愛書家ジャン・グロリエの旧蔵本について / 気谷 誠