アーカイブ - 2012年 8月 - car

8月 31日

ケーキ型、貸します。(記事紹介)

米国のカンザス州にはケーキ型を貸し出している図書館があるそうです。

その様子を紹介する新聞記事には、“Cake Pans”とラベルの貼られた書架に、さまざまなケーキ型(バービーやらダース・ベイダーやら)がずらりと並んでいる写真が掲載されています。グレイドベンド公共図書館のものです。これらのケーキ型は、プラスチックの大きな袋に入れられ、飾り付けの方法も添えられているそうです。ひとつひとつの型はOPACにデータ登録され、利用者への貸し出しや、他館へのILLも可能ということです。

退職した図書館員に聞いてみたところ、同館が寄贈を受けてケーキ型を扱い始めたのは25年以上前に遡るそうです。無料で飾り付け教室も開いていました。1986年ごろにはこの周辺にケーキ型を入手するような場所なんてなかったと、彼は当時の事情を振り返っています。現在も同館のコレクションは住民からの寄贈で増加していっているということです。

なお、同館以外にもカンザス州では数十、少なくとも32の図書館がケーキ型のコレクションを有しているんだとか。

Check out a cake pan?(Hutchnews.com 2012/8/21付け記事)

“本”に関する人気のPinterestアカウント10個

ブログiLibrarianの2012年8月29日付け記事で、“本”に関する10のPinterestアカウントが紹介されています。各ボードでは色とりどりのさまざまなデザインのブックカバーを見ることができます。フォロワーの多いものが挙げられているようで、最大のものは245万人もいるようです。

10 Most Popular Book-Related Boards on Pinterest(iLibrarian 2012/8/29付け記事)
http://oedb.org/blogs/ilibrarian/2012/10-most-popular-book-related-boards-on-pinterest/

参考:
参考にしたいPinterestの図書館アカウント25(記事紹介)
http://current.ndl.go.jp/node/21533

CiNii Books、タイトル順での並び替えや国外の地域指定検索等の新機能が追加

国立情報学研究所(NII)が提供するCiNii Booksが2012年8月31日に新機能の追加を行いました。これにより、タイトル順での並べ替え、国外の地域を指定した検索が可能になりました。そのほか、中国語のピンイン表記や、アラビア文字等の特殊文字・特殊言語のアルファベット翻字表記が読みに追加されたことで、それらが検索対象に加わったこと、Internet Explorerで『戻る』ボタン使用時の不具合の修正が行われたとのことです。

CiNii Booksでのタイトル順での並べ替え、国外の地域指定検索等の追加について (2012年08月31日) (CiNii 2012/8/31付けの記事)
http://ci.nii.ac.jp/info/ja/index.html#20120831

ノルウェー国立図書館と著作権団体Kopinorが“Bokhylla”の継続実施で合意、20世紀資料約25万点をオンライン公開へ

2012年8月28日、ノルウェー国立図書館と著作権者団体Kopinorが、2009年に始まった“Bokhylla”(Bookshelf)の継続実施で合意したとのことです。この結果、20世紀の資料約25万点が2017年までにオンラインでアクセスできるようになるようです。

Norsk litteratur fra hele det 20. århundre på nett (Nasjonalbiblioteket 2012/8/29付けの記事)
http://www.nb.no/aktuelt/norsk-litteratur-fra-hele-det-20.-aarhundre-paa-nett

Online access to Norwegian literature from the entire 20th century (Kopinor 2012/8/29付けの記事)
http://www.kopinor.no/en/about-kopinor/news/online-access-to-all-norwegian-literature-from-the-20th-century

岡山県立図書館、Facebook・Twitter用ソーシャルメディアポリシーを公表

岡山県立図書館が、2012年8月31日に、同館のTwitterアカウントおよび公式Facebookページに関するソーシャルメディアポリシーを公開しました。

岡山県立図書館ソーシャルメディア運用ポリシー(PDF:2ページ)
http://www.libnet.pref.okayama.jp/top/socialmedia_policy_fb.pdf

岡山県立図書館ツイッター運用ポリシー(PDF:2ページ)
http://www.libnet.pref.okayama.jp/top/socialmedia_policy_tw.pdf

全国学校図書館協議会、2012年の「『学校図書館図書整備費』に基づく各自治体での学校図書館図書費予算化の現状」を公表

全国学校図書館協議会(全国SLA)が「『学校図書館図書整備費』に基づく各自治体での学校図書館図書費予算化の現状」を公表しました。同協議会では、2012年5月に全国1,741の市区町村教育委員会を対象とした悉皆調査を実施しており、7月10日までに回答のあった884教育委員会(回収率50.8%)の結果を集計したものです。

