アーカイブ - 2015年 9月 - car

9月 30日

大阪府立中央図書館国際児童文学館が、資料展示「関西マンガ界の伝説 酒井七馬とその時代」を開催(10/9-12/20)

2015年10月9日から12月20日まで、大阪府立中央図書館国際児童文学館が、大阪府立中央図書館において、関西マンガ界の伝説とされ、マンガ家・アニメーター・街頭紙芝居作家と様々な顔を持つ酒井七馬の生誕110年を記念し、資料展示「関西マンガ界の伝説 酒井七馬とその時代」と街頭紙芝居実演・講演会を開催するそうです。

展示では、酒井七馬の仕事を中心に、関西のマンガ文化を育んだ児童文化史上の貴重な資料も紹介するとのことです。

12月12日に実施する関連イベント「街頭紙芝居実演・講演会」は、定員80名で講演会の参加には事前の申し込みが必要とのことです(紙芝居実演のみ参加の場合は申込不要)。

大阪府立中央図書館 国際児童文学館 資料展示「関西マンガ界の伝説 酒井七馬とその時代」(大阪府立中央図書館 国際児童文学館,2015/9/30)
https://www.library.pref.osaka.jp/site/jibunkan/

日本図書館協会(JLA)障害者サービス委員会、障害のある方が図書館を利用するための配慮やサービス等に関して意見募集

2015年9月25日、日本図書館協会(JLA)障害者サービス委員会は、障害のある方が図書館を利用するための配慮やサービス等に関する意見の募集を開始しました。

これは、2016年4月より施行される障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(いわゆる「障害者差別解消法」)の趣旨を正しく理解するため、JLA障害者サービス委員会が進めているガイドライン作成の一環です。

Word、PDF、テキスト、点字データの各形式で回答用紙が掲載されています。募集されている意見の種類は、次の5項目です。

1. 図書館で差別的な取り扱いだと感じたこと、いやな思いをしたこと。またはそれらをみかけたこと。
2. 適切な配慮を受けられずに困ったこと。困っている人をみかけたこと。
3. 障害のある人への配慮としてよいと思ったこと。配慮を受けてよかったこと。
4. もっとこうしてほしいという配慮。またはあったらよいと思う配慮。
5. 差別や合理的配慮についての疑問

募集期間は、2015年12月31日までです。

障害のある方が図書館を利用するための配慮やサービス等に関するご意見募集(JLA障害者サービス委員会)
http://www.jla.or.jp/portals/0/html/lsh/gouriteki-bosyuu.html

人文科学分野のオープンアクセス(OA)の新しいモデル目指す“Open Library of Humanities(OLH)”がサービスを開始

人文科学分野のオープンアクセス(OA)の新しいモデル目指す“Open Library of Humanities(OLH)”が、2年間余の計画と遂行を経て、99の機関の支援を受け、7つのジャーナルで、そのプラットフォームでのサービスを開始したと発表しています。

1年間での発行量は、これらのプラットフォーム全体で150の記事を推定しており、1週間単位で新しい資料が公開されていく予定とのことです。

今後の3年間の展望として、以下の4点があげられています。

・ジャーナルをOLHのプラットフォームに移行し、望ましくは、現在の購読料で運営するモデルからオープンアクセスモデルに移行し、真の移行を提供
・持続可能性を実現するためにプラットフォームへの投資の維持・増加
・多言語出版、言語間の翻訳設備、注記、教育上の統合、今後の出版におけるピアレビュー/議論を含む、人文科学のための出版技術と社会的戦略の先駆的改革
・横断検索や図書館プラットフォームへの送信といったアグリゲーションサービスの範囲での統合といったOLHのプラットフォームのインデキシングと発見可能性のさらなる改善

OLH Launches(OLH,2015/9/28)
https://about.openlibhums.org/2015/09/28/olh-launches/

OLH

【イベント】JATS-Con Asia 国際会議(10/19・東京)

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)と学術情報XML推進協議会が主催する会議”JATS-Con Asia 国際会議”が、2015年10月19日にJST東京本部で開催されます。

学術論文の世界でXMLスキーマのデファクトスタンダードとなっているJATSに関する会議”JATS-Con”が、米国国立医学図書館(NLM)において2010年から毎年開催されています。この度、アジアにおけるJATS普及推進を目指し、”JATS-Con Asia 国際会議”が日本で開催されます。この会議では、JATSを用いた学術情報のXML化についての議論や、今後増加が予想される日本語・韓国語・中国語論文へのJATSの対応に関する意見交換が行われます。

