報告:国際社会学機構第38回世界会議 / 藤吉 圭二