カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧 (⇒タイトルのみ表示


ALA、米国の英語公用語化に反対の声明を公表

米国図書館協会(ALA)は2006年5月22日、連邦議会で審議が進められている「包括的移民改革法案」("the Comprehensive Immigration Reform Act of 2006")に規定された「英語公用語化条項」(the "National English Amendment")に反対する声明を発表しました。ALA opposes "National English Amendment" to Immigration Reform Billhttp://www.ala.…

ブログや画像、映像を横断検索できる検索エンジン

日本経済新聞 2006年5月23日付け近畿経済・京滋面(33頁)で、京都大学情報学研究科の田中克己教授らのグループが開発した検索エンジンが紹介されています。記事およびプロジェクトのウェブサイトの情報によると、(1)異なるメディア間の情報を横断的、網羅的に検索し、個々の情報の信用…

ガン患者の情報行動(米国)

5月22日付けロイターによると、米国の医学図書館協会(Medical Library Association)の年次総会での発表に、ガン患者の情報行動に関するものがありました。病気や治療法に関する情報を必要としているガン患者に対し、図書館員がインターネットで検索支援を行い、その結果について患者に評価して…

NII、平成17年度CSI委託事業に関する資料を公開

国立情報学研究所(NII)は、最先端学術情報基盤(Cyber Science Infrastructure: CSI)の一つとして、次世代学術コンテンツ基盤の共同構築事業を行っています。この平成17年度委託事業報告交流会の資料が5月17日に公開されました。各大学図書館がどのようにリポジトリ構築を行ったか(システム構築…

英国法律協会、ドキュメント・デリバリー・サービスを廃止か

英国の法律協会(Law Society)は、コスト削減の一環として、8月29日をもって法律協会図書館のドキュメント・デリバリー・サービスを停止する決定をしたそうです。これに対して、Managing Information誌やAxiom magazine誌などが、Aslib社などの出版社とともにこの決定を撤回するよう法律協会に求める運…

スウェーデンのオープンアクセス運動

スウェーデンにおけるオープンアクセス運動は、ルンド大学の取り組みが有名ですが、オープンアクセス運動をサポートする取り組みをBIBSAM(the National Library's Department for National Coordination and Development)が始めています。スウェーデンの大学に属する研究者や教員、学生の手による業績を…

総務省、平成17年度「通信利用動向調査」結果を発表

総務省が、平成17年の世帯、企業及び事業所における情報通信サービスの利用状況、情報通信機器の保有状況等について調査した「通信利用動向調査」の結果を発表しました。インターネットの人口普及率が66.8%を超えたこと、携帯電話等のモバイル機器からのインターネット利用がパソコンか…

20年前の盗難資料、「らくがき」がきっかけで戻る(カナダ)

カナダの著名なピアニスト、グレン・グールド(Glenn Gould, 1932-1982)が生前にカナダ国立図書館・文書館(LAC)に寄贈した本・楽譜・書簡等の資料のうち、20年近く前に盗まれていたものが戻ってきました。かつてグールドを研究していた窃盗犯がLACから盗んだものを、2004年に米国のディーラーに…

図書館で働く人の給与は?(米国)

米国コロラド州の教育庁とコロラド州立図書館が、デンバー大学の図書館情報学プログラムと共同して、図書館に関する調査や統計の分析を行っている“Library Research Service”(LRS)というユニットがあります。このLRSから、2004年度の図書館で働いている人の平均給与を、司書(Librarians)、予算…

地域情報化とその相互連携の試みに関する論考

地域SNSなどの地域情報化ツールの運用状況と、その共同化・連携の取り組みに関する論考が、日経BP社のウェブサイト“IT Pro”に掲載されています。地域コミュニティ・ツールの共同化と連携 - IT Prohttp://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060413/235223/

ページ