参加費は無料で、同時通訳が提供されるとのことです。プログラムは次のとおりです。

・基調講演
武田英明氏(国立情報学研究所、ORCID理事)
Bruce Rosenblum氏(Inera Inc., NISO JATS Standing Committee)

・一般講演
樋廻美香子氏(JST)
中西秀彦氏(中西印刷株式会社)
黒沢俊典氏(特定非営利活動法人医学中央雑誌刊行会)
Choon Shil Lee氏(Sookmyung Women's University)
Chandi Perera氏(Typefi)

IFLA Journal、2015年10月号が刊行:「文化遺産」がテーマ

国際図書館連盟(IFLA)が刊行する“IFLA Journal”の41巻3号(2015年10 月)が公開されました。

今号は、「文化遺産」をテーマとしており、文化遺産保存の深い理解への貢献、文化遺産コミュニティや文脈での事例・実践に焦点をあてたもので、特に、他の国の事例を除外しないが、アフリカの図書館における文化遺産の学際的・専門家連携による調査の収集を主目的としているとのことです。

また、文化遺産コンテンツへのアクセスを可能とするデジタル化・ドキュメンテーション・予防保存といった文化遺産の保護・修復・保存における新しい技術の使用を見ることができ、自然災害や紛争からの文化遺産の保護についてもアフリカをケーススタディとして議論されているとのことです。

Now available: October 2015 issue of IFLA Journal(IFLA,2015/9/29)
http://www.ifla.org/node/9904

Special issue of IFLA Journal on Cultural Heritage(IFLA,2015/9/29)
http://www.ifla.org/node/9905

IFLA Journal Volume 41 Number 3 October 2015

国文学研究資料館、拠点大学の所蔵資料含む収集マイクロ画像データを追加公開

2015年9月29日、国文学研究資料館は、拠点大学を含む各機関からの協力を得て、多くのマイクロフィルムからの画像作成・公開を実施したと発表しています。今後も、順次画像公開を進めていくとのことです。

拠点大学の所蔵資料含む収集マイクロ画像データを追加公開(国文学研究資料館,2015/9/29)
http://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/news_column.html#section_03

デジタル公開所蔵者一覧 平成27年9月現在(国文学研究資料館)
http://base1.nijl.ac.jp/~wakosyo/syuusyuu_list.html

拠点大学
http://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/plans.html#section02

参考:
九州大学附属図書館貴重書デジタルデータが国文学研究資料館の「所蔵和古書・マイクロ/デジタル目録データベース」で公開
Posted 2015年9月18日
http://current.ndl.go.jp/node/29463

東京大学附属図書館貴重書デジタルデータが国文学研究資料館の「所蔵和古書・マイクロ/デジタル目録データベース」で公開
Posted 2015年9月16日

いまだ放射線を放つキュリー夫人の資料の閲覧方法(フランス国立図書館)

2015年7月8日付けのOpen Cultureの記事で、フランス国立図書館(BnF)で保管されている放射線の研究で有名なキュリー夫人の研究資料について紹介がなされています。

彼女の研究室等が1991年に除染された後、それら資料へのアクセスが可能になったが、いまだ放射線を放っているため、もし彼女の手稿を閲覧したい場合は、BnFで免責同意書にサインをし、鉛ライニングの施されたボックスの中で閲覧ができるとのことです。

Marie Curie’s Research Papers Are Still Radioactive 100+ Years Later(Open Culture,2015/7/8)
http://www.openculture.com/2015/07/marie-curies-research-papers-are-still-radioactive-100-years-later.html

英国図書館(BL)、国内のラジオ放送の保存を計画

2015年9月29日、英国図書館(BL)が、国内のラジオ放送の保存計画について発表しています。

BLでは既に1920年代にさかのぼる20万時間のラジオ放送をアーカイブしていますが、それは全国の600局以上で放送されている番組の一部に過ぎず、BLのSound archivistsは、英国のラジオ放送の92%は長期保存・アクセスができず将来の世代にとって失われていってしまっていると推定しているとのことです。

そこで、BLでは、ラジオ局と連携して、ラジオ番組が将来にわたって保存できるための方法を調査し、研究や娯楽、芸術の創造が可能となるようにするとのことです。

BBC、Radioplayer、コミュニティメディア協会、ラジオ協会、Radio Independents Groupといった団体がラジオアーカイブの支援を表明しており、ワーキンググループはBLの主導のもとラジオアーカイブモデルの可能性を調査するとのことです。

