アーカイブ - 2017年 12月 21日 - car

韓国国立中央図書館(NLK)、ウェブアーカイブの収集データを活用した「ウェブトレンドサービス」の提供開始

2017年12月21日、韓国国立中央図書館(NLK)が、同館のウェブアーカイブ“OASIS”での収集データを活用した「ウェブトレンドサービス」の提供開始を発表しています。

収集したウェブ情報37万件に含まれる「単語」の2012年以降の出現率の変化から時代のトレンドを探ることができるサービスです。

キーワードによる検索のほか、5つのキーワード検索の結果のグラフを同時に比較できる機能もあります。また、公共データや利用者が持つデータも含めて分析するためのデータのアップロード機能も備えています。

検索例として、2013年4月時点では「ブログ」の出現率が2位以下を大きく引き離して1位だったものの、2017年時点では「Facebook」と「ブログ」が同程度になったことなどが紹介されています。

静岡県立中央図書館、事前予約による資料貸出・レファレンスサービスカウンターでの質問受付・複写サービス等を再開へ

閲覧室の床にひび割れが発見され、安全対策実施のため臨時休館している静岡県立中央図書館が、2018年1月から、事前予約による資料貸出・レファレンスサービスカウンターでの質問受付・複写サービス等、以下のサービスを再開すると発表しています。

閲覧室には引き続き立ち入ることはできません。

・事前に予約した資料の県立中央図書館での貸出(予約開始:1月10日から、貸出:1月11日から)

・インターネット予約した資料の市町立図書館等での受取(予約開始:1月10日から、貸出:1月19日から)

・レファレンスサービスカウンターでの質問受付(資料内容に関しては後日回答)及び書誌・所蔵情報の提供 (1月10日から)

・新聞閲覧(原紙、マイクロフィルム:1月10日から) 
※原紙は過去3年分の静岡新聞と1年分の全国主要紙

・オンラインデータベースの利用(1月10日から)

・インターネット閲覧パソコンの利用(1月10日から)

・来館による直接複写、郵送等による複写依頼受付 (1月10日から)

千葉県、「千葉県立図書館基本構想案」に係る意見募集を実施中

千葉県が、2017年12月21日から2018年1月11日まで、「千葉県立図書館基本構想案」に係る意見募集を実施しています。

県立図書館が抱える様々な課題への対応及び図書館サービスの充実・強化を図るため策定を進めている「千葉県立図書館整備構想」の案への意見を募集するものです。

寄せられた意見を考慮して、「千葉県立図書館基本構想」が策定されます。

案では現在3館ある県立図書館を1館に機能集約を図った上で図書館機能を高めることなどの記載があります。

「千葉県立図書館基本構想案」に係る意見募集について(千葉県,2017/12/20)
http://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/shougaku/iken/2017/tosyokankihonkousou.html

北米研究図書館協会(ARL)、“Research Library Issues”292号を刊行:失敗することの意義について特集

2017年12月20日、北米研究図書館協会(ARL)の“Research Library Issues”292号が刊行されました。

実験のためや知見を得るための、失敗することの必要性について特集しており、図書館コミュニティの文化を、リスクを避けることから、リスクを取って革新にむかうように変える方法を探究しています。

7人の著者による失敗することの意義に関する小文と、4つの事例研究が掲載されています。

台風・長雨により蔵書の水損被害を受けた男木島図書館(香川県)、屋根の改修を目的としたクラウドファンディングを実施中

2017年9月から2017年10月にかけての台風や長雨による建物の雨漏り等で、蔵書の水損被害を受けた香川県の男木島図書館が、屋根の改修を目的としたクラウドファンディングを実施しています。

本瓦で葺き替えることで屋根を改修するとしており、目標金額は150万円、期限は2018年2月14日の午後11時まで、と設定されています。

@OgijimaLibrary(Twitter,2017/12/20)
https://twitter.com/OgijimaLibrary/status/943325346019016704

雨に濡れる5000冊の本。瀬戸内海に浮かぶ男木島図書館を守りたい(Redady for)
https://readyfor.jp/projects/ogijimalibrary-roof

豊橋市図書館(愛知県)、LINE公式アカウントを開設

2017年12月20日、愛知県の豊橋市図書館が、LINE公式アカウントを開設したことを発表しています。

『広報とよはし』に載せきれないお知らせを発信していくとしています。

LINEはじめました(豊橋市図書館,2017/12/20)
http://www.library.toyohashi.aichi.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=377&comment_flag=1&block_id=379#_379

和歌山県立図書館、南葵音楽文庫のウェブサイトを公開

2017年12月3日、和歌山県立図書館が、同日の南葵音楽文庫のプレオープンにあわせ、南葵音楽文庫のウェブサイトを公開しています。

和歌山県立図書館 図書館からのお知らせ
https://www.lib.wakayama-c.ed.jp/honkan/index.html
※「【12月3日更新】南葵(なんき)音楽文庫ホームページを開設しました」とあります。

南葵音楽文庫(和歌山県立図書館)
https://www.lib.wakayama-c.ed.jp/nanki/index.html

参考:
E1970 - 紀州の殿様が残した南葵音楽文庫の保管と活用
カレントアウェアネス-E No.337 2017.11.16
http://current.ndl.go.jp/e1970

国際図書館連盟(IFLA)、“Trend Report”の2017年版を公開

2017年12月20日、国際図書館連盟(IFLA)が、“Trend Report”の2017年版を公開しました。

2013年、2016年に続くもので、2017年の“IFLA President's meeting”の結果を受けて、以下の3つの論点等が出されています。

・3Dプリンターの図書館サービスへの導入方法
・全ての人に教育を提供するという差し迫ったニーズへの図書館の対応方法
・インターネットによって作成、共有される大量の誤った情報への図書館の対処方法

Trending: IFLA Releases 2017 Trend Report Update(IFLA,2017/12/20)
https://www.ifla.org/node/20026

米国議会図書館(LC)、合衆国法典(United States Code)コレクションをオンラインで公開

2017年12月20日、米国議会図書館(LC)が、合衆国法典(United States Code)コレクションをオンラインで公開したと発表しています。

コレクションには、6年ごとに改訂される正式版と、その間に出される補遺版ともに含まれており、今回、1926年の初版から1988年の補遺版までが公開されました。

2018年には、合衆国判例集(U.S.Reports)や連邦規則集(Code of Federal Regulations)が追加される予定です。

Historical United States Code Now Available Online(LC,2017/12/20)
https://blogs.loc.gov/law/2017/12/historical-united-states-code-now-available-online/