「学校図書館図書整備費」に基づく各自治体での学校図書館図書費予算化の現状(全国学校図書館協議会 2012/8/31付け情報)
http://www.j-sla.or.jp/material/research/post-45.html

参考:
2012年度予算案における学校図書館関連の事項についての情報
http://current.ndl.go.jp/node/20099

米国西部の研究・大学図書館による紙雑誌の共同保管プログラム“WEST”がその1年目の状況を報告

米国西部の研究・大学図書館による冊子体雑誌の分散共同保管プログラム“Western Regional Storage Trust(WEST)”が、計画された3年間のうちの最初のフェーズ(2011-12年)を完了したということで、その状況について発表しています。それによると、WESTには18州から109館が参加しており、そのうち12館で6,100タイトル(16万巻)の雑誌をアーカイブしているということです。これらのタイトルは、号単位で揃っておりコンディションもチェックされた(“Gold”)500タイトル、巻単位で揃っていることが確認された(“Silver”)500タイトル、何らチェックがされていない(“Bronze”)5,100タイトルに分けられているそうです。WESTは、参加館からの拠出金と、Andrew W. Mellon財団からの助成金によって運営されています。

Western Regional Storage Trust (WEST)
http://www.cdlib.org/west

Archiving milestone for journal repository program(カリフォルニア大学 2012/8/30付けニュース)
http://www.universityofcalifornia.edu/news/article/28256

移民の時代における欧州の博物館の役割を考える欧州委員会助成プロジェクト“MeLa”

欧州の研究枠組みFP7のもと欧州委員会の助成を受けて4年間進められている、“MeLa”というプロジェクトがあります。MeLaは、移民の時代における欧州の博物館の新たな役割について学際的に考えるプロジェクトで、2011年3月にローマで“Reinterpreting Europe’s Cultural Heritage: Towards the 21st Century Library and Museum?”と題したキックオフカンファレンスを開催しています。2012年3月にはそのカンファレンスの成果を、“Museums in an Age of Migrations”と題して刊行しています。

2012年8月30日付けのMeLaのブログ記事によると、上記の刊行物のほかに、MeLaの5つの研究領域(「歴史と現代における博物館とアイデンティティ」、「博物館、図書館、公共文化施設のネットワーク」等)から、近々成果が発表されるとのことで、記事にはそのアブストラクトが掲載されています。

Museums in an Age of Migrations (MeLaの刊行物掲載ページ)
http://www.mela-project.eu/publications/845

オンラインコミュニティをオフラインイベントへ 米国ウォーカーアートセンターがねこ動画フェスティバルを開催

2012年8月30日に、米国ミネソタ州にある美術館ウォーカーアートセンターが、一般市民から募集したネコに関する動画を、同センターのイベントスペースでスクリーン上映するイベントを開催するようです。

このイベント“Internet Cat Video Festival”は、オンラインのコミュニティを、オフラインの物理的な空間に集めて、リアルタイムで経験を共有してみようというコンセプトで行われるものとのことです。

イベント会場ではTwitterのハッシュタグを利用して最優秀ねこ(Golden Kitty)の選考が行われ、イベントで上映された動画は終了後にYouTubeで公開されます。なお、ノミネートされた動画の中には、“まる”の「特訓するねこ。」があるようです。

The cats have purred and the people have spoken! People’s choice award revealed at the first Internet Cat Video Festival, August 30, at the Walker Art Center’s Open Field. (Walker Art Museum 2012/8/16付けの記事)

【イベント】講演会「学習支援における公共図書館と学校図書館の連携を探る」(10/1・NDL東京本館)

国立国会図書館国際子ども図書館は、2012年10月1日に、講演会「学習支援における公共図書館と学校図書館の連携を探る」を、国立国会図書館東京本館で開催します。

これは、2010年度から2011年度にかけて国際子ども図書館が実施した「学校図書館との連携による学習支援プロジェクト」の報告書の刊行に関連し、糸賀雅児氏(慶應義塾大学教授)とプロジェクト主査の鎌田和宏氏(帝京大学准教授)による対談形式の講演会を行うものです。対談では、公共図書館と学校図書館の連携の進め方や図書館による学習支援の意義と可能性について取り上げます。また、当館職員によるプロジェクトの成果の報告も行います。

なお、参加費は無料ですが、参加にあたっては事前申込が必要となっています。

講演会「学習支援における公共図書館と学校図書館の連携を探る」 (国際子ども図書館のウェブサイト)
http://www.kodomo.go.jp/promote/school/project-lecture.html

