アーカイブ - 2009年 - car

12月 28日

イタリアの読書と図書館をめぐる状況についての記事

毎日新聞の記事で、イタリアの図書館や読書に関する事情が紹介されています。国立図書館の利用者減や予算減などに言及されています。

イタリア:書籍は売れるが、図書館利用者減少 予算も半減(毎日.jpの記事)
http://mainichi.jp/select/today/news/20091228k0000e030054000c.html

参考:
E940 - イタリアの図書館事情
http://current.ndl.go.jp/e940

廃刊になった地方紙のアーカイブを地域の図書館が引き受ける試み(米)

米国ミシガン州にあるアナーバー地域図書館が、2009年7月に廃刊になった地方紙“Ann Arbor News”のアーカイブの管理者となる契約を、アナーバー地域図書館とHerald Companyが交わしたということです。Ann Arbor Newsは174年の歴史があり、アナーバー地域図書館は100万オブジェクト以上から成る新聞アーカイブをデジタル化することが可能になる予定です。ただし、新聞全てについてデジタル化する権利はHerald Campanyが保持します。この契約に関し、アナーバー地域図書館の関係者は、「Ann Arbor Newsのオーナーが、新聞が廃刊になってもその情報遺産を生き続けさせられる組織として、地域の公共図書館を見なしてくれたことが非常に光栄である。他の新聞もこの動きに続いてほしい」とコメントしています。

【イベント】DAISYの活用についての国際シンポジウム(2月・東京)

視覚障害などを持つ人の読書を支援するシステムである「DAISY(デイジー)」に関する国際シンポジウム「デイジーの活用による情報アクセスの保障と促進」が、財団法人日本障害者リハビリテーション協会の主催により、2010年2月19日に東京の日本財団ビルで開催されます。海外のDAISYの研究開発の専門家の講演とともに、日本におけるデイジーの普及についての関係者による意見交換が予定されており、パネルディスカッションには長尾真・国立国会図書館長も参加する予定とのことです。

国際シンポジウム「デイジーの活用による情報アクセスの保障と促進」
http://www.normanet.ne.jp/info/seminar100219.html

Amazon.com、クリスマス1日の販売数は印刷書籍よりも電子書籍

米国のAmazon.com社は、2009年12月25日に電子書籍の販売数が物理的な印刷書籍の販売数を初めて上回ったと発表しています。

Amazon Kindle is the Most Gifted Item Ever on Amazon.com(Amazon.comのニュースリリース)
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle

クリスマスの売上、電子書籍が紙の本を超える 米アマゾン・ドットコム(AFPBB News 2009/12/27付けの記事)
http://www.afpbb.com/article/economy/2678141/5091296

LC、Internet Archiveと協力して歴史的書籍数万冊をデジタル化

米国議会図書館(LC)は、Internet Archiveと協力し、19世紀から20世紀初頭の書籍を中心にした約6万冊のデジタル化に取り組むということです。今回デジタル化されるのは、歴史家や作家、系図学者らに高く評価され、人々にも求められている資料であるものの、老朽化し、壊れ易くなっている書籍です。デジタル化された書籍は、LCのウェブサイトで利用可能なほか、Internet Archiveのウェブサイトでも提供されます。また、LCの蔵書に加えて、Internet Archiveも参加する書籍デジタル化コンソーシアム“Open Content Alliance”の参加館の資料もデジタル化される予定です。

12月 25日

2009会計年度におけるALA会員数の変動

米国図書館協会(ALA)の2009会計年度終了時における会員数が、2008会計年度終了時の会員数64,884人から3,145人(4.8%に相当)減少し、61,739人となりました。この減少分には、エラーが1,300件程度含まれており、実際の減少率は2.7%になるということです。ALAの関係者はこの減少率を「たった2.7%」と肯定的に評価しています。

Membership Stats: First Quarter of FY2010 Shows Positive Trend
- AL Inside Scoop 2009/12/23付けの記事
http://www.al.ala.org/insidescoop/2009/12/23/membership-stats-first-quarter-of-fy2010-shows-positive-trend/

BnFとフランス議会図書館が提携

フランス国立図書館(BnF)が、議会図書館との提携を発表しています。議会図書館所蔵の写本・原稿25点の情報をフランス総合目録(CCFr)に登録するほか、議会図書館のデジタル化資料をGallicaやEuropeanaからも利用可能とし、BnFの他のデジタル化プログラムでも協力するとのことです。

