アーカイブ - 2015年 11月 - car

11月 30日

国立国会図書館、電子書籍・電子雑誌収集実証実験事業を開始

国立国会図書館(NDL)では、市販されている電子書籍・電子雑誌の収集に関する制度の在り方を検討するため、電子書籍・電子雑誌収集実証実験事業を2015年12月1日から実施します。

今回の実証実験は、主に次の2つの目的で行います。

(1)電子書籍・電子雑誌の収集及び長期的な保管・利用の技術的検証を行うこと。
(2)国立国会図書館内で電子書籍・電子雑誌を閲覧に供することによる電子書籍・電子雑誌ビジネスへの影響の検証や納入時の費用の調査分析を行うこと。

この事業では、事業の受託者である一般社団法人日本電子書籍出版社協会から送信される電子書籍・電子雑誌のデータを国立国会図書館施設(東京本館・関西館)内の特定端末計20台から閲覧することができます。

1点の資料は同時に1つの端末からしか閲覧できません。1つの端末から同時に複数の資料を閲覧することはできません。また、複写提供は行いません。

実証実験の目的のため、利用された方には、アンケートに御協力いただく予定です。また、どのような電子書籍・電子雑誌が閲覧されたかに関して、システムにより情報を収集します。アンケートの回答及び閲覧に関する情報は、個人を特定できる情報と結びつけて分析することはありません。

国立国会図書館、「新しい『日本目録規則』(新NCR)」のページを新設

2015年11月30日、国立国会図書館は「新しい『日本目録規則』(新NCR)」のページを新設しました。

国立国会図書館では、「国立国会図書館の書誌データ作成・提供の新展開(2013)」第3項において、「資料と電子情報のそれぞれの特性に適した書誌データ作成基準を定める。」と掲げ、「国際目録原則覚書」等の国際標準や「日本目録規則」改訂等の国内の動向などに留意し、特に“Resource Description and Access : RDA”に対応した書誌データの作成基準を定める方針を示しました。

このRDAに対応した新しい書誌データ作成基準として、日本図書館協会目録委員会と連携して、新しい『日本目録規則』(新NCR)を策定しています。

国立国会図書館 新着情報
http://www.ndl.go.jp/index.html
※「2015年11月30日 「新しい『日本目録規則』(新NCR)」のページを新設しました」とあります。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団のPerpuSeruプログラム、インドネシアの公共図書館のIT基盤整備に追加投資

2015年10月27日付のJakarta Post紙によると、インドネシアの、99県の451ヶ村にある550の公共図書館に、コンピューター、研修プログラム、メンタリング(熟練者が未熟練者に助言や手助けを実施すること)などを設置するため、ビル&メリンダ・ゲイツ財団のPerpuSeruプログラムが、1,200万米ドルの追加投資を行なうとのことです。また、コカコーラ財団インドネシア、インドネシア国立図書館、内務省、テルコム・インドネシア、マイクロソフトとの連携も継続するとのことです。

追加の投資では、パプア、スラウェシ、東ヌサ・トゥンガラマルク、マルク各州の県がターゲットとなっているとのことです。

2011年にインドネシアで開始された同プログラムでは、公共図書館をIT基盤のコミュニティセンターに転換させ、これまでに16州・34県・84ヶ村の118の図書館を支援してきたとのことで、今後の長期ビジョンでは、2025年までに少なくとも2,000万人の生活水準を向上させることを目指しているとのことです。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団の図書館イニシアチブプログラムであるPerpuSeruプログラムでは、54か国以上の2万8,000館の図書館を通じて2億5,300万の人々に支援の手を差し伸べてきたとのことです。

【イベント】第6回陽明文庫講座(1/24,2/20)