British Library outlines ambitions to preserve the UK’s radio heritage(BL,2015/9/29)
http://www.bl.uk/press-releases/2015/september/save-our-sounds-radio-archive

東北大学附属図書館、狩野亨吉生誕150周年記念「狩野文庫の世界~狩野亨吉と愛蔵書~」を開催(10/5-11/3)

東北大学附属図書館が、2015年10月5日から11月3日まで、同館において、狩野亨吉生誕150周年記念「狩野文庫の世界~狩野亨吉と愛蔵書~」を開催するとのことです。

『江戸学の宝庫』として世界的にも知られる「狩野文庫」の旧蔵者である狩野亨吉博士(1865-1942)の生誕150年を記念した展示会で、「狩野文庫」の多様性に目を向け、日頃、目にできない資料も多数展示するとのことです。

10月24日には記念講演会が予定されています。

【本館】狩野亨吉生誕150周年記念「狩野文庫の世界~狩野亨吉と愛蔵書~」の開催(東北大学附属図書館,2015/9/17)
http://www.library.tohoku.ac.jp/news/2015/20150917.html
http://www.library.tohoku.ac.jp/news/2015/20150917.pdf

参考:
平成27年度京都大学図書館機構貴重書公開展示「本を伝える ‐高山寺本と修復‐」(10/27-11/8)
Posted 2015年9月29日
http://current.ndl.go.jp/node/29531

慶應義塾図書館、第27回貴重書展示会「活字文化の真髄-日本の古活字版と西洋初期印刷本-」を開催(10/7-13)
Posted 2015年9月16日

9月 29日

経済学分野の論文アーカイブ“RePEc”がAPIの提供を開始

経済学分野の論文アーカイブサイトである“RePEc”(Research Papers in Economics)がAPIの提供を開始することが、2015年9月28日のRePEcブログ記事で発表されています。

RePEcは複数のデータソースからメタデータ等を集めて提供するサイトで、これまでこのメタデータ等の収集はデータソースごとに行うことしかできませんでした。新たに提供されるAPIではRePEcの情報をまとめて利用することができます。

ただし、サーバへの負担軽減のために、従来通りの方法でデータの収集が可能な場合にはAPIを使用しないことを推奨しています。また、APIの利用には申し込みが必要で、APIの利用目的や、なぜ従来通りの方法を採用しないか等の説明が要求されるとのことです。

RePEc offers now an API(The RePEc Blog、2015/9/28付け)
http://blog.repec.org/2015/09/28/repec-offers-now-an-api/

RePEc API
https://ideas.repec.org/api.html

参考:
経済学分野の論文アーカイブ“RePEc”のカバーしているジャーナルが5,000タイトルを突破
Posted 2012年1月23日

「Linked Open Data チャレンジ Japan 2015」10月1日から応募開始

今年で5回目の開催となる「LOD(Linked Open Data) チャレンジ」について、「Linked Open Data チャレンジ Japan 2015」の応募が2015年10日1日から開始されます。また、キックオフイベントとして、「参加型オープンデータで日本を元気にするシンポジウム」が2015年9月26日に慶應義塾大学三田キャンパスで開催されました。

前回に引き続き、データセット部門、アイデア部門、アプリケーション部門、基盤技術部門、ビジュアライゼーション部門の5部門が設けられ、応募期限は2016年1月17日までで、受賞作品の表彰は2016年3月19日に発表されるとのことです。

Linked Open Data チャレンジ Japan 2015
http://lodc.jp/2015/concrete5/

参加型オープンデータで日本を元気にするシンポジウム~Linked Open Data チャレンジ 2015 キックオフ~
http://peatix.com/event/113007

「Linked Open DataチャレンジJapan 2015」、開催決定(Linked Open Dataチャレンジ2015実行委員会, 2015/7/27付け)
http://newsrelease.blog.jp/news/o87.html

クリエイティブ・コモンズ、オープンアクセスの推進に関しArcadia Fundから45万ドルの助成を獲得 研究者向けのツールを開発へ

2015年9月25日、クリエイティブ・コモンズはオープンアクセス(OA)の推進に関し、Arcadia Fundから3年間で45万ドルの助成を受けることを発表しました。

Arcadia Fundは文化遺産や自然の保護、OAに関する活動に対し助成を行う団体です。クリエイティブ・コモンズは今回の助成を、現在のクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの仕組みを補完するものとして、研究者が出版に関わる権利を保持、あるいは取り戻すことができるようにするツールの開発に使用するとしています。

