アーカイブ - 2015年 5月 - car

5月 29日

東京大学史料編纂所、所蔵資料目録データベースで 「裏松家史料」の情報を公開

2015年5月29日、東京大学史料編纂所は、所蔵資料目録データベースで「裏松家史料」の情報を公開したと発表しています。デジタル画像も閲覧できるとのことです。

裏松家史料とは、江戸時代有数の故実家裏松固禅研究の基本的な史料のようです。

所蔵史料目録データベースにて、本所所蔵「裏松家史料」の情報を公開いたしました。デジタル画像も閲覧できます。(東京大学史料編纂所,2015/5/29)
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/index-j.html
※ニュース&トピックス欄に、公開についての案内があります。

東京大学史料編纂所データベース選択画面
http://wwwap.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/shipscontroller

慶應義塾図書館等を会場とする展覧会「慶應義塾と戦争Ⅲ 慶應義塾の昭和二十年」

慶應義塾福沢研究センター 、慶應義塾図書館等、慶應義塾大学アート・センターは、展覧会「慶應義塾と戦争Ⅲ 慶應義塾の昭和二十年」を2015年6月1日から開催します。

6月1日から8月6日までは「空襲、戦死、終戦」をテーマとする展示が慶應義塾図書館展示室で、7月1日から31日までは、「疎開、動員、占領」をテーマとする展示が慶應義塾大学アート・スペースで行われるようです。

全国の大学中で最大の空襲被害を受け、関係者の戦没者数は2,200以上であったという慶應義塾において、1945年の終戦前後における激流の中にあった塾生や教職員の姿を描き出した展示であるとのことで、

・空襲で焼失した大ステンドグラス破片
・回天特攻戦死塾生の音声
・疎開幼稚舎生の手紙
・真珠湾攻撃に参加した塾員関係資料

などが期間中に展示されるようです。

また、関連イベントとして7月には「ギャラリートーク」も開催されるようです。
なお、入場は無料で、誰でも参加可能であるようです。

展覧会「慶應義塾と戦争Ⅲ 慶應義塾の昭和二十年」(慶應義塾福沢研究センター, 2015/5/29)
http://www.fmc.keio.ac.jp/news/info/post_24.html

シンポジウム「協働の医療の推進と患者図書室の役割」が開催

2015年5月16日に、NPO法人「医療の質に関する研究会」主催のシンポジウム「協働の医療の推進と患者図書室の役割」が開催されました。

同法人の支援で昨年、全国の50の病院で患者図書室が開設された実績や、患者図書室の意義、満足度調査、公共図書館の役割等が話題となったと報じられています。

2015年シンポジウムのご案内(NPO医療の質に関する研究会)
http://www.shitsuken.org/component/content/article/105-topicscat/222-2015simpojiuminfo.html

【産経Health】患者図書室「協働の医療の第一歩」(産経新聞,2015/5/29付け記事)
http://www.sankei.com/life/news/150529/lif1505290005-n1.html

OAPEN、オープンアクセス(OA)の単行書のダウンロードが200万冊に到達、データはisidoreで検索可能に

人文・社会科学分野の単行書のオープンアクセス(OA)を推進する欧州のコンソーシアムOAPENは、2015年5月28日、OAPENのデータベースからのOA単行書のダウンロードが、5月初めに200万冊に達したと発表しています。これは、2013年8月に統計を取り始めて以来の数字です。

また、2015年1月からOAPENのOA単行書やそのメタデータがisidoreでインデクシングされていることが発表されています。isidoreは、社会科学や人文科学のための検索プラットフォームで、300万以上のデジタルリソースが、フランス語、英語、スペイン語の3か国語のインターフェースで提供されているとのことです。

その他、新規タイトルについての情報の入手手段や、メタデータのダウンロード回数など、OAPENのメタデータの利用に関する統計が紹介されています。

OAPEN news: milestone 2 million downloads & new publishers @ubiquitypress and @LangSciPress(twitter, 2015/5/28)
https://twitter.com/OAPENbooks/status/603840613965004800

OAPEN Milestone: two million downloads(OAPEN)

