アーカイブ - 2007年 - car

12月 28日

NDL、平成19年度利用者アンケート調査結果を発表

国立国会図書館(NDL)は、平成19年度利用者アンケート調査結果を公表しています。平成19年度利用者アンケート調査結果 - 国立国会図書館http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/enquete2007_01.html

Intute、新着ウェブ情報資源のRSS配信を開始

英国のサブジェクト・ゲートウェイ“Intute”が、新着ウェブ情報資源のRSS配信を開始しています。New resources - Intutehttp://www.intute.ac.uk/latest.html参考:E589 (No.98) - 最良のウェブ情報資源を使いこなすためのトレーニングツールhttp://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/cae/item.php?itemid=606

NISOとIMLSがデジタルコレクションのためのフレームワーク、バージョン3.0を発表

米国情報標準化機構(NISO)と米国の博物館・図書館情報サービス機構(IMLS)はこのほど、デジタルコレクションを構築し、管理し、保存する際の原則を構成するフレームワークである“Framework of Guidance for Building Good Digital Collections”のバージョン3.0のリリースを発表しました。このバージョン3.0…

LCがNational Film Registryへ保存する2007年の映画25本を発表

1992年に制定された、国家的に映画の保存に携わるという法律“National Film Preservation Act”の下、米国議会図書館(LC)は、永久保存する映画のレジストリである“National Film Registry”に加える映画を毎年25本ずつ選んできました。このほど、2007年は“Back to the Future”(1985年)、“Bullitt”(1968年)、…

ティーンとソーシャルメディアの関係についての調査報告書(米国)

米国におけるインターネットの社会的影響について調査を行っているPew Internet & American Life Projectはこのほど、ブログやソーシャルネットワーキングサービス(SNS)といったソーシャルメディアに10代の若者たちがどのように関わっているかを調査し、“Teens and Social Media: The use of social media gains a gre…

科学技術・学術審議会学術分科会研究環境基盤部会学術情報基盤作業部会(第9回)の議事録

2007年10月11日に開催された、科学技術・学術審議会学術分科会研究環境基盤部会学術情報基盤作業部会第9回の議事録が公開されています。学術情報基盤作業部会では、学術研究全体の進展を支える重要な基盤である学術情報基盤(情報処理関係施設、ネットワーク、大学図書館等)について、学…

図書館サポートスタッフにも認定プログラムを!(米国)

米国図書館協会(ALA)関連専門家協会(ALA-APA)では2007年から、ALAや博物館・図書館情報サービス機構(IMLS)からの支援のもと、図書館サポートスタッフ(Library Support Staff:LSS)に対する全国レベルの認証プログラムを設けるプロジェクトを始動させています。このプロジェクトに関するウェブ…

中央教育審議会生涯学習分科会制度問題小委員会(第7回)の配布資料

2007年11月22日に開催された、中央教育審議会生涯学習分科会制度問題小委員会第7回の配布資料が、公開されています。図書館法への提言を含む「生涯学習・社会教育関係制度に関する提言事項の今後の検討の方向性について(案)」や「制度問題小委員会における検討状況について」といった資…

CLIRが2006-2007会計年度の年報を発表

米国の図書館情報資源振興財団(CLIR)が2006-2007会計年度に係る年報を発表しています。2006-2007 Annual Reporthttp://www.clir.org/pubs/annual/annual.html報告書の入手先http://www.clir.org/pubs/annual/07annrep.pdf

日本情報科教育学会が発足

高校の教科「情報」の教育を専門とする学会「日本情報科教育学会」が、2007年12月23日に設立されています。ウェブサイト(暫定ページ)では、設立趣意書等のほか、総会での講演資料等も公開されています。日本情報科教育学会http://www.human-net.jp/JAEIS/高校の教科「情報」の教育を専門とする学会「日本情報科教育学会」が、2007年12月23日に設立されています。ウェブサイト(暫定ページ)では、設立趣意書等のほか、総会での講演資料等も公開されています。

日本情報科教育学会
http://www.human-net.jp/JAEIS/

12月 27日

日本の図書館系ブログのレビューを“LibWorld”に

図書館と図書館関連ブログをレビューを集約したサイト“LibWorld”に、日本の図書館系ブログのレビュー(歴史、動向紹介など)を寄稿する試みが、ブログ「かたつむりは電子図書館の夢をみるか」で行われています。図書館系ブロガーの皆さん、御協力お願いしますm(_ _)m - かたつむりは電子図…