2016年1月24日と2月20日に、立命館大学朱雀キャンパスホールにて、第6回陽明講座が開催されます。

定員は300名で事前の申し込みが必要です。

講座の内容は以下の通りです。

・2016年1月24日
陽明文庫の指図・絵巻の世界ーデジタル画像の国際京都学センターでの公開に際してー

・2016年2月20日
陽明文庫の書状の世界

陽明文庫とは、1938年に、当時の内閣総理大臣近衛文麿が設立したもので、五摂家筆頭の近衛家伝来の貴重な文書・典籍を所蔵している機関です。

東京大学史料編纂所 ニュース&トピックス
※「2015/11/27 第6回「陽明文庫講座」を開催します(日時:2016年1月24日(日)、2016年2月20日(土) 於:立命館大学)」とあります。
https://www.hi.u-tokyo.ac.jp/index-j.html

東京大学史料編纂所、同所所蔵の「落合左平次道次背旗」の保存修理を完了

2015年11月26日、東京大学史料編纂所は、図書館流通センターからの寄付金の一部を財源として、同所所蔵の「落合左平次道次背旗」の保存修理を実施し、完了したと発表しています。

修理後の画像は、史料編纂所データベース(所蔵目録データベース)やTRC-ADEAC株式会社が運営するデジタルアーカイブシステム「ADEAC」で閲覧できるとのことです。

史料編纂所所蔵「落合左平次道次背旗」保存修理完了のご報告(史料編纂所基金)(東京大学基金,2015/11/26)
http://utf.u-tokyo.ac.jp/2015/11/post-e50c.html

東京大学史料編纂所データベース検索
http://wwwap.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/db.html

ADEAC
https://trc-adeac.trc.co.jp/

大阪府立中央図書館国際児童文学館、調査研究の活性化および同館の情報発信強化等を目的として「特別研究者」を募集

大阪府立中央図書館国際児童文学館が、「特別研究者」を募集しています。

同館の所蔵資料を利用した調査研究を一層活性化するため、大学の児童文学・児童文化研究部門やその他の研究機関に属する研究者等による「特別研究者」を設置し、資料を利用しやすい条件を整備するとのことです。

また、「特別研究者」にその研究成果を発表してもらうことで、国際児童文学館の付加価値向上および情報発信の強化も目指すとのことです。

特別研究員としての指定期間は、原則として2016年4月1日から2017年3月31日までの1年間とのことです。

募集数は3名(グループ)程度で、募集期間は2015年12月17日までとのことです。

特別研究者は、資料の利用制限の緩和、研究用別室の利用などのサービスをを受けられるとのことです。

チェコ共和国、Europeanaに財政的支援を実施へ

2015年11月24日付けのPrague Daily Monitor紙によると、チェコ共和国が、Europeanaに財政的支援を行なうことを決めたとのことです。

同国の文化大臣、ヘルマン(Daniel Herman)氏は、Europeanaのような形式を採用することで、テロ組織の財源ともなる違法な文化遺産の取引を防止できること、チェコ・モラビア・シレジアの文化遺産を保護できること、などを述べているようですが、国家と省の来年の予算がまだ承認されていないため貢献内容の詳細については明らかにしなかったようです。

Prague to join digitisation of Europe's cultural heritage(Prague Daily Monitor,2015/11/24付け記事)
http://www.praguemonitor.com/2015/11/25/prague-join-digitisation-europe%C2%B4s-cultural-heritage

静岡県立中央図書館、創立90周年を記念して、昭和期の館内写真183枚を公開

静岡県立中央図書館では創立90周年を記念して、同館が現在地に移転した当時の写真を含む、昭和期の館内写真183枚を公開したとのことです。

祝!創立90周年! デジタルライブラリーで当館の懐かしの風景を閲覧できます。(静岡県立中央図書館)
http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/contents/info/2015/kannnaiphoto.html

国際航業株式会社、「地理空間情報技術ミュージアム Museum of GIS Technology」(MoGIST(モジスト))を開設

2015年11月25日、国際航業株式会社は、地理空間情報に関するウェブサイト「地理空間情報技術ミュージアム Museum of GIS Technology」(MoGIST(モジスト))を開設しました。

地理空間情報技術(GIS)に関する情報、教育向けコンテンツを提供するもので、地理空間情報技術の専門ポータルサイトを目指すとのことです。

現時点では、地理空間情報技術に関わる専門用語を、技術者が解りやすく解説したデータベース等が提供されています。また、子供向けのウェブサイトとして、「KIDS MoGISTコーナー」も開設されています。

