi.com/international/update/0514/TKY200905140005.html

CA1124 - インターネットの法的規制−アメリカ「通信品位法」とフランス「通信規制法」
http://current.ndl.go.jp/ca1124