アーカイブ - 2019年 6月 20日 - car

国立大学図書館協会、報告書「大学図書館におけるデジタルアーカイブの利活用に向けて」を公表

2019年6月19日、国立大学図書館協会学術資料整備委員会のデジタルアーカイブWGは、報告書「大学図書館におけるデジタルアーカイブの利活用に向けて」をとりまとめ、公表したことを発表しました。

デジタルアーカイブに関し、大学図書館に特化した課題と方策を中心に取りあげ、先進的な取り組みを行っている事例の紹介、各アーカイブで利活用のために工夫した点等を詳細に示すことで、各大学の実務者の参考に資することを目指したものとあります。

報告書は、「Ⅰ 国内外のデジタル化の動向」「Ⅱ アンケート結果からみる現状と課題」「Ⅲ 利活用のための課題と方策」「Ⅳ 取組事例」「おわりに 〜提言に代えて〜」の章立てとなっており、また、付録として「デジタルアーカイブに関する調査票、調査結果」「用語集」「関連資料」が収録されています。

「大学図書館におけるデジタルアーカイブの利活用に向けて」(学術資料整備委員会 デジタルアーカイブWG)を公表しました(国立大学図書館協会, 2019/6/19)
https://www.janul.jp/ja/news/20190619

沖縄県公文書館、「琉球政府文書デジタルアーカイブ」の2万簿冊突破を発表

2019年6月18日、沖縄県公文書館は、「琉球政府文書デジタルアーカイブ」を通じてインターネット上で閲覧できる琉球政府文書の数が2万簿冊を突破したと発表しています。

「琉球政府文書デジタルアーカイブ」では、同館が所蔵する琉球政府文書のデジタル画像を、所蔵資料検索画面を通して閲覧することができます。

沖縄県公文書館
https://www.archives.pref.okinawa.jp/
※トップページの「公文書館通信」にある2019年6月18日付けのお知らせに「2万簿冊突破!「琉球政府文書デジタルアーカイブ」」とあります。

2万簿冊突破!「琉球政府文書デジタルアーカイブ」(沖縄県公文書館)
https://www.archives.pref.okinawa.jp/news/business_diary/8554

奈良文化財研究所、都道府県別の発掘調査報告書総目録のうち大阪府編を公開

2019年6月18日、奈良文化財研究所は、都道府県別の発掘調査報告書総目録のうち、大阪府編を公開したと発表しています。

全国遺跡報告総覧:都道府県別の発掘調査報告書総目録 大阪府編の公開(なぶんけんブログ, 2019/6/18)
https://www.nabunken.go.jp/nabunkenblog/2019/06/mokurokuosaka.html

発掘調査報告書総目録(大阪府編)(全国遺跡報告総覧)
http://doi.org/10.24484/sitereports.62676

参考:
奈良文化財研究所、都道府県別の発掘調査報告書総目録のうち新潟県編を公開
Posted 2019年4月18日
http://current.ndl.go.jp/node/38046

米・カーネギーメロン大学の学生が開発した図書館ツアー用アプリ:大学所在地の歴史的名所や同館所蔵の音楽コレクションに焦点をあてたスカベンジャーハントアプリ

米・ペンシルベニア州のカーネギーメロン大学が、2019年6月17日、同大学の学生が開発した図書館ツアー用アプリ“Monocle”を紹介しています。

同大学のあるピッツバーグの歴史的名所や音楽に着目した、拡張現実(AR)技術を用いたスカベンジャーハントアプリです。

利用者があまり行かない館内エリアに行ったり、同館が所蔵する歴史的な音源が聴けるようになっており、同館の音楽・映像・オーディオ担当の図書館員は、図書館所蔵の国内最大級の音楽コレクションを利用者に可視化することへの期待を述べています。

Augmented-Reality App Highlights Pittsburgh History at Carnegie Library(Carnegie Mellon University,2019/6/17)
https://www.cmu.edu/news/stories/archives/2019/june/carnegie-library-ar-app.html

Internet Archive(IA)、欧州の少数言語の機械翻訳進展のため、英・エジンバラ大学にウェブアーカイブの一部を提供

2019年6月19日、Internet Archive(IA)が、特にリソースが不足している言語の機械翻訳を進展させるためのオープンデータとツール構築のため、英国のエジンバラ大学にウェブアーカイブの一部を提供すると発表しています。

エジンバラ大学は、EUのインフラプロジェクトを支援する「コネクティング・ヨーロッパ・ファシリティ」からの助成を受け、他の大学と共同で、29の言語を対象として、ウェブから翻訳されたテキストをマイニングするプロジェクト“ParaCrawl”を行っています。

今回、IAが収集したウェブアーカイブを“ParaCrawl”プロジェクトに追加することで、マイニング対象となるアーカイブデータが増えることになります。IAでは、アイスランド語・クロアチア語・ノルウェー語・アイルランド語といった翻訳されたテキストが少ない言語を、内部的な分類ツールを用いてIAの通常のウェブアーカイブの中から抽出します。

国土地理院、ウェブ地図「地理院地図」への「自然災害伝承碑」情報の掲載開始

2018年6月19日、国土地理院は、同院が公開しているウェブ地図「地理院地図」への「自然災害伝承碑」(過去に起きた津波、洪水、火山災害、土砂災害等の自然災害の情報を伝える石碑やモニュメント)情報の掲載を開始したと発表しています。

地域住民に地域ごとに発生しやすい自然災害を現実のものとして感じてもらい「災害への『備え』」を支援することを目的としています。

同院では、2019年度から自然災害伝承碑の情報を地方公共団体と連携し、地方整備局等の協力も得つつ収集を行ない、現在約200市区町村と公開に向けて準備を進めており、今回はそのうち48市区町村の158基の「自然災害伝承碑」を公開するものです。

このほかの約150市区町村分は準備が整いしだい順次公開するとともに、今後も引き続き全国の市区町村に情報提供を呼びかけ、情報を定期的に更新・公開していくとしています。

山形県立図書館、山形県沖地震の発生をうけ、県内の公共図書館の開館状況を発表

2019年6月19日、山形県立図書館が、18日に発生した山形県沖地震をうけ、県内の公共図書館の開館状況を発表しました。

同館や震度6弱を観測した鶴岡市の鶴岡市立図書館をはじめ、県内の公共図書館は通常通り開館し、影響もないとのことです。

山形県内図書館の開館状況について(山形県立図書館,2019/6/19)
https://www.lib.pref.yamagata.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=145&comment_flag=1&block_id=868#_868

米国南東部研究図書館協会(ASERL)及びワシントン研究図書館コンソーシアム(WRLC)、資源共有に関するBig Ten Academic Allianceの声明への支持を発表

2019年6月18日、米国南東部研究図書館協会(ASERL)及びワシントン研究図書館コンソーシアム(WRLC)は、米国の大学コンソーシアムBig Ten Academic Alliance(BTAA)の資源共有(resource sharing)に関する声明を支持することを発表しました。

ASERL及びWRLCが支持を表明したBTAAの声明とは、BTAAが2017年から2018年にかけて発表した、図書館資源共有のために将来求められる技術や機能等を記した“Next Generation Discovery to Delivery Systems: a Vision”及び“Next Generation Resource Delivery: Management System and UX Functional Requirements”、特別コレクション資料の図書館間貸出しの指針を記した“Principles and Protocols for Interlibrary Loan of Special Collections Materials”の3種の文書です。

なお、ASERLとWRLCとは、2013年に、双方の加盟機関の利用者が各加盟機関の所蔵資料を無償で優先的に利用できるとする、資源共有のための協定を締結しています。