カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧 (⇒タイトルのみ表示


視覚障害者に対する図書館サービスの国際比較に着手

英国博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)は,英国図書館(BL),国際図書館連盟(IFLA)の視覚障害者図書館セクションと共同で、視覚障害者に対する図書館および情報提供サービスの国際比較に関する研究を行うため、2006年4月12日にMLAのウェブサイトで、調査を担当するコンサルタントの募集を公…

QuestionPointの躍進

OCLCによると、OCLC(Online Computer Library Center) と米国議会図書館(LC)が共同で提供しているデジタルレファレンスシステム"QuestionPoint"の加盟館が1,700館を超えたとのことです。QuestionPoint continues to growhttp://www.oclc.org/news/recent/default.htmQuestionPointhttp://www.questionpoint.org/

米オクラホマ州議会、子どもに「不適切」な本別置の法案は見送り

米オクラホマ州議会が審議していた、同性愛や性的な内容を含む子ども向けの本を大人用セクションに別置しない図書館への資金提供(予算割当)を禁ずるという内容の法案については、上院が審議せず、法制化が見送られた模様です。Oklahoma Senate Won’t Defund Inclusive Kids’ Collectionshttp://www.ala.org/

IMLSのDigital Collections and Content

米国博物館・図書館サービス機構(IMLS)による、150のデジタル資源へのポータルサイト“Digital Collections and Content”が、3月から一般公開されているようです。コレクションの形態、取り上げている地域、タイトルから目的のコレクションを探すことも可能です。Digital Collections and Contenthttp://imlsdcc.…

音楽「指紋」技術によるデジタル音源の識別

米の大手インターネット音楽配信サイト“MusicIP”が4月3日、音楽を録音されている音で「指紋」のように識別する技術の特許を取得したと発表しました。MusicIPは、この技術を“Open Fingerprint Architecture”としてオープンソース化するそうです。この技術により、デジタル音源については言語・フォ…

ティーン読書週間のウェブサイトがオープン

ALAのヤングアダルト図書館サービス協会(YALSA)が、ティーン読書週間(Teen Read Week; 10月第3週)のウェブサイトを立ち上げました。読書を奨励するためのtipsや、歴代の「ティーンが選ぶ図書トップ10」などのデータが公開されています。ALA | Teen Readinghttp://www.ala.org/teenread/

“Smithsonian On Demand”、波紋を呼ぶ

米スミソニアン博物館が、ケーブルテレビ局CBS/Showtimeと独占契約し、同館の資料、コレクションを無料で紹介する番組“Smithsonian On Demand”を提供すると発表しました。ところが、これまで同館の資料を利用してきた映像製作者たちから、「今後の映像製作が制限されるのではないか」というクレ…

インドネシア、Playboy誌に対する抗議行動

通信社ロイターによると、米国の成人誌Playboy誌が、性表現を穏やかにしたインドネシア版を刊行したところ、過激なイスラム教徒の抗議行動を招いてしまいました。ジャカルタ警察は事態を収拾させるため、次号の発行を延期するよう出版元に依頼する模様です。Jakarta police want Playboy to put off nex…

D-Lib Magazine. 12(4)

D-Lib Magazine, April 2006Vol.12, No.4http://www.dlib.org/dlib/april06/04contents.htmlCOMMENTARYLibrarians and the Long Tail: Some Thoughts about Libraries in a Network Ageby Lorcan Dempsey, OCLC Online Computer Library Center, Inc.The Impact of Mandatory Policies on ETD Acquisitionby Arthur Sale, University of TasmaniaARTICLESIdentifier Interoperability: A Report on Two Recent ISO Activitiesby…

ウェブログの「コメント」に見られる傾向を分析

オランダの研究者が、ウェブログに投稿される「コメント」について、その量、形態、記事本文との関係といった視点から分析した研究論文が、Draftではありますが公開されています。5月に開催されるWWW第3回年次大会のWeblogging Ecosystemワークショップにて発表される予定だそうです。G. Mishne, N. Gl…

ページ