カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧 (⇒タイトルのみ表示


電子メールの保存−NARAの新たなルール

米国国立公文書館・記録管理局(NARA)は2月21日、政府機関が電子メールなどの電子記録をいかに保存すべきかを定めた新規則を発表しました。
これは、電子記録の管理を定めた36CFR Part1234を改正したもので、これまで印字して保存しておく必要のあった電子記録のうち保存期間が180日以下のものについては印字の必要がなくなること、例えば電子メールであればPC上に保存されているメールの状態で保存すればよくなることを定めています。
報道記事では、これにより「印刷の手間と綴じる手間が省ける」といった効果が示されています…。

36CFR Part1234の改正
http://frwebgate.access.gpo.gov/cgi-bin/getdoc.cgi?dbname=2006_register&docid=fr21fe06-8.pdf


ALAの報道記事から

政府情報へのアクセスのイントロ(デンマーク)

デンマーク人権研究所が、政府情報へのアクセスについてのイントロダクションを公開しています。An Introduction to Openness and Access to Informationhttp://www.humanrights.dk/upload/application/a99e42a1/accesstoinformation.pdf

WIPO開発アジェンダに関する3Dレポート

国際的な人権擁護団体3Dが、WIPOの開発アジェンダ、A2K協定に関するレポートを出しています。POLICY BRIEF ON INTELLECTUAL PROPERTY, DEVELOPMENT AND HUMAN RIGHTS:HOW HUMAN RIGHTS CAN SUPPORT PROPOSALS FOR A WORLD INTELLECTUAL PROPERTY ORGANIZATION (WIPO)DEVELOPMENT AGENDAhttp://www.3dthree.org/pdf_3D/3DPolBrief-WIPO-eng.pdf参考:■E378■ WIPO開発アジ…

障害者向け図書館サービスの情報源−MLAのウェブ情報

英国の博物館、図書館、文書館国家評議会(MLA)はこの度、障害者向け図書館サービスを運営する図書館・図書館員に向けた情報源を集めたウェブサイトを開設しました。大きく10項目(障害を理解する、ウェブサイトを含めて情報源を知る、自館の蔵書・技術を分析する、…など)に関する情…

Consumer International、アジアの著作権法の動向レポート

Consumers International Asia Pacific Officeが、アジア11か国(中国、インド、カンボジア、カザフスタン等)の著作権法における著作権保護/例外規定について調査し、レポートを出しています。Copyright and Access to Knowledgehttp://www.consumersinternational.org/Templates/Internal.asp?NodeID=95105&int1stParentNodeID=89652&int2ndPare

エルゼビア社、NIHのパブリックアクセス方針に対する新方針

エルゼビア社は新しい方針として、NIHのパブリックアクセス方針が適用される研究論文について、エルゼビア社が最終原稿を査読コメント付きでPubmed Centralに登録することにしたそうです。Guide for AuthorsMANUSCRIPT SUBMISSIONhttp://authors.elsevier.com/GuideForAuthors.html?PubID=525489&dc=GFA詳しくは全てエルゼ…

日本の企業・行政の情報発信

RSSを利用したニュースアグリゲートサービス「Unwrap」を提供している株式会社inomaが、1000社ほどの企業・行政機関の情報提供状況を調査しています。約60%がプレスリリースや新着情報などの情報を提供しているそうですが、RSSを採用しているのは1.5%だそうです。情報発信にRSSを採用し…

JELIS 46(4)

Journal of Education for Library and Information ScienceVolume 46, Number 4, Fall 2005From the Editors: Habits of Mind in the LIS CommunitiesCheryl Knott Malone and Anita Sundaram ColemanCrying Wolf: An Examination and Reconsideration of the Perception of Crisis in LIS EducationAndrew Dillon and April NorrisCrying Wolf: A ResponseLeigh S, EstabrookGorman's Gauntlet: Gender and Crying…

ALA、図書館サービスについてのインタビュー調査

ALAの委託調査で、図書館サービスについて全米の約1000人にインタビューした結果が公表されています。70%が図書館サービスに満足していて、80%がより資金を注入すべきであると考えており、92%が今後も図書館が必要であると答えているそうです。In electronic age, Americans’ use of library services grow…

図書片付けロボット

産業総合研究所が、RFIDとネットワークノードを用いて、図書の片付けを行うロボットの実証実験を行いました。http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2006/pr20060124/pr20060124.html

ページ