アーカイブ - 2018年 3月 - car

3月 30日

文部科学省、高等学校の次期学習指導要領を告示

「高等学校学習指導要領の全部を改正する件」が、2018年3月30日付けの官報で告示されました。

あわせて、2018年2月14日から3月15日にかけて実施されていた、学校教育法施行規則の一部を改正する省令案及び高等学校学習指導要領案へのパブリックコメントの結果も公表されています。

官報 平成30年3月30日(号外 第72号)(国立印刷局)
https://kanpou.npb.go.jp/20180330/20180330g00072/20180330g000720000f.html

学校教育法施行規則の一部を改正する省令案及び高等学校学習指導要領案に対する意見公募手続(パブリックコメント)の結果について(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/1403202.htm

国立国会図書館、「国立国会図書館書誌データ作成・提供計画2018-2020」を策定

2018年3月30日、国立国会図書館(NDL)は、「国立国会図書館書誌データ作成・提供計画2018-2020」を策定して公開しました。

この計画は「国立国会図書館の書誌データ作成・提供の新展開(2013)」の後継となる計画で、2018年度からの3年間を計画期間とし、NDLの書誌データ提供の強化と、そのための書誌データ作成の基盤整備を具体的かつ着実に進めることを目的としています。「書誌データ提供の強化」として、新しい日本目録規則への対応、典拠コントロールの拡大、雑誌記事索引の拡充、新しい書誌フレームワークの国際動向の把握、全国書誌を中心とした書誌データの利活用促進の5点、「書誌データ作成の基盤整備」として、職員の能力向上、外部資源の活用とシステム機能の強化等の2点が挙げられています。

書誌データの作成および提供 更新情報(国立国会図書館)
※「2018年3月30日」に「「国立国会図書館書誌データ作成・提供計画2018-2020」を掲載しました。」とあります。
http://www.ndl.go.jp/jp/data/news.html

内閣府、国立公文書館の機能・施設の在り方等に関する調査検討会議(第23回)の配布資料を公開

内閣府が、2018年3月29日に開催された国立公文書館の機能・施設の在り方等に関する調査検討会議(第23回)の配布資料を公開しています。

配布資料には、新たな国立公文書館建設に関する基本計画案が含まれています。

2018年3月29日開催 第23回 配布資料一覧(国立公文書館の機能・施設の在り方等に関する調査検討会議)
http://www8.cao.go.jp/chosei/koubun/kentou/20180329haifu.html

新たな国立公文書館建設に関する基本計画(概要)(PDF: 614KB)
http://www8.cao.go.jp/chosei/koubun/kentou/20180329/shiryou2-1.pdf

国立公文書館、「公文書館等におけるデジタルアーカイブ・システムの標準仕様書(平成30年3月改訂)」を公表

国立公文書館が、「公文書館等におけるデジタルアーカイブ・システムの標準仕様書(平成30年3月改訂)」を公表しています。

全国の公文書館等を対象に2008年度に作成され、2012年度に一部改定を実施したものの改訂版です。

公文書館等におけるデジタルアーカイブ・システムの標準仕様書を改訂しました(国立公文書館)
http://www.archives.go.jp/news/20180330124409.html

公文書館等におけるデジタルアーカイブ・システムの標準仕様書(平成30年3月改訂)[PDF:93ページ]
http://www.archives.go.jp/about/report/pdf/da_180330.pdf

国立国会図書館(NDL)、「国際目録原則覚書」2016年12月版の日本語訳を公開

2018年3月30日、国立国会図書館(NDL)は、「国際目録原則覚書(Statement of International Cataloguing Principles)」2016年12月版の日本語訳を公開しました。

この2016年12月版には、2017年5月に微細な変更が加えられています。

書誌データの作成および提供 更新情報(NDL)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/news.html
※「2018年3月30日」に「「目録に関する国際的な動向」を更新し、「国際目録原則覚書」2016年12月版の日本語訳を掲載しました。」とあります。

国際目録原則(ICP)(NDL)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/basic_policy/international/index.html#anchor02

JSTOR、ユーザ登録すると閲覧のみであるものの無料で論文にアクセスできるサービスの改善を発表

2018年3月29日、JSTORが、研究機関等に所属していない独立研究者を対象に実施している、ユーザー登録(無料)すれば、閲覧のみであるものの、無料で論文アクセスできるサービスの改善を発表しています。

