カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧 (⇒タイトルのみ表示


ウェルカムトラストがOAリポジトリ義務化方針

Wellcome insists on open accesshttp://www.the-scientist.com/news/20050519/01ウェルカムトラストが助成ポリシーとして、論文をPubMed Centralか準備中のUK PMCかに6か月以内にデポジットして無料公開する義務を課す方針を固めた。

OAジャーナルのフリーソフト

Public Knowledge Project ReleasesOpen Journal Systems, Version 2.0 http://pkp.sfu.ca/ojs/ojs2announcement.htmlOAジャーナルを発行・管理するためのオープンソース・ソフトウェアというのを作っているそうです。

リポジトリの技術的分析

A Technology Analysis of Repositories and ServicesSayeed ChoudhuryJim MartinoThe Johns Hopkins Digital Knowledge Centerhttp://ldp.library.jhu.edu/projects/repository/documents/CNI-writeup.pdf

カレントアウェアネス-E 58

Current Awareness-E No.58 2005.5.18http://www.ndl.go.jp/jp/library/cae/2005/E-58.html■E324■ IFLAが多言語シソーラスのガイドライン草案を発表■E325■ 親に子どもへの貸出記録を開示する法律(米国)■E326■ 電子学位論文オンラインの構築開始(英国)■E327■ ウェブサイトの使いやすさに関する調査報告書(…

Information & Management 42(5)

Information & Management Volume 42, Issue 5 (July 2005)目次ページhttp://www.sciencedirect.com/science/journal/03787206Information Technology Alignment Planning - a case study Dan Peak, C. Steve Guynes and Verlyn KroonAn intra- and inter-industry analysis of e-business effectivenessLuvai Motiwalla, M. Riaz Khan and Shenghan XuSomething for nothing: management rejection of open source so…

米国愛国者法の改正案

米国連邦議会上院に愛国者法第215条の修正案が提出される見込み−図書館の利用記録など利用者に関する情報をFBIが捜査するための権限の拡大を狙うもの。Library Journalの記事ALAはこの修正案に反対を表明している。http://www.ala.org/ala/washoff/WOissues/civilliberties/privacy/privacyrelated.htm

市民のネットワークがチャットレファレンスサービスを開始

市民のネットワーク(People's Network)は,24時間対応のチャットレファレンスサービスを2004年11月から試行していたが,去る5月19日,'Enquire'の名称で本格的にサービスを開始した。'Enquire'サービスのページはこちら↓http://www.peoplesnetwork.gov.uk(参考)E284 市…

PREMISのData Dictionary

Data Dictionary for Preservation Metadata: Final Report of the PREMIS Working Group (May 2005) (PDF:3.2MB/237pp.)press releasehttp://www.oclc.org/research/announcements/2005-05-20.htmPDFhttp://www.oclc.org/research/projects/pmwg/premis-final.pdf

セマンティックウェブのレビュー

Semantic Web Technologies (TSW0502)by Dr Brian Matthews, CCLRC Rutherford Appleton Laboratoryhttp://www.jisc.ac.uk/uploaded_documents/jisctsw_05_02pdf.pdfJISCによる、セマンティックウェブが高等教育にどのような影響を与えるか調査したレポート。

ページ