地理空間情報技術ミュージアム Museum of GIS Technology
http://mogist.kkc.co.jp/

MoGISTがオープンしました。(MoGIST, 2015/11/25)
http://mogist.kkc.co.jp/news/02.html

小平市立図書館40周年記念イベントとして、武蔵野美術大学の学生と一緒にカルタを作る「ビブリオ・カルタ・フェスタ」が開催される

2015年11月24日と25日、2015年3月に開館したなかまちテラス(仲町図書館・仲町公民館の複合施設)で、「ビブリオ・カルタ・フェスタ」が開催されました。

武蔵野美術大学の学生とともに、自分の好きな本や紹介したい本についての文章やイラストでカルタを作るもので、完成したカルタで参加者によるカルタ大会も行うものとのことで、完成したカルタは図書館で展示されるとのことです。

40周年記念武蔵野美術大学生企画イベント「ビブリオ・カルタ・フェスタ」(小平市立図書館, 2015/11/3)
http://library.kodaira.ed.jp/event/?id=96

小平市立図書館40周年記念イベント「ビブリオ・カルタ・フェスタ」(武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科)
http://vcd.musabi.ac.jp/web/?p=16237

【イベント】中京大学社会科学研究所、学術講演会「イタリアのアーカイブズと文書保護局」を開催(12/11・愛知)

2015年12月11日、中京大学社会科学研究所は、学術講演会「イタリアのアーカイブズと文書保護局」を開催します。

トスカーナ文書保護局の局長である、ディアーナ・マルタ・トッカフォン氏を招いて行われれる講演とのことです。

また、講演の導入として、通訳も務める国文学研究資料館の特任助教である湯上良氏による、日本とイタリアのアーカイブズ行政の違いについての説明もあるとのことです。

イタリアのアーカイブズと文書保護局(中京大学)
http://www.chukyo-u.ac.jp/event/2015/11/010108.html

参考:
【イベント】中京大学社会科学研究所、学術講演会「イタリアの地方文書館の多様性と特色」を開催(12/9・愛知)
Posted 2014年12月1日
http://current.ndl.go.jp/node/27546

【イベント】京都国立博物館、講演会「文化財を災害から守る―文化財防災の過去・現在・未来―」を開催(12/6・京都)

2015年12月6日、京都国立博物館は、けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)で講演会「文化財を災害から守る―文化財防災の過去・現在・未来―」が開催します。

「文化財防災ネットワーク推進本部」の事業の一環として、開催される講演会で、第1部は「文化財と災害」をテーマとし、京都造形芸術大学名誉教授の内田俊秀氏による「阪神・淡路大震災と文化財」、東京文化財研究所保存修復科学センター長の岡田健氏による「地域の連携と文化財防災―被災文化財等救援委員会の経験から―」の2つの講演会を開催します。

第2部は、「文化財を守るために」をテーマとして、奈良文化財研究所の村田泰輔氏による「文化財から読み解く災害の歴史」の講演と座談会が行われます。

定員は120名で、参加費は無料です。

「文化財を災害から守る―文化財防災の過去・現在・未来―」2015年12月6日(日)(京都国立博物館, 2015/11/12)
http://www.kyohaku.go.jp/jp/oshirase/post_75.html
http://www.kyohaku.go.jp/jp/event/events/etc/img/20151206_bosai.pdf

参考:

山手線沿線私立大学図書館コンソーシアム、8大学合同企画「学生Book DE Talking」を開催

2015年12月5日、山手線沿線私立大学図書館コンソーシアムは、同コンソーシアムに加盟する8大学による企画「学生Book DE Talking」を明治大学中央図書館で開催します。

「学生Book DE Talking」は、各大学の図書館の所蔵本の中からオススメの本を持ち寄った学生同士が、交流するイベントで、本以外にも学生生活や就職活動、趣味などさまざまな話をする場となるとのことです。なお、本イベントは2014年に引き続き開催されるものです。

