アーカイブ - 2019年 1月 31日 - car

ロマの文化・芸術に関するデジタルアーカイブ“RomArchive”が公開される

ドイツの国際放送局ドイチェ・ヴェレ(Deutsche Welle)は、2019年1月24日付け記事において、ロマの文化・芸術に関するデジタルアーカイブ“RomArchive”が同日に公開されたことを報じています。

記事中では、写真、テキスト、映像、音声を含む5,000のコンテンツがコレクションに含まれていること、ドイツ語、英語、ロマ語で利用可能であること、ドイツ連邦政府文化財団が“RomArchive”の最大のスポンサーであること等が紹介されています。

A new digital archive of the Roma reflects diverse cultures(Deutsche Welle, 2019/1/24)
https://www.dw.com/en/a-new-digital-archive-of-the-roma-reflects-diverse-cultures/a-47208910

【イベント】人文社会系分野における研究評価シンポジウム~シーズからニーズへ~(2/15・東京)

2019年2月15日、虎ノ門ヒルズフォーラム(東京都港区)において、筑波大学URA研究戦略推進室が主催するシンポジウム「人文社会系分野における研究評価シンポジウム~シーズからニーズへ~」が開催されます。

人文社会系分野のニーズにあった研究評価指標について、評価される側、評価する側双方の観点から、出版社も交えて議論する内容です。

参加費無料、定員100名(先着順)であり、事前の申込みが必要です。

主なプログラムは次のとおりです。

○講演
・iMD: 新たな学術誌評価指標の提案
池田潤氏(筑波大学学長補佐室長、人文社会系・教授)

・人文学の研究はどのようにすれば「見える」のか:人間文化研究機構の取り組みを通じて
後藤真氏(人間文化研究機構、国立歴史民俗博物館研究部・准教授)

国立国会図書館(NDL)、1クリック検索「近代日本人の著作・音源(出身都道府県ごと)」を公開

2019年1月31日、国立国会図書館(NDL)は、1クリック検索「近代日本人の著作・音源(出身都道府県ごと)」を公開しました。

国立国会図書館デジタルコレクションで提供している近代日本人の著作、関係文書、音源等の資料について、出身都道府県ごとの一覧から1クリックで検索できるようにしたものです。

2019年1月31日 1クリック検索「近代日本人の著作・音源(出身都道府県ごと)」を公開しました(NDL, 2019/1/31)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2018/190131_01.html

近代日本人の著作・音源(出身都道府県ごと)(NDL)
http://dl.ndl.go.jp/ja/figures.html

欧州の研究者らを代表する3団体が連名でPlan Sの実現にかかる手引きに対するコメントを発表

2019年1月28日、欧州の研究者らを代表する団体である、博士課程学生及び若手研究者の欧州協会(European Council of Doctoral Candidates and Junior Researchers:Eurodoc)、マリー・キュリー同窓会(Marie Curie Alumni Association:MCAA)、欧州若手アカデミー(Young Academy of Europe:YAE)が連名でPlan Sの実現にかかる手引きに対するコメントを発表しました。

今回のコメントは、2018年9月24日に同じく3団体連名で発表されたPlan Sに対する声明 “Joint Statement on Open Access for Researchers via Plan S”をベースとしたものであり、欧州の研究者の視点から、Plan Sの実現方法をより現実的なものとすることを目的としています。

コメントでは、研究機関や助成機関に対し研究者評価システムの見直しと「研究評価に関するサンフランシスコ宣言」(DORA)の履行などを求めるとともに、cOAlition Sに対し次のような内容を促しています。

ニュージーランド国立図書館(NLNZ)で開催された同国の漫画家に関するウィキペディアエディタソン(記事紹介)

2019年1月26日にニュージーランド国立図書館(NLNZ)で開催された同国の漫画家に関する記事を編集するウィキペディアエディタソンについて、同館の1月30日付のブロクで紹介されています。

同館では、研究図書館員が同国のマンガに関する資料を提供し、同館のカメラマンがウィキペディアに掲載する漫画家の顔写真の撮影を行ないました。

実施にあたっては、ウィキペディアの編集者が男性・米国人が中心でそのことがウィキペディアに影響していることから、同国の漫画家、特に女性の漫画家に焦点をあてて行なわれています。

成果としては、6記事が新たに公開されたほか、22記事の改善が行われ、その他、Wikidataに12アイテムが作成・追加されました。

開催日以降も記事の追加が続いています。

ニュージーランド国立図書館(NLNZ)、学校図書館調査の結果を発表

2019年1月30日、ニュージーランド国立図書館(NLNZ)は、同館の学校向けサービス部局とニュージーランド学校図書館協会(SLANZA)・ニュージーランド図書館協会(LIANZA)が2018年5月に共同で実施した学校図書館調査の結果“School libraries and school library services in New Zealand Aotearoa”を発表しました。

調査の主な知見として以下があげられています。

・学校図書館の運営管理は国内で大きなばらつきがあり、特に異なる学校種別では、技術面、環境面、職員の能力といった面で大きな差がある。
・全種別の学校図書館が、保護者、家族、学校や、コミュニティとより深くかかわりたいと望んでいる。
・学校図書館の役割や意義に関する質問では、リテラシーの向上支援、カリキュラムを横断する学習、児童・生徒の福祉、といった点が広く支持されている。

「日本古典籍データセット」「日本古典籍くずし字データセット」の収録データが拡充

2019年1月30日、「日本古典籍データセット」「日本古典籍くずし字データセット」の収録データが拡充されたことが発表されています。

「日本古典籍データセット」は、国文学研究資料館所蔵の重要文化財『春日懐紙』を含め、点数が1,767点から3,126点、コマ数が32万9,702コマから60万9,631コマへと約1.8倍増加しました。

また「日本古典籍くずし字データセット」も、国立国語研究所・味の素食の文化センター所蔵資料を含む13作品を追加することで、文字種が3,999種から4,645種、文字数が40万3,242点から68万4,165点へと約1.7倍増加しました。

日本古典籍データセット(人文学オープンデータ共同利用センター)
http://codh.rois.ac.jp/pmjt/
※更新情報欄に「2019-01-30 日本古典籍データセットに書籍データを追加し、点数が1,767→3,126、コマ数が329,702→609,631(約1.8倍)に増えました。」とあります。

東京大学史料編纂所、「古記録フルテキストデータベース」に『実躬卿記』三巻のデータを追加

2019年1月30日、東京大学史料編纂所が、「古記録フルテキストデータベース」に、鎌倉後期の公卿・三条実躬の日記『実躬卿記』三巻のデータを追加したと発表しています。

@UTokyo_HI(Twittter,2019/01/30)
https://twitter.com/UTokyo_HI/status/1090500516105281538