カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧 (⇒タイトルのみ表示


「教育新聞」(電子版)が、学校図書館特集「「主体的・対話的で深い学び」実現に向けた役割に期待!」を掲載

2017年4月24日付けの教育新聞(電子版)が、学校図書館特集「主体的・対話的で深い学び」実現に向けた役割に期待!」を掲載しています。

「主体的・対話的で深い学び」実現に向けた役割に期待!【学校図書館特集】(教育新聞,2017/4/24)
https://www.kyobun.co.jp/feature/pf20170424_01/

主権者教育の充実を図る 文科省の学校図書館施策【学校図書館特集】(教育新聞,2017/4/24)
https://www.kyobun.co.jp/feature1/pf20170424_02/

座談会「学校図書館の活用で新しい学びの姿を」 part1(教育新聞,2017/4/24)
https://www.kyobun.co.jp/feature1/pf20170424_03/

共立女子大学、図書館及びラーニング・コモンズの活性化を目的に開発したスマホ用アプリ「リブコモ!」の提供開始

共立女子大学が、2017年4月3日から、図書館及びラーニング・コモンズの活性化を目的に開発したスマホ用アプリ「リブコモ!」の提供を開始したと発表しています。

「リブコモ!」と図書館内やラーニング・コモンズ内に設置されたビーコンを連携させ、学生の所在位置に応じて、施設の混雑状況やセミナー情報等を提供することで利用の活性化を目指すほか、学内アカウントとアプリを提携させて各種予約システムへのシングルサインオンを実現したり、利用回数に応じてポイントを付与する機能も持たせたりしています。

システム導入にあわせて、4月28日まで、図書館の利用方法を学ぶ、セルフツアー「図書館クエスト」を実施しており、クリアするとアプリのポイントがプレゼントされます。

豊橋市図書館(愛知県)、同館所蔵の拓本資料をデジタル化して公開

愛知県の豊橋市図書館が、同館所蔵の拓本資料をデジタル化して公開しています。

同館が所蔵する拓本資料は、郷土史家の豊田珍比古氏が、昭和7年までに、東三河を中心とした地域で、石碑・墓碑・句碑・歌碑・銅鐘に刻まれた文字を採拓したものです。

拓本資料のWeb公開 (豊橋市図書館日記,2017/4/22)
http://ameblo.jp/toyohashi-city-library/entry-12267955163.html

豊橋市図書館所蔵拓本資料一覧
http://www.library.toyohashi.aichi.jp/index.php?page_id=171

オランダ王立図書館、実験ツールやデータセットを利用できるウェブサイト“KB Lab”をリニューアル

2017年4月11日、オランダ王立図書館(KB)は、“KB Lab”のウェブサイトをリニューアルしたと発表しています。

“KB Lab”のウェブサイトは、デジタルヒューマニティーズの研究者や、デジタル研究に関心がある利用者が、実験ツール及びKBのデジタルコレクションや歴史的資料のポータルサイト“Delpher”を基にしたデータセットを利用できるプラットフォーム(英語)です。

Renewed KB Lab website live(KB,2017/4/11)
https://www.kb.nl/en/news/2017/renewed-kb-lab-website-live

KB Lab(KB)
http://lab.kb.nl/

独立系の研究図書館が、全米人文科学基金、博物館・図書館サービス機構、国立歴史的出版物・記録委員会を支援する書簡を発表

大学や連邦政府機関には属さず、財団や学協会等によって運営されている複数の独立系の研究図書館が、全米人文科学基金(NEH)、博物館・図書館サービス機構(IMLS)、国立歴史的出版物・記録委員会(NHPRC)を支援する書簡を発表しています。

書簡では、NEH・IMLS・NHPRCは、独立系の研究図書館が人文科学や芸術に関する知識や貴重な資料を共有するにあたっての重要な連携先であり、独立系の研究図書館が持続的な活動を実施するにあたっては、企業等による民間の寄附に加えて、連邦政府からの支援が必須であると述べられています。

Letter in Support of the NEH, IMLS, and NHPRC(The Newberry Library)
https://www.newberry.org/letter-support-neh-imls-and-nhprc

米・カリフォルニア大学バークレー校東アジア図書館、北米において最大規模の中国映画コレクションを取得

2017年4月21日、米・カリフォルニア大学バークレー校(UCB)東アジア図書館(C.V. Starr East Asian Library)が、北米において最大かつ包括的な中国映画に関するコレクションを取得したと発表しています。