岡山県立図書館、来館者数・貸出冊数共に7年連続全国1位

日本図書館協会(JLA)の調査によると岡山県立図書館の2011年度の貸出件数および来館者数が7年連続で全国1位だったと報じられています。実績はそれぞれ139.8万冊、105.3万人ということです.また、本の購入数も5.2万冊で2年連続全国1位だったとのことです。

岡山県立図書館7年連続で全国1 貸し出しと来館者(西日本新聞 2012/8/30付け記事)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/321338

参考:
岡山県立図書館、来館者数・貸出冊数共に6年連続全国1位 購入冊数も1位に返り咲き
http://current.ndl.go.jp/node/19015

岡山県立図書館、来館者数・貸出冊数共に5年連続全国1位
http://current.ndl.go.jp/node/16704

東京都三鷹市とアジア・アフリカ財団が共同で財団敷地内に新図書館を設置へ

東京都三鷹市とアジア・アフリカ財団が、アジア・アフリカ圏の情報発信に重点を置いた新図書館を共同で設立するという内容の協定を締結したと報じられています。それによると、2013年度後半をめどに、同財団敷地内に新設される施設のなかに、同市立図書館がオープンするそうです。同財団はアジア・アフリカ図書館を運営していますが、現在は休館中で、建て替えを検討していたということです。

三鷹の新文化拠点に アジア・アフリカ文化財団と協定 共同の新図書館(東京新聞 2012/8/31付け記事)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20120831/CK2012083102000095.html

アジア・アフリカ文化財団
http://www.aacf.or.jp/

アジア・アフリカ図書館
http://www.aacf.or.jp/library

「IAAL大学図書館業務実務能力認定試験」にILLをテーマとした新科目「情報サービス-文献提供」が追加

NPO法人・大学図書館支援機構(IAAL)が実施している「IAAL大学図書館業務実務能力認定試験」に、ILLサービスをテーマとした新科目「情報サービス-文献提供」が追加されます。同試験は2009年5月に「総合目録(図書-初級)」と「総合目録(雑誌ー初級)」の2科目で開始され、2010年11月に「総合目録(図書-中級)」が加わっていました。このたび、2012年11月4日に東京と大阪で「総合目録-図書初級」第6回および「情報サービス-文献提供」第1回が行われます。受験申込は9月15日から10月20日まで受け付けられています。

受験案内(PDF:2ページ)
http://www.iaal.jp/news/pdf/121104_juken.pdf

受験申込書(PDF:1ページ)
http://www.iaal.jp/news/pdf/121104_form.pdf

IAAL大学図書館業務実務能力認定試験
http://www.iaal.jp/IAAL_HPver5/index.html

大学図書館支援機構
http://www.iaal.jp/

参考:
大学図書館支援機構、「大学図書館業務実務能力認定試験「総合目録-図書初級」」の実施を発表
http://current.ndl.go.jp/node/12589

8月 30日

伊勢周辺の古地図を活用したiOS/Android用無料アプリ「伊勢ぶらり」が公開

2012年8月29日、三重県が、伊勢周辺の古地図を活用したiOS/Android用アプリ「伊勢ぶらり」を無料公開しました。国立情報学研究所(NII)、皇學館大学、伊勢市教育委員会と連携して開発されたもので、1861年の伊勢國細見図等5枚の地図が使われています。地図上には191か所のランドマーク(昔の絵葉書に写っている名所、文化資産や博物館等の施設)がプロットされており、GPS機能によって現在地を地図上に表示することや、地図画面とGoogleマップとを切り替えることが可能となっています。

伊勢ぶらり
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/burari/

絵地図等に現在地を表示して町歩きを支援するアプリ「伊勢ぶらり」を提供開始します。(三重県 2012/8/29付けニュース)
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/app/details/index.asp?cd=2012080429

参考:
CA1607 - 進化する地図の世界 / 津田深雪
http://current.ndl.go.jp/ca1607

三重県内の貴重資料102点をデジタル化した「テーマで見る『三重』貴重資料閲覧システム」が公開
http://current.ndl.go.jp/node/20946

科学技術政策研究所、研究者らを対象とした「科学技術の状況に係る総合的意識調査」の結果を公表

2012年8月30日、科学技術政策研究所(NISTEP)が、産学官の研究者や有識者を対象とした「科学技術の状況に係る総合的意識調査(NISTEP定点調査2011)」の結果を公表しました。この定点調査は、第4期科学技術基本計画期間中である2011年度から2015年度にわたって毎年実施される調査の第1回目として、2012年2月から4月に実施されたものです。回答率は89.6%(送付数1,486件)でした。調査対象者を抽出する際に、日本国内の論文シェアによるグループ別(第1~第4グループ)と分野(理学、工学、農学、保健)別に行った点が特徴的とされています。

