アーカイブ - 2011年 - car

12月 28日

Europeana、ユーザーからの応募と投票をもとに作成したウェブ展示“Wiki Loves Art Nouveau”を公開

2011年12月15日、欧州の文化遺産ポータル“Europeana”が新たなウェブ展示として“Wiki Loves Art Nouveau”を公開しました。2011年に欧州18か国でモニュメントの写真コンテスト“Wiki Loves Monuments”が開催されましたが、そのコンテストのサブカテゴリーとしてアール・ヌーボーが設定され、約2,700点の写真の応募があったようです。今回公開されたウェブ展示は、応募のあった約2,700点のうち予備審査に残った343点について一般投票を行ない、そこで選ばれた50点をもとに作成されたようです。この“Wiki Loves Art Nouveau”は、すでにEuropeanaが公開しているアール・ヌーボーのウェブ展示を補完するものという位置付けのようです。

Wiki Loves Art Nouveau
http://exhibitions.europeana.eu/exhibits/show/wiki-loves-art-nouveau

“Wiki Loves Art Nouveau” Virtual Exhibition (Europeana 2011/12/15付けの記事)

英国では研究データ管理ポリシーの策定が2012年のトレンドのひとつに?(記事紹介)

英国のデジタルキュレーションセンター(DCC)が、2011年12月22日付けのブログに「研究機関のデータ管理ポリシーの策定:2012年のひとつのトレンド」という記事を掲載しています。DCCは、英国の大学の研究データ管理を支援しており、そこではデータ管理ポリシーの策定に対する要望が多いそうです。記事の著者は、管理ポリシーの策定が2012年の主なトレンドのひとつになるだろうと予言しており、英国情報システム合同委員会(JISC)が2011年10月から2013年7月にかけて実施しているプログラム、ポリシーを策定しようとしている機関に向けてDCCが作成した説明資料、エディンバラ大学やノーサンプトン大学の事例紹介、既にポリシーを策定した機関のリスト等の参考情報を紹介しています。

Developing institutional data policies: a trend for 2012 (DCC 2011/12/22付けブログ記事)
http://www.dcc.ac.uk/node/9329

参考:
E903 - 研究データを国家レベルで共有するサービスの可能性は?(英国)
http://current.ndl.go.jp/e903

E1220 - 英国RLUKの2014年までの戦略計画と学術雑誌価格高騰への対応

科学技術政策研究所、「科学研究のベンチマーキング2011」を公表

科学技術政策研究所が「科学研究のベンチマーキング2011―論文分析でみる世界の研究活動の変化と日本の状況―」を公表しました。これは、学術論文に着目して日本の科学研究のベンチマーキングを行なったもので、調査の結果、日本の産出する論文数の伸び悩みが見られること、研究活動の国際化に伴い世界で国際共著論文が急増しているが、日本はこの変化に充分対応出来ていないこと、日本国内でみると企業の論文数が減少し、論文に関する大学の役割が拡大しているが、国立大学の論文数は伸び悩んでいることが明らかになったようです。

科学研究のベンチマーキング2011―論文分析でみる世界の研究活動の変化と日本の状況―
http://www.nistep.go.jp/achiev/ftx/jpn/mat204j/idx204j.html

科学技術政策研究所 (2011/12付けの「最近のトピックス」に上記へのリンクがあります)
http://www.nistep.go.jp/index-j.html

東京大学と凸版印刷、東京国立博物館の140周年特集陳列で「デジタル展示ケース」を公開へ

東京大学と凸版印刷株式会社は、共同で開発した次世代型美術鑑賞システム「デジタル展示ケース」について、2012年1月2日から開催される東京国立博物館140周年特集陳列「天翔ける龍」で公開するようです。この「デジタル展示ケース」では、デジタル化した文化財を画面上で鑑賞するだけでなく、その場にあるかのように自由に動かす等といったインタラクティブな疑似体験をすることができるようです。

東京大学と凸版印刷、次世代型の美術鑑賞システム「デジタル展示ケース」を開発~東京国立博物館140周年特集陳列「天翔ける龍」にて公開~ (凸版印刷 2011/12/27付けのニュースリリース)
http://www.toppan.co.jp/news/newsrelease1306.html

東京国立博物館140周年特集陳列 天翔ける龍 (東京国立博物館のウェブサイト)
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1436