映画評論家のPaul Kendel Fonoroff氏のコレクションに含まれる7万点を超す定期刊行物、ポスター、写真、エフェメラ類で、20世紀初頭から1990年代までの中国の映画と娯楽産業の発展を示す資料であると紹介されています。

同館では2015年に同コレクションを取得し、これまで受入作業や、コレクションのウェブサイトを作成してきたとのことです。

C. V. Starr East Asian Library acquires the largest Chinese film studies collection in North America(カリフォルニア大学バークレー校図書館,2017/4/21)
http://news.lib.berkeley.edu/2017/04/21/fonoroff/

富山大学附属図書館、大学院生スタッフによる学修相談を開始

富山大学附属図書館が、中央図書館入口ホールにおいて、大学院生スタッフによる学修相談を開始すると発表しています。

期間は2017年4月19日から7月27日までの毎週水・金曜日の13時から15時までで、「授業で習ったけど、よくわからなかった」「レポートや論文の書き方がわからない」「プレゼンのコツを知りたい」「資料や文献の集め方を知りたい」「進学しようか悩んでいる」等の悩みに大学院生スタッフが回答します。

【ご案内】大学院生スタッフによる学修相談を開始します (富山大学附属中央図書館ブログ,2017/4/18)
http://u-toyamalib.blogspot.jp/2017/04/blog-post_18.html

参考:
E1658 - 千葉大学アカデミック・リンク・シンポジウム<報告>
カレントアウェアネス-E No.277 2015.03.05
http://current.ndl.go.jp/e1658

【イベント】専門図書館協議会2017年度全国研究集会『これからの専門図書館を“創る” 』(6/29-30・東京)

専門図書館協議会の2017年度全国研究集会が、2017年6月29日及び30日、総合テーマを「これからの専門図書館を“創る”」に開催されます。会場は、機械振興会館です。

参加には事前の申し込みが必要です(有料)。

29日には、ジャーナリスト・服部桂氏の記念講演「インターネットの次に来るもの」が行われ、翌30日には以下の分科会が開かれます。

第1分科会: 学びと共創の空間としてのライブラリー
第2分科会: 私立図書館の今
第3分科会: 展示を考える
第4分科会: 新たな時代のニーズに対応する著作権
第5分科会: オープンアクセスとオープンサイエンス~専門図書館の役割とこれからの課題~
第6分科会: これからの図書館員 ~人、コミュニケーションをキーワードとして~

6/29・30 平成29年度通常総会・全国研究集会のご案内(専門図書館協議会)
http://www.jsla.or.jp/h29-soukai/

文部科学省、「障害者の生涯を通じた多様な学習活動の充実について(依頼)」を都道府県・指定都市教育委員会委員長、国公私立大学長等宛に発出

文部科学省が、2017年4月7日付けで、「障害者の生涯を通じた多様な学習活動の充実について(依頼)」を都道府県・指定都市教育委員会委員長、国公私立大学長等宛に発出しています。

文部科学省との連携協力により、障害者の生涯を通じた多様な学習活動を支援する観点から、配慮と協力を依頼するものとなっています。

障害者の生涯を通じた多様な学習活動の充実について(依頼)(平成29年4月7日 29文科生第13号)(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/1384611.htm

参考:
E1800 - 障害者差別解消法に対応したJLAの図書館向けガイドライン
カレントアウェアネス-E No.304 2016.06.02
http://current.ndl.go.jp/e1800

【イベント】宮城資料ネット講演会「『歴史資料保全』の可能性―3.11から6年 宮城からの発信」(6/17・仙台)

2017年6月17日、宮城歴史資料保全ネットワークが、宮城資料ネット講演会「『歴史資料保全』の可能性―3.11から6年 宮城からの発信」を開催します。

仙台市のPARM-CITY131 貸会議室 ANNEX 多目的ホールを会場に以下の講演が行われます。会員外でも参加可能です。

・上山真知子氏(山形大学教授)
「心理社会的支援としての歴史資料保全活動の意義」

・蝦名裕一氏(東北大学准教授・NPO法人理事)
「史料保全と文理融合を両輪とする歴史災害研究へ」

2017年度通常総会・講演会のお知らせ(宮城歴史資料保全ネットワーク,2017/4/11)
http://www.miyagi-shiryounet.org/03/news/2017/2017.html#287

ページ