カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧 (⇒タイトルのみ表示


京都大学貴重資料デジタルアーカイブ、経典資料にSAT大蔵経DBへのリンク情報を記載

2018年9月7日、京都大学図書館機構が、京都大学貴重資料デジタルアーカイブで公開している経典資料画像の書誌情報に、SAT大蔵経DBへのリンク情報を記載しました。2018年9月7日現在では、119件の書誌にリンク情報が記載されています。

SAT大蔵経DBは、SAT大蔵経テキストデータベース研究会が提供する大正新脩大藏経テキスト部分85巻の全文検索サービスです。今回のリンク記載により、経典資料閲覧時に、該当する大正新脩大藏経のテキストデータが書誌詳細画面から1クリックで参照できます。

【図書館機構】京都大学貴重資料デジタルアーカイブ: 経典資料にSAT大蔵経DBへのリンクを記載しました(京都大学図書館機構, 2018/09/07)
http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1379494

千葉大学アカデミック・リンク・センター、千葉大学学術リソースコレクション(c-arc)を公開

2018年9月10日、千葉大学は、千葉大学学術リソースコレクション(Chiba University Academic Resource Collections:c-arc(シーアーク))を公開したと発表しました。

デジタルコンテンツを活用した研究・教育・学習を実現するための新しい教育研究基盤である「デジタル・スカラシップ」構築の一環として、同大学アカデミック・リンク・センターが制作しました。2018年9月6日から公開を開始しており、収録資料には、江戸時代から伝わる医学書や園芸書のような歴史的リソースに加え、カビの顕微鏡写真のような自然科学分野の資料も含まれます。

公開にあたりIIIF(トリプルアイエフ)を採用したほか、Rights Statementsの定める 「No Copyright – Contractual Restrictions」と表示されているコンテンツ(著作権保護期間が満了しているコンテンツなどに表示)は、千葉大学附属図書館が提供するデジタルコンテンツであることの明示や、改変して利用した場合の明示といった要件を満たす場合、特別な手続きなく利用できます。

北海道博物館協会、加盟館園の被災状況調査を実施

北海道博物館協会が、2018年9月11日から、加盟館園の被災状況調査を実施すると発表しています。

調査後は、被災現況リストを公開し、必要な支援内容を把握した上で、支援機関への要請へとつなげていきたいとしています。

また、情報集約作業の重複をさけるため、同様(類似)の調査を行う機関に対して、同協会も調査を行っていることを知らせ、協会事務局のメールアドレスを伝えるよう依頼しています。

加盟館園の被災状況調査の実施について(北海道博物館協会,2018/9/10)
http://www.hk-curators.jp/archives/3800

参考:
平成30年北海道胆振東部地震による博物館等への影響
Posted 2018年9月7日
http://current.ndl.go.jp/node/36622

米国議会図書館(LC)、電子情報保存に関する研修事業「DPOEプログラム」のプラット・インスティテュート及びニューヨーク大学(NYU)芸術学部への移管を発表

2018年9月5日、米国議会図書館(LC)は、LCのDigital Preservation Outreach and Education(DPOE)プログラムを、プラット・インスティテュート及びニューヨーク大学(NYU)芸術学部(Tisch School of the Arts)の動画アーカイブ・保存プログラム(Moving Image Archiving and Preservation Program)に移管すると発表しました。

DPOEプログラムは、電子情報保存に関する国家的な研修プログラムとして2010年から行なわれているLCの事業です。

Digital Outreach Program Moves to Pratt, NYU (LC,2018/9/5)
https://www.loc.gov/item/prn-18-101

プレプリントサーバarXiv、2019年1月に米・コーネル大学図書館からCornell Computing and Information Science(CIS)に移管予定

2018年9月4日、米・コーネル大学内の機関であるCornell Computing and Information Science(CIS)が、同大学図書館が運営するプレプリントサーバarXivを2019年1月にCISに移管する予定であることを発表しました。

この移管は、最適なサービスの提供とインフラの持続のために必要なものであると説明されており、また、利用者への影響はないとされています。

Cornell Computing and Information Science
https://www.cis.cornell.edu/
※2018.9.4欄に“arXiv Looks to the Future with Move to Cornell CIS”とあります。

Google、“Dataset Search”(ベータ版)を公開

2018年9月5日、Googleが“Dataset Search”(ベータ版)の公開を発表しています。

出版者や個人ウェブサイト、デジタルライブラリ、データリポジトリ等で公開されている多様なデータセットを検索する事が可能です。

Googleでは、“Dataset Search”を開発するに当たり、Google等の検索エンジンが、データセットの作成者・公開日・収集方法・使用条件などを理解できるよう、標準schema.orgに基づいたデータ記述方法のガイドを作成しており、研究データのプロバイダに対して、同標準を採用することを推奨しています。

Making it easier to discover datasets(Google,2018/9/5)
https://www.blog.google/products/search/making-it-easier-discover-datasets/

東京都立中央図書館、「交流ルーム」を開設

東京都立中央図書館が、2018年9月12日から「交流ルーム」を開設すると発表しました。

自由に議論しながら調査研究を行ったり、異業種交流の場として利用できるスペースで、用途に応じた様々なレイアウト変更や、予約制による貸切りも可能です。

9月12日(水)都立中央図書館に交流ルームを開設します!(東京都立図書館,2018/9/10)
https://www.library.metro.tokyo.jp/guide/information/5018_20180910.html

交流ルーム(東京都立図書館)
https://www.library.metro.tokyo.jp/guide/central_library/floor_map/5f/commons/index.html

宮城県図書館、東日本大震災文庫ミニ展示「震災から考える“備え”」を実施

宮城県図書館が、2018年9月11日から11月10日まで、同館3階の東日本大震災文庫において、ミニ展示「震災から考える“備え”」を実施します。

震災を経験してわかった、日頃から備えておきたい防災の知恵や、緊急時に役立つマニュアル等が掲載されている資料を展示するものです。

東日本大震災文庫ミニ展示「震災から考える“備え”」 (宮城県図書館)
http://mynet.library.pref.miyagi.jp/latest/events/exhibition/1223-shinsaibunko-201809.html

福島大学、国立歴史民俗博物館と、歴史文化資料保全の大学・共同利用機関ネットワーク事業に関し、連携・協力に関する協定を締結

2018年9月4日、福島大学は、国立歴史民俗博物館と、連携・協力に関する協定を締結したと発表しています。

同館による歴史文化資料保全の大学・共同利用機関ネットワーク事業と連携・協力するもので、今後、同大学が「ふくしま歴史資料保存ネットワーク」の代表・事務局として集積した資料データの共有とバックアップによるレスキュー体制構築の支援、資料データの研究面での活用、学生・市民が共に学べる教育プログラム開発のための相互支援等が期待されるとしています。

福島大学 NEWS & TOPICS
https://www.fukushima-u.ac.jp/
※プレスリリースの2018.09.04欄に「国立歴史民俗博物館との連携・協力に関する協定締結式」とあります。

国立歴史民俗博物館と福島大学との連携・協力に関する協定書の内容について [PDF:2ページ]
https://www.fukushima-u.ac.jp/news/Files/2018/09/180904.pdf

むかわ町(北海道)の避難所に穂別地球体験館及び図書館からの絵本やアナログゲームを配置

北海道のむかわ町穂別地球体験館の2018年9月8日付けのTwitterによると、避難所に、同館及び図書館から運ばれた絵本やアナログゲームが配置されているとのことです。

@taikenkan(Twitter,2018/9/8)
https://twitter.com/taikenkan/status/1038390470043291653

ページ