Googleブックスをめぐる訴訟、再開に向けた動きが始まる

Googleブックスプロジェクトに対し著作者団体等が著作権侵害等を訴えている訴訟については、2011年3月に和解案が裁判所に却下されていましたが、2011年12月に、原告側・被告側の双方から、訴訟の再開に向けた動きが起こっているようです。12月12日には、著作者団体Authors Guildと3名の作家が、クラスアクション(集合代表訴訟)としての適切性を主張する文書を裁判所に提出しました。一方、Googleは、12月22日に、Authors Guild等の団体は著作権を所有しているわけではないので原告としての資格がないことを主張する文書を裁判所に提出しています。

Class Action Filed in Google Books Case(Information Today 2011/12/19付けの記事)
http://newsbreaks.infotoday.com/NewsBreaks/Class-Action-Filed-in-Google-Books-Case-79495.asp

Google Files Motion to Dismiss in Google Books Case(The Digital Shift 2011/12/23付けの記事)

12月 27日

英国研究図書館コンソーシアムと英国図書館資料保存支援センター、資料管理法をまとめたオンラインリソースを公開

2011年12月22日、英国研究図書館コンソーシアム(RLUK)と英国図書館資料保存支援センター(British Library Preservation Advisory Centre;BLPAC)が、“Caring for Collections”というオンラインリソースを公開したようです。これは、資料管理の方法やそれがなぜ重要かについて解説したもので、以下の11項目から構成されているようです。
・コレクション管理の重要性
・資料状態の悪化とダメージ
・図書の取扱い
・図書の輸送
・図書の複写
・図書の保管
・環境条件
・カビ
・害虫
・保護
・災害と救出
なお、“Caring for Collections”は、フラッシュ版もしくはPDF版で利用できるようです。

Caring for Collections
http://www.bl.uk/blpac/induction.html

New RLUK and BLPAC “Caring for Collections” e-tool available (RLUK 2011/12/22付けの記事)

米ニューヨーク図書館協会、2011年8月のハリケーン「アイリーン」で被災した図書館を対象に資金援助を実施

2011年8月に米国東海岸を襲ったハリケーン「アイリーン」によって被害を受けたニューヨーク州の図書館10館に対して、ニューヨーク図書館協会(NYLA)が合計1万ドルを提供したそうです。この資金援助は、2007年にNYLA内に創設された“NYLA Disaster Relief Fund”による活動とのことです。アイリーンがもたらした洪水によって、同州では、閉館を余儀なくされたり、数十万ドル相当の被害を受けた図書館があったとされています。

New York Libraries Damaged by Irene Get Helping Hand (Library Journal 2011/12/21付け記事)
http://www.libraryjournal.com/lj/home/893126-264/new_york_libraries_damaged_by.html.csp

Some Libraries Still Flooded After Irene and in Need of Help (Library Journal 2011/9/2付け記事)
http://www.libraryjournal.com/lj/home/891858-264/some_libraries_still_flooded_after.html.csp

参考:

PubMed、J-STAGE、CiNiiを同時に検索できるiPhoneアプリ「論文検索」がアップデート、Android版もリリースされる

2011年12月22日、株式会社アトラスが、PubMed、J-STAGE、CiNiiを同時に検索できるスマートフォン用アプリ「論文検索」のAndroid版をリリースしたそうです。また、12月17日付けでリリースされたiPhone版アプリのバージョン1.1.0では、これらの3つのデータベースに加えて、オープンアクセス誌“PLoS”(Public Library of Science)の検索にも対応し、書誌事項に含まれる用語でWikipediaを検索する機能も追加されたそうです。

スマートフォンから論文を検索できるアプリ - 論文検索
http://apps.ej-labo.jp/

論文検索(Androidマーケット)
https://market.android.com/details?id=jp.atlas.articlesearch

国際ブルーシールド委員会、エジプト研究所での火災による資料焼失に対し声明を発表

武力紛争や災害から文化遺産を保護するための活動を行っている国際ブルーシールド委員会が、2011年12月20日付けで、12月17日に発生したエジプト・カイロのエジプト研究所(Institut d'Egypte)での火災による資料焼失に関する声明を発表しています。貴重な資料の危機に対して憂慮を示すとともに現地での資料救出活動への尽力を讃えるもので、引き続き状況や支援ニーズについての情報収集にあたるとのことです。また、ユネスコ(UNESCO)のウェブサイトにも、ユネスコのボコバ事務局長によるメッセージが掲載されています。

Blue Shield 2nd Statement on Egypt(国際ブルーシールド委員会 2011/12/20付けの声明)
http://www.blueshield-international.org/images/pressreleases/20-12-2011_blueshield_statement_egypt_en.pdf