図書館情報資源振興財団(CLIR)、音源保存のためのガイド“ARSC Guide to Audio Preservation”を刊行

2015年5月、図書館情報資源振興財団(CLIR)が、Association for Recorded Sound Collections(ASRAC)と米国議会図書館(LC)の National Recording Preservation Boardと協同で、“ARSC Guide to Audio Preservation”を刊行しました。

当ガイドは音声コレクションの管理と保存のための実用的な手引きで、録音された音源のコレクションを所蔵しているが、それらを保存するための専門的知識に欠けている個人や組織を対象にしているとのことです。

ARSC Guide to Audio Preservation(CLIR)
http://www.clir.org/pubs/reports/pub164

PDF Download of Report (2.7 MB)(CLIR)
http://www.clir.org/pubs/reports/pub164/pub164.pdf

CLIR Reports(CLIR)
http://www.clir.org/pubs/reports

via;

オランダ王立図書館(KB)とPorticoが連携

2015年5月28日、オランダ王立図書館(KB)と電子リソースのアーカイブサービスを提供しているPorticoが連携したと発表しています。

Porticono広範な保存基盤と専門的知識を利用して、KBの国際的なe-Depotプログラムを通しての電子ジャーナルの保存を支援するとのことです。

e-Depotでは既に1,500万以上の電子ジャーナルの記事を保存しており、Porticoは、KBに、このプログラムへの新規の科学出版社から保存フォーマットの電子ジャーナルコンテンツを提供するとのことです。

新しい提携者のグループには、BioOne、Walter DeGruyter, Wolters Kluwer, Karger, Brill, Thiemeが含まれるようです。

National Library of the Netherlands - Portico Partnership(KB,2015/5/28)
http://www.kb.nl/en/news/2015/national-library-of-the-netherlands-portico-partnership

5月 28日

国立国会図書館、インターネット提供を継続するため、文化庁長官裁定を受けた著作物のうち、現在まで著作権者の連絡先が不明な著作者約5万名の公開調査を開始

2015年5月20日、国立国会図書館は、過去に文化庁長官裁定を受けてインターネット公開している著作物について、平成27年度及び28年度に裁定期間が終了するの伴い、現在まで著作権者のご連絡先が不明な著作者約5万名について、インターネット提供を継続するために、ホームページ上で著作者に関する情報を募集する「公開調査」を開始しました。

著作権者のご連絡先等が不明な著作者に関する情報をお寄せください(付・プレスリリース)(国立国会図書館,2015/5/20)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2015/1210448_1830.html

プレスリリース(国立国会図書館,2015/5/20)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2015/__icsFiles/afieldfile/2015/05/18/pr150520.pdf

出版文化産業振興財団、日本の書籍を英訳して発信するプロジェクト“JAPAN LIBRARY”についてウェブサイトを開設

2015年5月26日、出版文化産業振興財団(Japan Publishing Industy for Culture: JPIC)は、「日本の優れた書物を世界に発信 JAPAN LIBRARY[ジャパンライブラリー]」と題したウェブサイトをオープンしました。また、同日付で‘JAPAN LIBRARY’というタイトルの書籍5冊も発行についても発表しています。

“JAPAN LIBRARY”はJPICによるプロジェクトで、幅広い分野の、数ある日本国内の書物から厳選して英訳出版を行い、海外の大学図書館を中心に、研究機関、公共図書館等に寄贈するもののようで、また、電子書籍等でも読者が手に入れられる手段を図るとされています。

JAPAN LIBRARY
http://www.jpic.or.jp/japanlibrary/
http://www.jpic.or.jp/japanlibrary/jp/about/
http://www.jpic.or.jp/japanlibrary/pdf/japanlibrary_leaflet_15march.pdf
※2つ目のリンクは、JAPAN LIBRARYについての紹介ページです。また、3つ目のリンクは、リーフレットです。

2015年5月アーカイブ トピックス(JPIC, 2015/5/27)