[お知らせ]「地域資料に関する調査研究」の成果を公開しました。

『カレントアウェアネス-E』で既報のとおり、国立国会図書館が2006年度に実施した「地域資料に関する調査研究」の成果を、『図書館調査研究リポート』No.9として公開しました。あわせて、アンケート結果のクロス集計表、マスターデータも公開しております。どうぞご活用ください。

図書館調査研究リポート No.9 地域資料に関する調査研究
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/report/category.php?categoryid=9

E738 (No.120) - NDL,「地域資料に関する調査研究」の成果を公表
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/cae/item.php?itemid=756

NIHのパブリックアクセス方針義務化等の内容を含んだ法案が成立

ブッシュ大統領は、一度は拒否権を発動し、再審議となっていた図書館に関係の深い内容(NIHのパブリックアクセス方針義務化、環境保護局図書館のサービス復元等)を含む歳出法案に署名し、法案が成立する運びとなりました。Consolidated Appropriations Act of 2007(H.R.2764)http://www.rules.house.gov/110/text/omn

文部科学省が“平成18年度「子どもの学習費調査」”を公表

文部科学省は、子どもを公立又は私立の学校に通学させている保護者がこどもの学校教育及び学校外活動のために支出した経費並びに世帯の年間収入の実態の把握を目的として実施された、“平成18年度「子どもの学習費調査」”の結果を公表しました。これは、全国の公立・私立の幼稚園、小…

[お知らせ]カレントアウェアネス-E120号発行

『カレントアウェアネス-E』120号を発行しました。□目次□■E733■ 2007年ノーベル文学賞受賞者にとっての本と図書館とは?■E734■ 「文頭の“The”をどう扱うか」の研究がイグノーベル賞を受賞!■E735■ ネット上の違法・有害情報への対策,集中的な検討が続く(日本)■E736■ 学校図書…

学術雑誌の指標をビジュアルで表現(スペイン)

スペインのグラナダ大学(University of Granada)の情報学研究者グループが、学術雑誌の様々な指標を数値化・ランキング化し、ビジュアル的に見せるサイトSCImago Journal & Country Rankを公開しています。データはElsevier社のSCOPUSを利用しており、論文数や引用数から導かれるジャーナルのランキングを…

12月 26日

OJS 2.2リリース

オープンソースの電子出版システム"Open Journal System (OJS)" のVer. 2.2がリリースされました。OJS 2.2 Releasedhttp://pkp.sfu.ca/node/944参考:Open Journal Systemsを用いた電子ジャーナル1000誌を超えるhttp://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/car/index.php?p=3892E605 (No.100) - 国立図書館がオープンアクセス誌出版サービス開始(豪)htt…

ミシガン大学図書館、PubMedからリポジトリへのリンキングを実現

米ミシガン大学図書館はPubMedからミシガン大学のリポジトリ"Deep Blue"のコンテンツへとリンクすることを実現したと発表しています。LINK OUT機能を利用して実現しています。University of Michigan's digital repository now available through PubMedhttp://mhsla.wordpress.com/2007/12/21/university-of-michigans-digital-repository-n

インプレスR&D社、休刊した雑誌『インターネットマガジン』バックナンバー全号をオンラインで無償公開

インプレスR&D社が、1994年から2006年まで合計136号を発刊した月刊誌『インターネットマガジン』(2006年5月号で休刊)の全バックナンバーをオンラインで無償公開しました。現在はPDF版のみですが、今後はHTML化も検討しているとのことです。インターネットマガジン バックナンバーアーカイブ -…

ASP・SaaSの情報セキュリティ対策に関する研究会報告書

総務省の「ASP・SaaSの情報セキュリティ対策に関する研究会」が、「ASP・SaaSの情報セキュリティ対策に関する研究会報告書(案)」及び「ASP・SaaSにおける情報セキュリティ対策ガイドライン(案)」を公表し、1月18日まで意見募集を行っています。ASP・SaaSの情報セキュリティ対策に関する研究会…

ページ