Blue Shield 2nd Statement on Egypt(国際ブルーシールド委員会 2011/12/20付けの情報)
http://www.blueshield-international.org/index.php?option=com_content&view=article&id=117

Microsoft Academic Search、研究者の師弟関係や論文の引用関係を可視化するツールを公開

Microsoft社の学術文献検索サービス“Microsoft Academic Search”が、2011年12月のアップデートで、研究者の師弟関係を図示する“Genealogy Graph”と、論文の引用関係をグラフで表す“Paper Citation Graph”という2種類の可視化ツールを提供開始したそうです。Microsoft Academic Searchのトップページにはその他にも様々なツールが紹介されています。

Genealogy Graph
http://academic.research.microsoft.com/VisualExplorer#2110003&genealogy

Paper Citation Graph
http://academic.research.microsoft.com/PaperCitationGraph#694811

Update History (Microsoft Academic Search)
http://academic.research.microsoft.com/About/Help.htm#6

Microsoft Academic Search Adds New Visualization Tools (INFOdocket 2011/12/23付け記事)

国立国会図書館(NDL)、「平成23年度来館利用者アンケート結果」を公開

国立国会図書館(NDL)は「平成23年度来館利用者アンケート結果」を公開しました。同アンケートは、2011年7月から9月にかけて、東京本館、関西館、国際子ども図書館、東京本館の専門室において実施したものです。

平成23年度来館利用者アンケート結果
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/enquete2011_01.html

九州大学附属図書館が運営するブログ「Cute.dev: ディスカバリサービス開発日誌」

九州大学附属図書館が「Cute.dev: ディスカバリサービス開発日誌」というブログを開設しているようです。このブログは2011年8月頃から開始されており、同館のディスカバリサービス“Cute.Search”や“Cute.Catalog”の開発過程の記録等が残されています。2011年12月26日付けの最新記事「ディスカバリ・サービスのデザインについて:Cute.Catalog (1)」では、Cute.Catalogの設計思想について紹介されています。

ディスカバリ・サービスのデザインについて:Cute.Catalog (1)(Cute.dev: ディスカバリサービス開発日誌 2011/12/26付け記事)
http://d.hatena.ne.jp/Cute_dev/20111226/1324890468

Cute.dev: ディスカバリサービス開発日誌
http://d.hatena.ne.jp/Cute_dev/

工学院大学、隣接する京王プラザホテルと提携して宿泊中の受験生に図書館を開放

工学院大学が、産学連携の一環として、京王プラザホテルと提携した受験生向けのサービスを実施するそうです。このサービスは2009年度に開始されたもので、同ホテルの「受験生応援宿泊プラン」で宿泊している受験生は、ホテルに隣接する工学院大学の新宿図書館を利用して、自習や資料閲覧等を行うことができるという内容です。2009年度にはのべ54名が入館し、うち53%が「とても良かった」、40%が「良かった」と評価したそうです。

京王プラザホテルとの産学連携協力―宿泊する受験生に図書館を開放 (2011年度)―(工学院大学図書館 2011/12/22付け)
http://www.lib.kogakuin.ac.jp/site/keio_11.html

2012受験生応援宿泊プラン(京王プラザホテル)
http://www.keioplaza.co.jp/pr/news/2011/img/111219_06.pdf

国文学研究資料館、「北米日本古典籍所蔵機関ディレクトリ」(日・英)を公開

2011年12月26日、国文学研究資料館が「北米日本古典籍所蔵機関ディレクトリ」を公開しました。このディレクトリは、写本・板本・地図・浮世絵といった日本の古典籍を所蔵する北米の図書館・美術館等の機関に関する情報を集約したもの、とのことです。合わせて英語版も開設されています。

北米日本古典籍所蔵機関ディレクトリ
http://base1.nijl.ac.jp/~overseas/index-j.html

Directory of North American Collections of Old and Rare Japanese Books, Other Print Materials, and Manuscripts
http://base1.nijl.ac.jp/~overseas/index-e.html

文部科学省、「東日本大震災からの復旧・復興の取組に関する中間的な検証結果のまとめ(第一次報告書)」を公表

2011年12月26日、文部科学省が「東日本大震災からの復旧・復興の取組に関する中間的な検証結果のまとめ(第一次報告書)」を公表しました。この報告書は、東日本大震災からの復旧・復興に関する文部科学省の取組について課題・教訓を整理し、中間的検証を行ったものとされています。全体で132の教訓が抽出され、それらを踏まえた10点の提言が示されています。

