カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧 (⇒タイトルのみ表示


ミシンも貸し出す図書館

米国のCanal Fulton Public Libraryは、本だけでなく、動物用の罠なミシン、望遠鏡、テントなど"Equipment Collection''も貸し出しているそうです。こういった本以外のものを貸し出す図書館は米国にはあといくつかあるようです。Library is ready to equip you for all sorts of taskshttp://www.ohio.com/mld/o

Eラーニング時代の図書館の役割

カナダ研究図書館協会(CARL)が、『図書館とEラーニング』と題するレポートを発表しています。Eラーニング時代の図書館の役割を考察したもののようです。LIBRARIESANDE‐LEARNINGFinalReportoftheCARLE‐LearningWorkingGrouphttp://www.carl-abrc.ca/projects/e_learning/pdf/final-report.pdf

カナダの研究図書館グループも本のデジタル化に参戦

今度は、カナダの研究図書館27館がグループAlouette Canada projectを作って、図書館蔵書のデジタル化に乗り出したようです。Canadian libraries join race to digitize bookshttp://www.cbc.ca/story/arts/national/2005/12/29/canada-libraries.html

2005年のプライバシー関連の話題10選

米国のElectronic Privacy Information Center (EPIC)が2005年におけるプライバシー関連の話題10選を発表しています。愛国者法(Patriot Act)やパスポートのRFID化が選ばれています。2 0 0 5 P R I V A C Y Y E A R I N R E V I E Whttp://www.epic.org/alert/EPIC_Alert_yir2005.html

LISNewsのトップ10

LISNews.orgが、2005年LISNewsで話題になった話題10選を発表しています。Ten Stories that Shaped 2005http://features.lisnews.org/article.pl?sid=05/12/14/182214

Library Elf

米国には、登録しておくと、自分の借りた本の返却期限をメールで知らせてくれるサービスがあるそうです。ELF - keeping tabs on your library materialhttp://www.libraryelf.com/

小学生が図書館を作る

英国のMatley小学校では、生徒が主体的に寄付金集めなどに奔走して、図書室を作ったそうです。YOUNG school pupils are celebrating after helping to create a new library in their primary school.http://www.peterboroughtoday.co.uk/ViewArticle2.aspx?SectionID=845&ArticleID=1290609

延滞金も積もれば1億円以上に

12月22日のWashington Post誌に、延滞についての話が載っています。米Fairfax County図書館では、延滞金を大人1日につき25セント、最大で10ドルまでと決めているようですが、年間で150万ドル(約1億5千万円)以上になったそうです。Writing the Book On Punctualityhttp://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/12/21/A

学校図書館と学力の相関関係

Cortez Journal誌が、コロラド州立図書館の助成によるPower Library Projectについてレポートしています。Power Library Projectは学校図書館と生徒の学力の相関関係について調査を行っており、質のよい学校図書館を有する学校の生徒の学力は高くなる傾向があることが判明したそうです。The Power of Knowledgehttp…

ミーティングスペースとしての図書館機能とは?

ノルウェー文書館・図書館・博物館局から、デジタル時代にあって、図書館のミーティングスペースとしての機能はどのように認識されているか、について利用者や図書館員、地元の政治家にインタビューしたレポートが発表されています。ABM-skrift #22: Bibliotekene og det flerkulturelle Norgehttp://www.abm-ut

ページ