Creative Commons awarded $450,000 from the Arcadia Fund to support open access publishing for authors(Creative Commons、2015/9/25付け)
https://creativecommons.org/weblog/entry/46170

北米研究図書館協会(ARL)がElsevier社に対しセルフアーカイビング等に関する新ポリシーの見直しを呼びかけ

2015年9月14日、北米研究図書館協会(ARL)は、Elsevier社のChairmanであるYoungsuk Chi宛に、同社が2015年4月に発表した雑誌掲載論文のセルフアーカイビング等に関する新ポリシーを見直すよう呼びかける書簡を送付したことを発表しました。

Elsevier社の新ポリシーはセルフアーカイブを認めるまでの期間(エンバーゴ)中は著者最終版であっても機関リポジトリで公開できないとされている等、過去のポリシーに比べてオープンアクセスを制限する内容であるとして、多くの機関から反対声明が出されていました。ARLも反対声明に署名していましたが、特にElsevier社からの動きがなかったことから、新たに書簡を送付したとのことです。

ARL Urges Elsevier to Revise Policy That Impedes Sharing of Scholarship(ARL、2015/9/14付け)
http://www.arl.org/news/arl-news/3724-arl-urges-elsevier-to-revise-policy-that-impedes-sharing-of-scholarship

参考:
Elsevier社がセルフアーカイビング等に関する新たなポリシーを発表
Posted 2015年5月12日

スノーシューズや釣竿、ウクレレなど様々なものを貸し出す米国の公共図書館(記事紹介)

2015年9月14日付のNew York Times紙に、米国サクラメント公共図書館の“Library of Things”の取り組みをはじめ、米国の図書館で貸し出される「モノ」について“These Public Libraries Are for Snowshoes and Ukuleles”と題した記事が掲載され、各図書館の担当者のコメントなどが掲載されています。

サクラメント公共図書館で、ロボットや3Dプリンターといった技術を活用できる“Design Spot”を開設していることなどが紹介されているほか、サクラメント公共図書館以外の図書館で貸出・提供されているものとして、ケーキ型のほか、スノーシューズ、望遠鏡、顕微鏡、「アメリカン・ガール・ドール」、釣竿、フリスビー、ウィッフルボールの球、モバイル・ホット・スポットなどが挙げられています。

These Public Libraries Are for Snowshoes and Ukuleles(New York Times, 2015/9/14付け)
http://www.nytimes.com/2015/09/15/us/these-public-libraries-are-for-snowshoes-and-ukuleles.html?_r=0

米国博物館・図書館サービス機構(IMLS)、コミュニティ参加型図書館についてのフォーラムの報告書を発表

OCLC Researchによって準備され、2015年6月にロサンゼルス公共図書館で実施された米国博物館・図書館サービス機構(IMLS)のフォーラムの要約版“ IMLS Focus: Engaging Communities”をIMLSが発表しました。

同レポートは、現場のための戦略を浮上させ、政府機関での優先順位を特別に強調し、サービスを享受していないコミュニティーを支援することを含み、市民の参加を振興し、すべての人を図書館にアクセスさせることに焦点をあてたIMLSフォーラムを要約したものとのことです。

当日は、労働力開発と金融リテラシーについて学ぶ移民と高齢者のとの共同に焦点が当たっており、アジェンダでは、“Campaign for Grade-Level Reading”“First Book”“BUILD Initiative”を含む初期学習のパートナーについても焦点が当たっているとのことです。

また、「障害を持つアメリカ人法」(Americans with Disabilities Act)25周年の功績を認め、アクセシビリティに関するセッションと点字協会図書館サービスからの支援技術のデモンストレーションが行われたとのことです。

その他、当日のプログラムには、州からの予算や州立図書館の役割なども含まれているとのことです。

博多町家ふるさと館、「日本初の町人図書館!博多の「櫛田文庫」展」を開催(10/11-11/30)

2015年10月11日から11月30日まで、福岡県福岡市博多区の博多町家ふるさと館で、「日本初の町人図書館!博多の「櫛田文庫」展」が開催されます。

「櫛田文庫」は、江戸時代に博多総鎮守櫛田神社に設置された町人による文庫とのことで、同神社に所蔵されている「櫛田文庫」の蔵書などを展示するようです。

また、10月31日には、櫛田神社の境内で、九州大学名誉教授の中野三敏氏による基調講演や櫛田神社宮司の阿部憲之介氏や中野氏、博多町家ふるさと館の館長をパネリストとするシンポジウムを行う「「櫛田文庫」展シンポジウム」も開催される予定とのことです。