SciELO、SciELOブラジルコレクションにおいて、プラットフォームにReadCube Connectを導入

2015年5月26日、SciELOは、SciELOブラジルコレクションにおいてReadCube ConnectのインタラクティブなPDFビューアを285以上の科学的なジャーナルと280,000以上の記事に組み入れたと発表しています。

ReadCubeは、注釈ツール、ハイパーリンクされたインラインでの引用、著者名からクリックできるといったようなインタラクティブ性と関連したコンテンツでpdfが強化されるものとのことです。

Open Access Collaborative Program SciELO Partners with ReadCube to Enhance Scholarly Articles(PRWEB, 2015/5/26)
http://www.prweb.com/releases/2015/05/prweb12735433.htm

SciELO Partners With ReadCube(Information Today,2015/5/28)
http://newsbreaks.infotoday.com/Digest/SciELO-Partners-With-ReadCube-104218.asp

所蔵作品デジタル化の魁・アムステルダム国立美術館“Rijksmuseum”(記事紹介)

2015年5月13日のニューヨークタイムズの「デジタル化における最前線のミュージアム」(“A Museum at the Forefront of Digitization”)と題した記事の中で、オランダのアムステルダム国立美術館“Rijksmuseum”が取り上げられています。同館は2020年までに、絵画や陶器、衣服等にいたる様々な所蔵作品(約100万点)全てをデジタル化することを企図しているとのことです。

記事では、(1)現在、所蔵作品のうち25%(絵画のほぼ全てを含む)が高解像度の画像で、同館のウェブサイトからダウンロード可能であること、(2)デジタル化された成果物はCC0(パブリックドメイン)で公開され、かつ同館は創作コンクールを開催したり、tiffファイルを無償で提供するなどいった試みを推奨していることなどが紹介されています。

他にも、デジタル化に当たっての撮影手法についても言及されており、収蔵作品が比較的小さく、手動で撮影するという“Rijksstudio”に対し、米国のスミソニアン協会では既に220万点の所蔵作品をデジタル化していることや、絵画等であれば1日に150~200点を撮影できるというベルトコンベア式に自動でデジタル化を行う方法を用いている、といったことについても言及されています。

米国議会図書館(LC)、新しく開発した語彙”Library of Congress Demographic Group Terms”(LCDGT)へのコメントを募集

米国議会図書館(LC)は、新しく開発した語彙”Library of Congress Demographic Group Terms”(LCDGT)について、開発方針やパイロット版の語彙へのコメントを、2015年6月5日まで募集しています。

2015年6月15日に承認されることを目指し、約380の提案用語の暫定リストが示されています。リストには、’Japanese speakers’、’Rock musicians’、‘School children’といった用語が挙げられています。

LCDGTは、資料の著者等(creator/contributor)の特性や、資料の対象者(audience)の特性を示すために付与される語彙であり、たとえば、”A collection of poetry by several German authors”という資料では、著者の特性は’German’となり、また、”A manual written by a physician for caregivers”という資料では、’Physicians’が著者の特性となり、’Caregivers’が資料の対象者の特性となるとのことです。

韓国国立中央図書館、第4回古文献学術シンポジウムを開催

2015年6月5日、韓国国立中央図書館デジタル図書館にて、「国外所在韓国古文献調査と活用方案‐カナダトロント大学所蔵驪興閔氏書状資料を中心に‐」をテーマに、第4回古文献学術シンポジウムを開催するとのことです。

제4회 고문헌 학술심포지엄 개최(韓国国立中央図書館,2015/5/26)
http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/notice_view.jsp?site_code=nl&searchWord=&board_no=7993&srch=&notice_type_code=1&cate_no=7

제4회 국립중앙도서관 고문헌 학술심포지엄(韓国国史編纂委員会,2015/5/21)
http://www.history.go.kr/board/boardDetail.do?groupId=000000000302&menuId=000000000424&pageId=000000000006&itemId=000000008716&action=%2Fboard%2FboardList.do&itemIndex=9&condition=&keyword=&category=&totalCount=2629&page=1&rowPerPage=10&searchKeyword=

参考:

EIFL、ザンビアにおけるOAキャンペーンについて紹介(記事紹介)

