埼玉大学と立教大学が高度成長期の市民運動資料を共同利用へ

埼玉大学が、同大学が所蔵する高度成長期の市民運動の資料を移管し、一般公開や共同利用、デジタル化することで立教大学と協定を結んでいます。

現在、埼玉大学共生社会教育研究センターが所蔵する資料で、2001年に閉館した「住民図書館」からミニコミ誌など約16万点を受け継いでいます。

埼玉大学と立教大学が60-70年代市民運動資料の共同利用・研究へ
―ベ平連や宇井純氏など「共生社会教育研究センター」所蔵資料―
http://www.rikkyo.ac.jp/news/2009/03/4509/
http://www.saitama-u.ac.jp/news/20090310.html

埼大・立教大が協定 60~70年代の市民運動の資料を共同研究 埼玉 - 朝日新聞
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200903160256.html
キャンパスウオーク・これが評判!:立教大、埼玉大と覚書締結 /東京 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20090320ddlk13100193000c.html