日本初の町人図書館!博多の「櫛田文庫」展(10/11~11/30)(博多町家ふるさと館, 2015/9/19)

平成27年度 京都大学図書館機構貴重書公開展示「本を伝える ‐高山寺本と修復‐」(10/27-11/8)

2015年10月27日から11月8日まで、京都大学百周年時計台記念館1階歴史展示室内企画展示室において、京都大学図書館機構主催の平成27年度 京都大学図書館機構貴重書公開展示「本を伝える ‐高山寺本と修復‐」が開催されるとのことです。

同展示では、中世以来の学問寺として知られる高山寺と京都大学が所蔵する同寺の経蔵本「高山寺本」とに関わる本を陳列し、あわせて京都大学における貴重資料修復事業について紹介するとのことです。

入場料は無料とのことです。

図書館機構 : 【貴重書公開展示】本を伝える―高山寺本と修復― (10/27-11/8)(京都大学図書館機構,2015/9/28)
http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=1725

クリエイティブ・コモンズが、“Open Licensing Policy”のドラフト版を公開

2015年9月22日、クリエイティブ・コモンズが、政府職員によるオープンライセンスポリシーの作成、採用、実行を指導するために、“Open Licensing Policy”のドラフト版を公開したと発表しています。

このドラフト版は米国連邦政府職員用に調整されているが、どの国のニーズも簡単に満たすことができるとのことで、地域、国家によるニーズに合わせて取捨選択、改善、修正ができるようにCC BY4.0のライセンスのもと公開するとのことです。

Open Licensing Policy Toolkit (DRAFT)(creative commons,2015/9/22)
https://creativecommons.org/weblog/entry/46110

Open Licensing Policy Toolkit (Google docs version)
https://docs.google.com/document/d/1ZKozpL3mZ5gOTJaql1DWcSwzwSR7OY3rpq7eTFvvCu0/edit#heading=h.2g4juz6dmkwg

Open Licensing Policy Toolkit (Wiki version)

大学図書館と公共図書館の連携 米国・アーカンソー大学リトルロック校とアーカンソー中央図書館システムの事例

米国・アーカンソー大学リトルロック校(UALR)と14の分館からなる公共図書館であるアーカンソー中央図書館システム(CALS)が連携をしたと発表しています。

新しいオンラインの連携プログラムである“ ArkReach”を用いて、UALRの職員と学生は、彼らの大学発行の図書館カードを用いて、CALSの分館を訪問することなく資料の利用ができ、同様に、CALSの利用者がキャンパスを訪れることなくUALR所蔵資料を利用できるとのことです。

UALRの学生にとっては小説、ビデオ、CDが利用できるようになる一方、CALSの利用者はUALRの専門書を利用できる機会を得るようになるとのことで、両者の連携は低コストで豊富なコレクションを構築するのに資するとのことです。

UALR, Central Arkansas Library System launch ArkReach(University of Arkansas at little Rock,2015/9/23)
http://ualr.edu/news/2015/09/23/ualr-central-arkansas-library-system-launch-arkreach/

ArkReach
http://ualr.edu/library/ark-reach/

参考:

インディアナポリス公共図書館、図書館カードを生徒に配布

米国インディアナ州・インディアナポリス公共図書館がローレンスタウンシップ地区の全ての地区内の公立学校の生徒に図書館カードを配布したとのことです。
これはマリオン郡(インディアナポリス市が所在する郡)のすべての公立学校の生徒に図書館カードを配布する第一段階とのことです。

“e-resource card”と呼ばれる特別な新しいカードでは、電子書籍、電子動画書籍(eAudiobooks)、ストリーミングビデオ・音楽、電子雑誌、学術調査のためのオンラインデータベースなど、図書館のデジタル資源の利用ができるとのことですが、紙媒体の貸出しには制限があり、両親・保護者と図書館を訪問して、“full Library card”に更新する必要があるとのことです。

この図書館カードイニシアチブは、9月の図書館カード登録月間にあわせて行われたもので、図書館の公教育への貢献に関する新しい戦略計画やコミュニティの情報アクセスの改善のための連携確立という主要な目標を解決するものとのことです。

Lawrence Township Students Receive Indy Library Cards! (The Indianapolis Public Library,2015/9/22)

ページ