途上国において図書館を通じてデジタル情報へのアクセスを推進しているEIFL(Electronic Information for Libraries)は、ザンビアの図書館コンソーシアム“Zambia Library Consortium”(ZALICO)とともに、同国内で6か月間のOAキャンペーンを実施することについて発表しています。

このOAキャンペーンは2段階(関係機関レベル、国全体)にわけて実施されるとのことで、今回は、ZALICOを構成するザンビア大学(国内最大の大学)やNational Science Technologyなど、国内5機関において各機関の理事長や大学の総長等との交渉や理事会等でのプレゼンテーションといった働きかけを実行していくそうです。

記事では、OAの機関リポジトリは4つで、OAジャーナルは1つしかないこと、などといったザンビアにおけるOAの状況も紹介されています。

なお、EIFLはザンビアでは2001年から活動しており、ZALICOの創設の際も支援したようです。

OPEN ACCESS CAMPAIGN IN ZAMBIA(EIFL, 2015/5/26)
http://www.eifl.net/news/open-access-campaign-zambia

EIFL IN ZAMBIA(EIFL)

カナダ国立図書館・文書館(LAC)、議会図書館から受け入れた貴重書の状態調査を実施

2015年5月27日、カナダ国立図書館・文書館(LAC)は、議会図書館から受け入れた1800年より前の貴重書のコレクションの保存状態を正確にするために調査を行ったと発表しています。

5%にあたるものが優秀な状態、35%が良い状態、30%が平均的な状態で30%が悪い状態であったとのことです。革装本の補強は518冊の内499冊で実施され、これらの処理の結果、平均的な状態の本が38%から30%に減少し、良い状態となった本が27%から35%に増加したようです。再作成(rehouse)が必要であったのは15%で、すべて修復されたとのことです。

現在、今回の調査のレポートを作成中とのことで、資料保存のために価値あるものであり、招待の図書館員やアーキビストの保存プロジェクト計画や調査ツールとして役立つであろうと述べられています。

5月 27日

米国議会図書館(LC)の“Veterans History Project”、間もなく10万のマイルストンを達成

米国議会図書館(LC)は、2000年から、研究者が利用可能な、米国の退役軍人のオーラルヒストリーや、手紙、写真、回顧録を保存するプロジェクト“Veterans History Project”を行っていますが、まもなく10万のマイルストンを達成すると報じられています。

半数以上の57,000の記録は第二次世界大戦の退役軍人のもので、数千のものは朝鮮戦争、ベトナム戦争、アフガニスタン戦争のものとのことです。

Veterans History Project nears 100,000 items at US library(AP,2015/5/25付け記事)
http://bigstory.ap.org/article/6e6fec42407e4193b0c6c90b8b7bc869/veterans-history-project-nears-100000-items-us-library

杉並区立中央図書館、アンネ・フランク没後70年を記念したワークショップ「タイムトラベル!アンネ・フランク~わたしが今、大切にしたいこと~」を開催、パネル展示も開催中

2015年6月6日、杉並区立中央図書館は「タイムトラベル!アンネ・フランク~わたしが今、大切にしたいこと~」と題したワークショップを開催します。

ワークショップは、アンネの没後70年に当たって開催されるもので、内容は、映像でアンネが第二次世界大戦中に隠れ家としていた家を見たり、クイズなどを行ったりといった作業を通じ、アンネ・フランクが生きた時代を分かりやすくたどり、自由、平等、平和について考えるものであるようです。

ホロコースト教育資料センターから講師が迎えられるとのことで、また、同図書館では、6月7日までミニパネル展「アンネ・フランクと希望のバラ」も同時開催されているようです。

タイムトラベル!アンネ・フランク~わたしが今、大切にしたいこと~(杉並区立図書館, 2015/5/14)
https://www.library.city.suginami.tokyo.jp/news/n20150514_01.html
https://www.library.city.suginami.tokyo.jp/0606_01_poster.pdf
※2つ目のリンクは、ワークショップに関するポスターです。