コンソーシアムに加盟している大学は、青山学院大学、学習院大学、國學院大學、東洋大学、法政大学、明治大学、明治学院大学、立教大学で、学生だけでなく希望があれば教職員も参加可能とのことです。

[募集期間延長]【山手線コンソーシアム企画】学生Book DE Talking開催(明治大学図書館)
http://www.lib.meiji.ac.jp/smart-phone/#news_NS00001256

山手コンソ企画 「Book DE Talking」参加者募集(立教大学図書館)
http://library.rikkyo.ac.jp/librarypress/blog/2015/11/12/585/

「15年目を迎えた山手線沿線私立大学図書館コンソーシアム」(記事紹介)

2015年11月27日、立教大学のホームページに、「15年目を迎えた山手線沿線私立大学図書館コンソーシアム」と題する記事が掲載されました。

2000年3月、青山学院大学、学習院大学、國學院大學、東洋大学、法政大学、明治大学、明治学院大学、立教大学の私立大学図書館は「山手線沿線私立大学図書館コンソーシアム」」協定を締結し、利用証によるコンソーシアム加盟図書館への入館利用の実現や、他大学図書館所蔵の図書貸出の実現といった利用者へのサービスを実現してきたことなどに触れられており、「利用状況」や「これからの山手コンソ」などの項目でそれぞれ現況等が述べられています。

15年目を迎えた山手線沿線私立大学図書館コンソーシアム(立教大学, 2015/11/27)
http://www.rikkyo.ac.jp/feature/close_up/2015/11/15.html

小牧市、2015年8月から9月にかけて実施した「新小牧市立図書館建設基本設計(案)」についてのパブリックコメントへの意見を公開

2015年11月27日、小牧市は2015年8月17日から9月15日にかけて実施したパブリックコメントについて、「新小牧市立図書館建設基本設計(案)に係るパブリックコメントで寄せられた意見について」の資料を公開しました。

合計200件の意見が寄せられたとのことで、それら200件の内容と、募集期間外に提出された意見も含め、PDFファイルとして公開されています。

パブリックコメントで寄せられた意見は市の考え方とともに公表するものであるものの、住民投票の実施により、基本設計を中断したため、寄せられた意見に対する市の考え方を示すことができない状態が続いていた、とのことですが、市民の貴重な意見であるため、意見のみ公表することとしたようです。

パブリックコメントで出された意見については、市役所の施設内や、市民センター、図書館等でも閲覧可能としているようです。

「新小牧市立図書館建設基本設計(案)に係るパブリックコメントで寄せられた意見について」(小牧市)
http://www.city.komaki.aichi.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/013/834/pabukomeiken.pdf

新図書館建設について(小牧市, 2015/11/27)

【イベント】常総市など、「緊急支援報告会!常総市水損行政文書の救助と復旧」を開催(12/14・茨城)

2015年12月14日、常総市、筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター、茨城文化財・歴史資料救済・保全ネットワークは、「緊急支援報告会!常総市水損行政文書の救助と復旧」を常総市役所で開催します。

被災公文書の現状と復旧への取組について現状を知り、今後の常総市への支援に資するとともに、歴史的に重要な公文書等の救出・保全・ 復旧に関する今後の活動や調査研究等に資するための報告会とのことです。

定員は50名程度で、参加費は無料ですが、事前申込が必要とのことです。

「緊急支援報告会!常総市水損行政文書の救助と復旧」のお知らせ(12/14)(歴史資料ネットワーク, 2015/11/28)
http://siryo-net.jp/event/20151214-joso/

参考:
常総市、国立公文書館職員の指導による水損した公文書の修復に係る研修会を実施(12/7-8,12/14-15)
Posted 2015年11月26日
http://current.ndl.go.jp/node/30058

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)、「11月の常総市役所の水損行政文書レスキューと関連資材支援のお願い」を公表
Posted 2015年11月4日
http://current.ndl.go.jp/node/29873