これまでは同時に3記事にアクセスでき、オンライン上の専用の棚から14日後以降に削除できる内容でしたが、今回の改善により、30日間ごとに6論文へのアクセスが可能となります。

JSTOR’s free read-only access gets simpler(JSTOR,2018/3/29)
https://about.jstor.org/news/jstors-free-read-access-gets-simpler/

国際日本文化研究センター図書館、日文研OPACのローマ字検索対応及びWorldCatから日文研OPACへの直接リンクの開始を発表

2018年3月29日、国際日本文化研究センター図書館が、日文研OPACのローマ字検索対応及びWorldCatから日文研OPACへの直接リンクの開始を発表しています。

前者は、日文研OPACの書誌レコードに書名のローマ字表記データが付与されたことにより、同館の蔵書をローマ字で検索することが可能となったもので、後者は、OCLC WorldCatに登録された国際日本文化研究センターの所蔵レコードに、日文研OPACへのリンクが付与されたものです。

日文研OPACがローマ字で検索できるようになりました / WorldCatから日文研OPACへ直接リンクされました(国際日本文化研究センター図書館,2018/3/29)
http://topics.nichibun.ac.jp/ja/sheet/2018/03/29/s001/index.html

愛知県図書館、県内の図書館の中高生向けコーナーを紹介する「ティーンズリンク」ページの開設を発表

2018年3月29日、愛知県図書館が、県内の図書館の中高生向けコーナーを紹介する「ティーンズリンク」ページの開設を発表しました。

愛知県公立図書館長協議会ヤングアダルトサービス連絡会名でウェブページが開設されており、各館の中高生向けコーナーの写真と概要紹介がされています。

「ティーンズリンク」の開設について(愛知県図書館,2018/3/29)
http://www.aichi-pref-library.jp/index.php?key=bbwgn829u-218#_218

ティーンズリンク(愛知県公立図書館長協議会ヤングアダルトサービス連絡会)
https://websv.aichi-pref-library.jp/ya/teenslink.html

これからの学術情報システム構築検討委員会、「電子リソース管理システムの利用可能性の検証について(2017年度最終報告)」を公表

2018年3月29日、これからの学術情報システム構築検討委員会の電子リソースデータ共有作業部会が、「電子リソース管理システムの利用可能性の検証について(2017年度最終報告)」(2018年3月28日付)を公表しました。

同部会で実施している、電子リソース業務のワークフロー改善に関する検討結果で、2017年度に実施した、Ex LibrisのAlmaを利用した電子リソース業務のワークフロー検証報告です。

2018年度は、検証結果をもとに実運用時におけるさらなる課題の洗い出しを進めるとし、実際の業務で発生するものと同一の情報を図書館サービスプラットフォーム(LSP)に登録し、試行的な業務運用を行なうとしています。

電子リソース管理システムの利用可能性の検証について(2017年度最終報告)の公開について(これからの学術情報システム構築検討委員会,2018/3/29)
https://www.nii.ac.jp/content/korekara/2018/03/2017.html

宮城県図書館、「第3期宮城県図書館振興基本計画」を公表

2018年3月29日、宮城県図書館が、「第3期宮城県図書館振興基本計画」を公表しました。

宮城県図書館 宮城県図書館からのお知らせ
http://www.library.pref.miyagi.jp/
※「2018.03.29 [宮城県図書館からのお知らせ] 第3期宮城県図書館振興基本計画」とあります。

第3期宮城県図書館振興基本計画(宮城県図書館)
http://www.library.pref.miyagi.jp/latest/1125-shinkoukihonkeikaku-2.html

3月 29日

CLOCKSSに新たに5の出版者が参加

2018年3月27日、電子ジャーナルのアーカイブプロジェクトCLOCKSSは、新たに5の出版者がCLOCKSSに参加したことを発表しました。

これにより、CLOCKSSに参加している出版者は、240を超えました。

CLOCKSS Announces the Participation of Additional Publishers(CLOCKSS, 2018/3/27)
https://clockss.org/clockss/News#0327