Accord de partenariat entre la BnF et la Bibliothèque de l'Assemblée nationale(BnFのニュースリリース)
http://www.bnf.fr/pages/dernmin/com_partenariat_an_bnf.htm

参考:
CA1273 - フランス総合目録 / 松浦茂
http://current.ndl.go.jp/ca1273

北海道大学のHUSCAPの収録文献数が3万点を突破

北海道大学学術成果コレクション(HUSCAP)の収録文献数が、2009年12月21日に3万件を突破したとのことです。

本コレクションの収録文献数が30,000編を超えました
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/count/30000.jsp

HUSCAP
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/

参考:
CA1628 - 北海道大学の“果実”HUSCAP / 杉田茂樹
http://current.ndl.go.jp/ca1628

滋賀県大津市の保育園が図書室を設置

滋賀県大津市の南郷保育園に図書室が設置されたと報じられています。同園のグラウンドの一画に建てられた図書室棟は3,000冊を収容予定で、小学生にも開放するとのことです。

図書館完成 本たくさん読もうね 大津の南郷保育園(京都新聞 2009/12/24付けの記事)
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009122400046

年間行事(南郷保育園)
http://www.ans.co.jp/n/nangou/nenkan.html

『NDL書誌情報ニュースレター』2009年4号(通号11号)

国立国会図書館(NDL)のウェブサイトに、『NDL書誌情報ニュースレター』の最新号となる2009年4号(通号11号)が掲載されています。主な内容は以下のようなものです。

■おしらせ 平成21年度書誌調整連絡会議、を開催しました
■動向 「つながる、ひろがる、すぐ見つかる」を目指して―2009年ダブリンコア(Dublin Core)とメタデータの応用に関する国際会議(DC2009)参加報告
■動向 電子媒体とISSN―第34回ISSNナショナルセンター長会議参加報告
■動向 「第95回全国図書館大会東京大会 第9分科会 現代の図書館分類法を考える」への参加報告
■コラム 書誌データ探検 件名(3) 事前結合方式―件名標目の可能性の中心

NDL書誌情報ニュースレター 2009年4号(通号11号) 2009年12月25日掲載
http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/bib_newsletter/2009_4/index.html

12月 24日

ノースカロライナ州アーカイブズ、250年前の新聞をデジタル化

米国のノースカロライナ州アーカイブズでは、2007年から取り組んでいた州内の最初期の新聞をデジタル化するプロジェクトを完了し、デジタル化した画像23,483件をオンラインで公開しています。最も古いものは1751年に発行された“The North-Carolina Gazette”紙とのことです。

State Archives offers digitized newspapers over 250 Years(Carolina Newswire 2009/12/16付けの記事)
http://carolinanewswire.com/news/News.cgi?database=00001news.db&command=viewone&id=4201

図書館システムにハッカーが侵入(米国)

米国ノースカロライナ州のリッチモンド・コミュニティ・カレッジの図書館システムにハッカーが侵入したと報じられています。利用者51,000人分の運手免許情報や社会保障番号が被害にあったようです。

Hacker Breaches College Library System(InternetNews 2009/12/21付けの記事)
http://www.internetnews.com/security/article.php/3854731/Hacker+Breaches+College+Library+System.htm

論文リポジトリとデータリポジトリをリンクさせるサービス(英)

英国のサウサンプトン大学はこのほど、同大学が開発したリポジトリ用ソフトウェアEPrintsとデータ用のリポジトリをリンクさせるウェブサービスインフラ“EP2DC”を正式にリリースしました。このサービス開発のそもそもの動機は、実験データの保存の取組を促進すること、データを出版物とリンクさせることだということです。なおEP2DCは、英国情報システム合同委員会(JISC)から助成を受けて開発されました。

EP2DC Final Progress Post
- EP2DC Blog 2009/12/22付けの記事
http://www.materialsdatacentre.com/ep2dc-blog.html

英ウェルカム図書館、セルフサービス複写コーナーのコピー機に代えてスキャナーを導入

英国のウェルカム財団のウェルカム図書館が、従来のコピー機に代え、セルフサービスによる複写コーナーにスキャナーを導入しました。これにより利用者は、複写に加えてスキャンデータの保存を行えるようになるということです。

New Copy Services area
- ウェルカム図書館のブログ 2009/12/22付けの記事
http://wellcomelibrary.blogspot.com/2009/12/new-copy-services-area.html