東日本大震災からの復旧・復興の取組に関する中間的な検証結果のまとめ(第一次報告書)について(文部科学省 2011/12/23付け)
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1314588.htm

12月 26日

南三陸町図書館のFacebookページが開設

東日本大震災で津波により建物が流出し2011年10月に仮設図書館が再開された宮城県の南三陸町図書館のFacebookページが開設されています。同館の依頼に基づいて、saveMLAKプロジェクトの南三陸支援チームによって、非公式という位置づけで代行制作・運用されているとのことです。

南三陸町<仮設>図書館 ※非公式運用
http://www.facebook.com/MinamisanrikuTempLib

参考:
E1228 - 被災地支援活動紹介(4)南三陸町仮設図書館の開館支援
http://current.ndl.go.jp/e1228

津波で建物が流失した南三陸町図書館の仮設図書館がオープン
http://current.ndl.go.jp/node/19232

孤児著作物問題の定義とその問題の規模とは? カリフォルニア大学バークレー校のプロジェクトが白書を刊行

2011年12月19日、米国カリフォルニア大学バークレー校のBerkeley Digital Library Copyright Projectが“Orphan Works: Definitional Issues”と題する白書を公開したようです。Berkeley Digital Library Copyright Projectは資料デジタル化に取り組む図書館およびその類縁機関が直面している著作権問題の調査を目的としたプロジェクトのようです。この白書では、米国著作権局やGoogleブックス等の4つの観点から孤児著作物(orphan works)問題の定義についてまとめるとともに、その問題が与える規模について分析しているようです。

Orphan Works: Definitional Issues (白書ダウンロードページ)
http://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=1974614

White Paper on Orphan Works: Berkeley Digital Library Copyright Project (ARROW 2011/12/22付けの記事)

欧州におけるオープンアクセス及び電子情報保存に係る方針・戦略に関する調査報告書が公表

欧州委員会(EC)や欧州連合理事会を補佐する政策諮問機関である欧州研究領域委員会(European Research Area Committee:ERAC)が、“National open access and preservation policies in Europe: Analysis of a Questionnaire to the European Research Area Committee”と題した報告書を公開しています。これは、欧州におけるオープンアクセス及び保存に係る方針・戦略について行った質問紙調査の結果をまとめたものとのことです。同調査では、2010年11月に質問紙が送付され、2011年3月までに25のEU参加国(ブルガリアとハンガリーを除く)と4か国のERACオブザーバ(アイスランド、モンテネグロ、ノルウェー、スイス)が回答を提出したそうです。報告書では、オープンアクセスは増加を続ける大学・研究機関・助成財団によって支えられているものの、電子情報の長期保存の問題は真剣に考える必要があると指摘されているそうです。

北米研究図書館協会(ARL)、カナダの21大学における電子リソース利用調査の最終報告書を公表

2011年12月23日、北米研究図書館協会(ARL)が、カナダの21大学が参加する大学図書館コンソーシアム“Ontario Council of University Libraries”(OCUL)における電子リソース利用調査の最終報告書を公開しました。同報告書は、2010年2月から2011年2月の間の電子リソース利用のうち、無作為抽出された34,000回を対象として、ユーザ層、利用の目的、電子リソースへアクセスした場所等を調査した結果をまとめたものとされています。ARLは同様の調査を2004-2005年にも実施しており、前回調査時の結果との比較もなされているそうです。

MINES for Libraries®: Measuring the Impact of Networked Electronic Services and the Ontario Council of University Libraries' Scholar Portal, Final Report 2011
http://www.libqual.org/documents/LibQual/publications/MINES_OCUL2011.pdf

MINES for Libraries
http://www.minesforlibraries.org/

オランダ王立図書館とオランダ国立公文書館が統合へ

2011年12月23日、オランダ王立図書館(Koninklijke Bibliotheek:KB)とオランダ国立公文書館が統合することが発表されました。新組織の誕生は2013年7月1日と予定されています。なお、両館は隣接した建物に位置しています。

Koninklijke Bibliotheek and National Archives to move forward together (Koninklijke Bibliotheek 2011/12/23付けの記事)
http://www.kb.nl/nieuws/2011/kbna-en.html

Koninklijke Bibliotheek en Nationaal Archief samen verder (Koninklijke Bibliotheek 2011/12/23付けの記事)
http://www.kb.nl/nieuws/2011/kbna.html

Koninklijke Bibliotheek en Nationaal Archief samen verder (Nationaal Archief 2011/12/23付けの記事)

ページ