参考:
CLOCKSSに22の出版者、図書館が参加:日本からは4つの大学が参加
Posted 2016年6月13日
http://current.ndl.go.jp/node/31784

国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)に、「熊本地震デジタルアーカイブ」を追加

2018年3月29日、国立国会図書館(NDL)は、「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)」に、熊本県が構築した平成28年(2016年)熊本地震に関する資料のアーカイブである「熊本地震デジタルアーカイブ」を追加しました。

熊本地震デジタルアーカイブ ~ひなぎく新規追加コンテンツからの紹介(47)(国立国会図書館東日本大震災アーカイブ, 2018/3/29)
http://kn.ndl.go.jp/static/2018/03/29

熊本地震デジタルアーカイブ
http://www.kumamoto-archive.jp/

参考:
熊本地震デジタルアーカイブが公開
Posted 2017年4月20日
http://current.ndl.go.jp/node/33872

札幌市えほん図書館、札幌市中央図書館が所蔵する明治・大正期の絵本・絵雑誌コレクション「池田コレクション」を札幌市電子図書館で公開

2018年3月28日、札幌市えほん図書館が、札幌市中央図書館が所蔵する明治から大正期に出版された絵本・絵雑誌コレクション「池田コレクション」をデジタル化し、札幌市電子図書館で公開したと発表しました。

「池田コレクション」は、札幌市中央図書館が所蔵する明治末期から大正期にかけて出版された子ども向けの絵本・絵雑誌342点で、今回、札幌市えほん図書館の調査研究活動の一環として71点がデジタル化公開されました。

池田コレクション(札幌市えほん図書館,2018/3/28)
http://www.city.sapporo.jp/toshokan/ehon/ikedacollection.html

明治~大正期の絵本・絵雑誌71点を追加しました(札幌市電子図書館,2018/3/28)
https://www.d-library.jp/sapporolib/g0108/infodetail/?iid=37

国立公文書館、東京本館閲覧室において三井文庫所蔵「旧大蔵省文庫筆写資料」(デジタル画像)の提供(閲覧)を開始

国立公文書館が、東京本館閲覧室の専用端末(1台)で、三井文庫所蔵「旧大蔵省文庫筆写資料」(デジタル画像)の提供(閲覧)を開始したと発表しています。

同館では、他機関が所蔵する国の公文書やこれを補う情報が記載された資料を対象に、デジタル複製によるそれら資料の収集及びそれらの提供に当たっての課題把握を行なうことで、歴史資料等の収集及び提供を実現するパイロット事業を実施しています。

今回提供が開始された、三井文庫所蔵「旧大蔵省文庫筆写資料」は、萩藩出身の政治家井上馨の伝記(『世外井上公伝』昭和9年(1934)刊)編纂のために三井家編纂分室が大蔵省において資料を筆写したものです。大蔵省に保存されていた原本は関東大震災で焼失しました。

同資料の複写に関しては、2018年度中の開始予定で調整していると説明されています。

国立公文書館 お知らせ
http://www.archives.go.jp/
※「三井文庫所蔵「旧大蔵省文庫筆写資料」(デジタル媒体)の提供(閲覧)について new」とあります。

Times Higher Education社(THE)、THE世界大学ランキング日本版2018を公開

2018年3月28日、Times Higher Education社(THE)は、日本国内の総合パートナーであるベネッセグループの協力を得て、THE世界大学ランキング日本版2018を公開しました。

総合ランキングでは150位までランキングされ、国立62、公立24、私立65の計151の大学がランクインしています。1位は同スコアで京都大学と東京大学、3位は東北大学となっています。また1位から9位までは国立大学が占めています。

世界大学ランキングは大学院の研究力を重視しているのに対して、日本版は学部の教育力を重視しています。日本版2018では、4分野(教育リソース、教育充実度、教育成果、国際性)・13項目の指標で構成されていますが、2回目となる今回は、より教育力を重視するため「国際性」に指標が2項目追加されており、その結果「教育リソース」の比重が下がるなど、一部の項目の比重が変更されています。

THEは、より大学の実態に近づくランキングになったとしています。また、順位の変動よりも各項目のスコアの相対的位置に着目してほしいとのコメントを紹介しています。

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)、データマネジメントプランの提出義務化を発表

2018年3月20日、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が、データマネジメントプランの提出義務化を発表しています。