IMLS、米国の公共図書館のサービス動向の報告書を公開

米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)が、公共図書館のサービス動向の調査概要“Service Trends in U.S. Public Libraries, 1997-2007”をウェブサイト上で公開しています。1997年度から2007年度までの期間について、インターネット環境が拡大したことによる利用者のニーズへの対応の変化や、都市部と地方部でのサービスの違いが調査されているようです。

New Technology Services Draw Record Numbers to Libraries: Government Study Documents Ten Years of Steadily Increasing Public Use(IMLSのプレスリリース)
http://www.imls.gov/news/2009/122209.shtm

LCの議会調査局(CRS)による、Googleブックス問題に関するレポート

米国議会図書館(LC)の議会調査局(CRS)による、Googleブックスをめぐる問題点についてのレポート(2009/11/27付け、PDF19ページ)が、CRSレポートを公開するサイトOpenCRSに掲載されています。

The Google Library Project: Is Digitization for Purposes of Online Indexing Fair Use Under Copyright Law?(OpenCRSのサイト)
http://opencrs.com/document/R40194/2009-11-27/?24279

The Google Library Project: Is Digitization for Purposes of Online Indexing Fair Use Under
Copyright Law?(本文)
http://assets.opencrs.com/rpts/R40194_20091127.pdf

12月 22日

Googleがフランスのリヨン市立図書館の蔵書のデジタル化を開始

Google社が、フランスのリヨン市立図書館の蔵書のデジタル化作業を開始したと報じられています。フランス有数の規模である同図書館はGoogle社によるデジタル化について2008年に合意しており、16-19世紀の資料などのパブリックドメインの資料約50万冊が10年以内にデジタル化されるようです。なお、記事では先日サルコジ大統領が表明した「官民パートナーシップによるデジタル化」についても言及しており、その提携相手がGoogle社ではないかという識者の見解も紹介されています。

Google gets digital foothold in France(2009/12/20付けYahoo! News(AFP)の記事)
http://news.yahoo.com/s/afp/20091220/tc_afp/franceusinternetcompanygoogle

Google Begins Scanning Books from Municipal Library of Lyon, France(2009/12/22付けResourceShelfの記事)
http://www.resourceshelf.com/2009/12/22/google-begins-scanning-books-from-municipal-library-of-lyon-france/

【イベント】日本図書館研究会第51回(2009年度)研究大会(2月・京都)

日本図書館研究会2009年度(第51回)研究大会が、2010年2月21-22日に京都の同志社大学で開催されます。1日目に個人発表とグループ研究発表が行われ、2日目にはシンポジウム「「図書館の自由に関する宣言」改訂から30年 : その今日的展開」が開催されます。

第51回(2009年度)研究大会のご案内
http://wwwsoc.nii.ac.jp/nal/events/taikai/2009/invit.html

DVDを図書館に返却しなかった利用者を逮捕(米国)

米国アイオワ市公共図書館のDVD53点を期限内に返却しなかった利用者が、窃盗の罪で逮捕されたと報じられています。返却期限の2009年10月2日に返却がなく、図書館からの督促の連絡にも応答がなかったため逮捕に至ったようです。なお、同館ではDVDの貸出点数の制限は設けていない模様です。

Woman charged with stealing 53 library DVDs(Iowa City Press Citizen 2009/12/16付けの記事)
http://www.press-citizen.com/article/20091216/NEWS01/91216005/1079/Woman-charged-with-stealing-53-library-DVDs

Video at the Library(アイオワ市公共図書館の貸出規則)
http://www.icpl.org/video/

JISC、2008/2009年度の年報をウェブ公開

英国情報システム合同委員会(JISC)はこのほど2008/2009年度の年報をウェブで公開しました。年報には、

・かつてはアーカイブにあった650万の資料がオンラインコンテンツに変換された。
・電子書籍の国家規模での調査プロジェクトの成果が刊行された。
・JISCの年次大会の参加者が700人を超えた。
・調査研究プロジェクト“Researcher of Tommorrow”がスタートした。
・“Libraries of the Future”キャンペーンが成功した。
・JISCの2010-2012年の戦略が検討されている。

といった内容が含まれているということです。

JISC's annual review 2008/2009 published(ニュースリリース)
http://www.jisc.ac.uk/Home/news/stories/2009/12/review.aspx

Annual review 2009
http://www.jisc.ac.uk/aboutus/annualreview/2009.aspx

参考:
JISCの電子書籍利用動向調査プロジェクトの最終報告書が公表
http://current.ndl.go.jp/node/15399
JISC、2010年~2012年の戦略を公表

ページ