カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧 (⇒タイトルのみ表示


カレントアウェアネス-E (67)

Current Awareness-E No.67 2005.10.5http://www.ndl.go.jp/jp/library/cae/2005/E-67.html■E383■ 第71回国際図書館連盟(IFLA)大会 <報告>■E384■ 歴史的録音資料の復刻の可能性米国CLIRの調査報告■E385■ デジタル時代における科学研究出版,出版産業の動向■E386■ 英国公共図書館,職員不足が今後いっそう深…

情報管理 48(7)

情報管理 Vol. 48 (2005) , No. 7 骨を対象とした新しい医用画像情報の管理と処理技術 鹿島 勇, 熊坂 さつき, 川股 亮太, 香西 雄介 紹介 韓国科学技術情報研究院での学術情報サービスの現況李 相鎬, 金 惠善, 崔 善喜 日本政策投資銀行の情報提供活動竹村 隆 コマツ研究本部情報センタにおける情報支…

情報の科学と技術 55(10)

情報の科学と技術 Vol. 55 (2005) , No.10特集=「学術情報リポジトリ」総論:学術情報リポジトリ栗山正光オープンアクセス運動の歴史と電子論文リポジトリ時実象一英国における機関リポジトリをめぐる動向―電子学位論文プロジェクトを中心として―筑木一郎研究者にとってのセルフアーカ…

ALA、愛国者法裁判に参加

ALAは、愛国者法の裁判に、ACLU側の助言者として参加することにしたということです。ALA joins challenge to Patriot Act in U.S. Supreme Courthttp://www.ala.org/ala/pressreleases2005/october2005/ALAPATRIOTAmicus.htm

ナイアガラの滝図書館、運営資金回復

ナイアガラの滝図書館は、資金カットに対して市を訴えていたが、その判決が州最高裁で下り、資金提供が再び行われるようになったそうです。Niagara Falls Public Library Wins Lawsuit against Cityhttp://www.ala.org/ala/alonline/currentnews/newsarchive/2005abc/september2005abc/niagarawins.htm

Library Journal 10/01/2005

Library Journal10/01/2005http://www.libraryjournal.com/community/891/Current+Issue/43259.html?pubdate=10%2F1%2F2005Talkin' Blogs--LJ Round Table By Brian Kenney & Michael Stephens The New Library Outpost By Charlotte Cox Where Learners Go By Joan K. Lippincott New Markets, New Media By Dodie Ownes Summer Dreams, Fall Feast--First Novelists 2005 By Barbara Hoffert with Ann Burns

Reference & User Services Quarterly 44(4)

Reference & User Services QuarterlyVolume 44, Number 4The Alert CollectorBullseyeTargeting the Greatest Challenge to the Vision of Our Adult Library Readers Today,Age-Related Macular Degeneration, with Helpful InformationTony Stankus and Jennifer Lanouette, Guest ColumnistsCommunity BuildingBuilding Lead-Free CommunitiesFrederick W. Stoss, Guest ColumnistInformation Literacy and Instruction…

インターネット・ガバナンスに関するIFLAの立場

IFLAは、インターネットへのパブリック・アクセスを提供する機関として、その自由な利用を制限するようないかなる統治にも反対するという声明を発表しました。IFLA Position on Internet Governancehttp://www.ifla.org/III/wsis/InternetGovernance.html

IFLA分類・索引部門の活動記録2004-2005

IFLA分類・索引部門が2004-2005活動記録を出しています。IFLA Classification and Indexing SectionAnnual Report 2004-2005http://www.ifla.org/VII/s29/annual/s29annualreport05.pdf

IFLAの新刊

IFLAが4つの新刊書を出しています。継続的な専門職教育Continuing Professional Development- Preparing for New Roles in Libraries: A Voyage of Discoveryhttp://www.ifla.org/V/pr/saur116.htmヴァーチャルな顧客:図書館と情報サービスにおける顧客との関係の改善のための新しいパラダイムThe virtual customer: a new paradigm for improving custo…

ページ