「アンネ・フランク没後70年記念・平和学習ワークショップ」(特設ウェブサイト)
http://npokokoro.wix.com/annefrank

Europeana、教育と学習のための政策提言を公表

2015年5月26日、Europeanaは教育と学習のための政策提言である“Europeana for Education and Learning Policy Recommendations”を公表しました。

この提言書では、一連の政策要求を提案しており、教育と学習において、Europeanaのもとにそろえられた欧州のデジタル遺産を(再)利用するための活動指針を確認するものとのことです。

主要な提言としては

・政策担当者、文化遺産機関、教育者の間で、アクセスを改善し、活動の重なりを減らすために欧州規模での体系化された対話を築くこと。
・「教育と学習」に適したコンテンツの供給を文化遺産機関や省庁に優先させること。
・デジタル学習資源が含まれアクセスできる開発を重視すること
・オープンライセンスを促進し、アクセスと教育を学習を支える再利用の条件を改善すること

があげられています。

Europeana for Education Policy Recommendations(europeana pro,2015/5/26)
http://pro.europeana.eu/publication/europeana-for-education-policy-recommendations

東京文化財研究所、東文研総合システム(TOBUNKEN Research Collections)の英語版を公開

2015年4月30日、東京文化財研究所(東文研)は東文研総合システム(TOBUNKEN Research Collections)の英語版を公開したようです。

同研究所では、資料閲覧室で所蔵する図書情報をはじめ、各研究部門のプロジェクトが作成するデータベースを外部へ公開するため、文化財研究に不可欠な研究情報を「東文研総合システム」より発信しているとのことですが、英語版はイギリス・セインズベリー日本藝術研究所と共同事業「日本藝術研究の基盤形成事業」の成果の一端で、以下の機能が追加されたとのことです。

・「文化財関係文献」(References on Cultural Properties)への「海外関連情報(SISJAC採録)」(Japanese Art Related Information outside of Japan (compiled by the Sainsbury Institute for the Study of Japanese Arts and Cultures))の追加。
※日本美術関係文献(718件、おおむね本事業の始まった2013年以降発表のもの)が追加されたとのことです。

国際電気通信連合、"ICT Facts and Figures"の2015年版を公表

2015年5月26日、国際電気通信連合(International Telecommunication Union;ITU)が、"ICT Facts and Figures"の2015年版を公表しました。

2000年から2015年の間でインターネットの浸透率が、およそ7倍になったこと、自宅でインターネットにアクセスできるようになった人口が同じく18%から46%になったこと、開発途上国の40億の人々がオフラインのままであること、3Gモバイルでのブロードバンドの普及率が急速に伸びていることなどが述べられているようです。

ITU releases 2015 ICT figures Statistics confirm ICT revolution of the past 15 years(ITU,2015/5/26)
http://www.itu.int/net/pressoffice/press_releases/2015/17.aspx#.VWUM6qyp3fN

ICT Facts and Figures - The world in 2015(ITU)
http://www.itu.int/en/ITU-D/Statistics/Pages/facts/default.aspx

5月 26日

CrossRef LabがWikipediaにおけるDOIの引用状況をリアルタイムで閲覧できるツールを公開

CrossRef Lab は2015年5月20日付けのCrossTechブログで、新たにDOIへのリンクを作成したWikipediaの記事をリアルタイムでチェックできるツールを作成したことを発表しました。

新たに公開されたツールではWikipediaの各言語版で新たになんらかのDOIへのリンクを作成した記事について、その項目名やどの言語版の記事か、記事のURL、いつリンクが作成されたか、リンクされたDOI等の情報をリアルタイムで閲覧することができます。また、特定のDOIの引用状況をチェックする機能もあります。

同ツールは現在あくまでLab版で、不具合等も起こる可能性があるとされています。実際、2015年5月26日17時時点で更新が停止していますが、2015年5月24日時点までの更新を確認することができます。

Coming to you Live from Wikipedia(CrossTech、2015/5/20付け)
http://crosstech.crossref.org/2015/05/coming-to-you-live-from-wikipedia.html

DOI Events
http://events.labs.crossref.org/events/types/WikipediaCitation/live

ページ