11月 27日

ルクセンブルク大公国、国内の加盟館で電子書籍の貸出しが可能に

2015年11月24日付のLucemburger wort紙によると、ルクセンブルク大公国の住民は同国内の図書館で電子書籍を借りることが可能になったとのことです。

7万8,200点の電子書籍は英語、フランス語、ドイツ語のもので、国立図書館や自動車図書館を含む12の加盟館で借りることができるとのことです。

同サービスは、Higher Council of Publicとルクセンブルク国立図書館との共同イニシアチブであり、同国のコンソーシアム省と国立図書館のIT部門による試行プロジェクトとして公開されているとのことです。

プロジェクトに先立ち、コンソーシアム省は、5万3,000点の電子ジャーナルと9万3,500点の科分野の電子書籍と370の専門的なデータベースを利用可能にしたとのことです。

Luxembourg libraries roll out ebook rental service(Lucemburger wort,2015/11/24)
http://www.wort.lu/en/luxembourg/78-200-digital-books-in-english-french-german-luxembourg-libraries-roll-out-ebook-rental-service-56546b570da165c55dc4e084

英国・Libraries TaskForce、2015年の上半期の進捗レポートを公表 2016年の3月までに99%の公共図書館で無料のWiFiが利用可能の見込み

2015年11月26日、文化・メディア・スポーツ省と地方自治体協会によって設立された、英国のLibraries TaskForceが、2015年の上半期の進捗レポートを公表しています。

レポートの主な内容として以下の点があげられています。

・英国の全ての公共図書館に無料のWiFiを設置するために740万ポンドの資金を用意し、これにより2016年の3月までに99%の公共図書館で利用できるようになる。
・Tinder財団からの10万ポンドの資金で、16の公共図書館で、社会的に排除され集団に溶け込むのが難しい集団にデジタル技術を身に着けさせる試行的な新しいアプローチを実施。
・6つの市立図書館が、中小企業や起業のための中核機能を持つために、英国図書館(BL)、英国芸術評議会(ACE)、コミュニティ・地方自治省からの進取的な図書館に対する40万ポンドの資金を確保することを支援。
・首長や議長が、中央省庁や地方自治体と面談する際、図書館の価値や如何に図書館がリテラシー構築やビジネス、健康、社会福祉のような分野で地域を支援しているか強調。

また今後のこととして、優秀事例を参考にすることを目的とした地方自治体のためのツールキットを作成するとのことです。

【イベント】九州大学附属図書館、学術講演会「図書館における資料選択―2015年のトピックから―」を開催(12/15)

九州大学附属図書館は、同大大学院ライブラリーサイエンス専攻との共催で、日本女子大学准教授の大谷康晴氏による講演会「図書館における資料選択―2015年のトピックから―」を、2015年12月15日に開催するとのことです。

定員は150名で、聴講には申し込みが必要とのことです。

ラオス図書館・情報コンソーシアム(LALIC)創設10周年(記事紹介)

図書館を通じた情報へのアクセス向上に取り組んでいる非営利組織“Electronic Information for Libraries”(EIFL)のウェブサイトに、2015年に創設され、創設10周年を迎えた、ラオス図書館・情報コンソーシアム(Laos Library and Information Consortium :LALIC)の紹介記事が公開されています。

LALICは12のメンバーで創設されたが、電子資源を使うために必要な技術、図書館とICTインフラ開発のための資金、図書館館協力、情報リテラシー技術など図書館や利用者にとって、創設当初は全てが「不足」という言葉で概括できたとのことです。

10年後の現在、LALICは、大学図書館、研究図書館、大学や工芸教育図書館、公共図書館とラオス国立図書館など20のメンバーで構成され、ラオス政府によって承認された登録組織となっているとのことです。

LALICによる研修は、何百もの図書館員や研究者、学生に技術を伝え、オンライン調査や電子図書館・データベースの利用など、デジタル技術を使用することへの自信を与えているほか、デジタル資源をメンバーの大学へ推奨し、EIFLのライセンスプログラムを使って利用させており、若い研究者や学生からデジタル資源に関する研修への継続的要望があるとのことです。

ページ