E216 - 上海図書館の市民講座 <文献紹介>

カレントアウェアネス-E

No.39 2004.07.07

 

 E216

上海図書館の市民講座 <文献紹介>

 

呉建中, 陳凌康, 趙景国. 城市教室: 上海図書館市民講座 - 上海図書館講座活動二十五年回顧. 図書館雑誌. 22(11), 2003, 52-54.

 上海図書館は1978年より時事問題,法律,経済,文化,健康などの幅広いテーマを主題とした講座を開き,市民が学習する機会を提供してきた。その市民講座が2003年に25周年を迎えた。25年間に約790回の講座が開設され,約72万人の市民がそれらの講座に参加してきた。上海市図書館学会と上海図書館の共同刊行による『図書館雑誌』2003年11月号に,上海図書館の呉建中館長らによる市民講座の25年間の回顧が掲載されている。

 市民講座の講師には,研究者,企業家,文学者など各分野の専門家や著名人が招かれている。金庸や王蒙のような著名な作家が自らの半生を語ったこともあった。一部の講座については内容を,テレビ,新聞,最近ではネットを通して公開し,直接図書館に足を運ぶことのできない市民にも学習の機会を提供している。SARS問題が発生した時は,その予防措置を専門家に講義してもらうことで,重要な情報を市民に提供することができた。各分野の最先端をいく専門家や企業家たちと市民が知識や経験を分かち合う場として,また,市民の知的要求を満足させる場としての役割を果たしてきたと,著者らは市民講座の意義を述べている。

Ref:
http://www.jiangzuo.org/