「科学技術の状況に係る総合的意識調査(NISTEP定点調査2011)」[NISTEP REPORT No.150, 151]の結果公表について(科学技術政策研究所 2012/8/30付け報道発表)
http://www.nistep.go.jp/archives/4508

大阪市立図書館、初めて全巡回箇所を対象とした自動車文庫アンケート調査の結果を公表

大阪市立図書館が2012年4月・5月に実施した「大阪市立自動車文庫利用に関するアンケート」の結果を公表しました。有効回答数は1,109件です。同館の自動車文庫は1967年に開始し、現在は2台の「まちかど」号が市内106か所を月1回巡回しているそうです。そのすべての巡回場所を対象としたアンケートの実施は今回が初めてとのことです

大阪市立自動車文庫利用に関するアンケート結果(平成24年4~5月実施)
http://www.oml.city.osaka.jp/topics/bmunq.html

慶應義塾図書館、「TEMPUS FUGIT -時は過ぎゆく- 慶應義塾図書館開館100年記念展」を開催中

2012年に開館100周年を迎えた慶應義塾図書館が、その記念展示会を開催しています。「TEMPUS FUGIT -時は過ぎゆく- 慶應義塾図書館開館100年記念展」と題したこの記念展示では、慶應義塾図書館の歴史を振り返るとともに、3期に分けて、同館がこれまで収集した貴重書のほか、荒俣宏博物誌コレクションや反町十郎氏収集の武家文書等の塾員・館長による収集コレクション、コペルニクスやガリレオなどの科学史コレクション、グーテンベルク聖書(零葉、断簡)などを展示するとのことです。展示会は8月29日から10月13日まで開催され、一般の方(高校生以上)も入場無料で見学可能となっています。なお、日曜祝日は休室とのことです。

「TEMPUS FUGIT -時は過ぎゆく- 慶應義塾図書館開館100年記念展」開催中 (慶應義塾図書館 2012/8/29付けの記事)
http://www.mita.lib.keio.ac.jp/news/news_20120828_130437

カタール国立図書館、Innovative Interfaces社の図書館システム等のアラビア語翻訳へ協力

カタール国立図書館と米Innovative Interfaces社が独占的な提携関係を結び、同社製品のアラビア語への翻訳に対して協力を行っていくと発表されました。対象となるシステムにはMillennium、Sierra Services Platform、Encore、Content Proなど。同社システムを導入している図書館にはアラビア語圏のユーザを抱えているところが50館以上あるとのことです。

Qatar National Library Enters Partnership to Enhance Arabic Translation of Innovative Interfaces Products(Innovative Interfaces 2012/8/29付けニュース)
http://www.iii.com/news/pr_display.php?id=541

多様な研究成果の公開プラットフォーム“figshare”がAPIベータ版を公開

2012年8月29日、図表や研究データなどさまざまな研究成果を公開するプラットフォーム“figshare”がAPI(ベータ版)を公開しました。現バージョンのAPIでは、認証、アカウント情報の管理、登録データの簡単な検索ができるという程度ですが、今後はデータのアップロード機能やより詳細な検索オプションが提供される予定ということです。

API documentation(figshare)
http://api.figshare.com/docs/

figshare API available to all(figshare 2012/8/29付けブログ記事)
http://figshare.com/blog/figshare_API_available_to_all/48

Springer、オープンアクセスプログラムの対象を図書にも拡大

2012年8月29日、Springer社が、オープンアクセス(OA)プログラム“SpringerOpen”の対象を図書にも拡大すると発表しました。OA化の費用(出版料)は著者によって負担され、OAとなった図書はSpringerLink上で公開、あわせて“Directory of Open Access Books”(DOAB)にメタデータが掲載されます。ライセンスはクリエイティブコモンズのCC BY-NCが適用されています。既にいくつかのタイトルがOAとして公開されています。

Springer now publishing Open Access books(Springer 2012/8/29付けニュース)
http://www.springer.com/about+springer/media/pressreleases?SGWID=0-11002-6-1387743-0

SpringerOpen | Books
http://www.springeropen.com/books

例:The Future Internet 2012
http://www.springerlink.com/content/978-3-642-30240-4#section=1067467&page=1

参考:

ページ