適用時期は、2018年5月1日以降にAMEDが新規公募する事業で、研究開発上もしくは研究開発終了時に研究データを整理・体系化する必要がある事業(課題)が対象です。

データマネジメントプランへの記載事項としては、事業年度・事業名・課題目・産出されるデータ及びデータ群の総称・研究開発データの説明・保存場所(リポジトリ)等のほか、データサイエンティストの所属・氏名等の記載も求められています。

データマネジメントプランの提出の義務化について (AMED,2018/3/20)
https://www.amed.go.jp/koubo/datamanagement.html

データマネジメントプランの提出について [PDF:7ページ]
https://www.amed.go.jp/content/000030140.pdf

国立国語研究所、「日本語研究・日本語教育文献データベース」に『国語年鑑』(1954年版から1960年版)の図書データ1,683件を追加

2018年3月28日、国立国語研究所は、日本語関係の論文・図書のデータベースである「日本語研究・日本語教育文献データベース」に、1954年版から1960年版の『国語年鑑』掲載の図書データ1,683件を追加したと発表しています。

「日本語研究・日本語教育文献データベース」更新履歴(国立国語研究所)
http://www.ninjal.ac.jp/database/bunken/log/
※「2018.03.28『国語年鑑』1954~1960年版の図書データ (1,683件) を追加しました。」とあります。

日本語研究・日本語教育文献データベース(国立国語研究所)
http://www.ninjal.ac.jp/database/bunken/

長崎県立長崎図書館、県立長崎工業高等学校から同館の模型の寄贈を受ける

2018年3月28日、長崎県立長崎図書館は、県立長崎工業高等学校から、現在の同館の姿を後世に残すことを目的に県立長崎工業高等学校インテリア科の課題研究として製作していた模型の寄贈を受けたことを発表しました。

3月27日に贈呈式が行われ、現在、模型は同館で展示されています。

長崎県では2019年1月末の建物完成予定で「長崎県立・大村市立一体型図書館及び大村市歴史資料館」(仮称)の建設工事が進められています。

県立長崎工業高等学校から県立長崎図書館模型を寄贈していただきました(長崎県立長崎図書館,2018/3/28)
http://www.lib.pref.nagasaki.jp/#05

贈呈式の様子(JPG)
https://www.lib.pref.nagasaki.jp/images/20180327_mokei.jpg

東京文化財研究所保存科学研究センター、「文書館・文化財展示収蔵施設における「生物被害対策」」の啓発普及ポスターを公開

2018年3月28日、東京文化財研究所保存科学研究センターが、「文書館・文化財展示収蔵施設における「生物被害対策」」の啓発普及ポスターを作成したと発表しています。

電子ファイル(PDF)をウェブサイトで公開するとともに、希望者には無償でポスターを配布する(先着順)としています。

更新履歴(東京文化財研究所)
http://www.tobunken.go.jp/japanese/update.html
※「2018.03.28 文書館・文化財展示収蔵施設における「生物被害対策」 ポスター公開のお知らせ」とあります。

文書館・文化財展示収蔵施設における「生物被害対策」(東京文化財研究所)
http://www.tobunken.go.jp/japanese/publication/pestdamages/index.html

3月 28日

日本図書館協会(JLA)、日本目録規則(NCR)2018年版の予備版を公開

2018年3月28日、日本図書館協会(JLA)は、JLA目録委員会と国立国会図書館(NDL)収集書誌部が連携して策定を進めている日本目録規則(NCR)2018年版の予備版を、PDF形式で公開しました。

この予備版の骨格や重要な用語については大幅な変更はないが、細かな文言の修正等は全般にわたって行う可能性があるとのことです。また(保留)として章立てのみを行っている章は、本版においても未刊の予定とのことです。予備版の公開と併せて、エレメント一覧、今後のスケジュール、パブリック・コメント等についての検討結果などの補足情報も公開しています。

2018年4月以降、付録作成、全体調整・校正、冊子体編集などの業務を進め、2018年12月ごろ、本版について冊子体の刊行、PDF形式の公表が予定されています。

日本目録規則(NCR)2018年版関連情報(JLA)
http://www.jla.or.jp/committees/mokuroku//tabid/643/Default.aspx

ページ