書籍情報を提供しているウェブAPIを活用した図書館サイト構築方法の紹介記事

Google Book Search、WorldCat、Open Library、LibraryThingなど、書籍情報を提供しているウェブAPIと、それを活用して図書館サイトを構築する方法を紹介した記事が、Code4Lib Journal第6号に掲載されています。有益な情報源のほか、プログラミング言語Pythonを使ったサンプルコードも紹介されています。

Mike Beccaria. Using Book Data Providers to Improve Services to Patrons. Code4Lib Journal. 2009, (6).
http://journal.code4lib.org/articles/1009

参考:
CA1677 - 図書館によるAPIの公開-PORTAの事例から- / 中嶋晋平
http://current.ndl.go.jp/ca1677
E836 - Google Book Search,新たに2つのAPIを追加
http://current.ndl.go.jp/e836
E764 - Google Book Searchに新たなAPI“Book Viewability”が登場
http://current.ndl.go.jp/e764
図書館に役立つAPI集
http://current.ndl.go.jp/node/8340