アーカイブ - 2006年 4月 - car

4月 28日

近代資料のデジタル図書館(フランス)

フランスの国立芸術史研究所(Institut National d'Histoire de l'Art)が、18世紀の手稿、20世紀初頭の写真、18世紀〜19世紀に刊行された本の背表紙などをオンラインで展示する電子図書館を公開しています。たとえば、20世紀のローマの風景写真を鮮明な画像で見ることができます。Bibliot…

NARA,公開文書の再機密化に関する報告書を公表

米国の国立公文書館(NARA)は26日、公開文書の非公開化に関する調査報告書を公表しました。

1995年以降、NARAが所蔵する公文書の一部が国家機密に相当するとして、各政府機関は非公開化の作業を進めていましたが、非公開化された文書のサンプリング調査を実施したところ、64パーセントは機密扱いが相当であるとしたものの、残りは機密扱いとすることがふさわしくない、もしくは疑わしいという結論に達したと、この報告書は述べています。

Audit of the Withdrawal of Records from Public Access at the National Archives and Records Administration for Classification Purposes
http://www.archives.gov/isoo/reports/2006-audit-report.html

参照
NARA、機密文書に関する機密協定を解除

図書館サービスだけじゃない「図書館バス」

オランダでは、高齢化に伴い学校、商店、銀行などの各種インフラサービスが撤退してしまった農村部に対し、図書館サービスバス(Biblioservicebus)で各種サービスを提供しているそうです。通常のブックモービルのような資料の貸し出しのほか、高速インターネット通信、銀行サービス、切手の…

学校図書館の現状に関する調査結果(2005年分)

文部科学省が、各都道府県教育委員会等を通じて実施している学校図書館の現状に関する調査の2005年分の概要が公表されました。詳細な資料は、掲載準備中とのことです。学校図書館の現状に関する調査結果について - 文部科学省http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/18/04/06042518.htm

CivicAccess.ca - 政治参加に必要な情報を提供

カナダの図書館員、弁護士、オープンソース推進者らで構成される市民団体が、市民の民主主義政治への参加にあたり必要な情報をオンラインで提供するウェブサイト”CivicAccess.ca”を公開しました。CivicAccess.cahttp://civicaccess.ca/

CrossRefの登録論文は2000万件に

crossref.orgの4月26日付プレスリリースによると、引用論文へのリンキングシステムであるCrossRefに登録された論文数が2,000万件を突破したそうです。CROSSREF SURPASSES 20 MILLION DOI MARKhttp://crossref.org/01company/pr/press042606.htm

4月 27日

連合レファレンスネットワークの統計(中国)

広東省立中山図書館が中心になって行っている連合レファレンスネットワーク(公共図書館等が協同で行うオンラインレファレンスサービス)の統計が公表されています。新システムになった2005年以来、登録した利用者は4万人、質問数が22.5万件(1日平均800件、回答するレファレンス担当者は全…

IFLA、ILLのガイドラインを公開

IFLAが、「ILL・ドキュメントデリバリーに関するベストプラクティスのためのガイドライン」を作成、公開しました。統計、評価、電子的な受付処理、リソース・シェアリングなどが重要だとしています。Guidelines for Best Practice in Interlibrary Loan and Document Deliveryhttp://www.ifla.org/VI/2/p3/Guidelines_ILDD-en.htm

子ども向けパスファインダー「選挙」(シンガポール)

シンガポールでは、5月上旬に国政選挙が行われますが、これに際して図書館委員会が、子どもが「選挙」について調べるためのパスファインダーをつくり、公開しました。ちなみに大人向けには、選挙と国政に関する書誌を公開しています。Pathfinder for Young Peoplehttp://203.78.11.89/Announcement/GE%202006%20

LIPERの報告書

日本図書館情報学会が2003年度から行ってきた調査研究プロジェクト「情報専門職の養成に向けた図書館情報学教育体制の再構築に関する総合的研究」(LIPER)の報告書が公開されました。liper報告書http://wwwsoc.nii.ac.jp/jslis/liper/report06/report.htm

MARCの生みの親、亡くなる

MARCフォーマットを開発・普及させたHenriette Avramさんが亡くなったそうです。享年は86歳とのことです。MARC Creator Henriette Avram Dieshttp://www.ala.org/ala/alonline/currentnews/newsarchive/2006abc/april2006ab/avram.htm

中国の法律に関する文献の書誌

ドイツ・ハンブルクの外国私法・国際私法機関(Institute for Foreign Private Law and Private International Law in Hamburg)の研究者が、中国の法律について欧米諸言語で紹介した文献の書誌をまとめています。このほど、その2005年分のドラフトが発表されました。Bibliographies of Western-language Works on Chinese lawhttp://la

市町村が図書館システムにかけている経費は?

総務省と財団法人地方自治情報センター(LASDEC)が、地方公共団体における共同アウトソーシングの推進の一環として、全国1,950の市町村に対し、業務システムの導入及び運用に要する経費等を調査した結果を発表しています。図書館システムも、この調査の対象となっています。共同アウトソ…

公立図書館におけるレファレンスサービス・2005年調査報告

全国公共図書館協議会は、2003年度から「公共図書館におけるレファレンスサービス」の調査研究を行っていますが、このほどその2005年度版が公開されました。2005年度版には、「レファレンスサービスの改善と向上に向けてのガイドライン(案)」の提案、特色あるレファレンスサービスを実施…

4月 26日

BL、新しいコンテンツ戦略を公表

英国図書館(BL)が、時流に即したコンテンツサービスを提供するための新しい戦略を公表し、意見募集を開始しています。38の主題領域、8つの資料区分に対して、現状の蔵書やコンテンツを評価した上で、今後の戦略(増強、現状維持、選択的に収集、など)を提示しています。The British Library…

NII、平成17年度自動登録システム実証実験報告書を公開

NIIが、遡及入力の自動登録システムの実証実験に関する報告書を公開していました。平成17年度自動登録システム実証実験http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/contents/ncat_info_catpauto2.html

LC、シリーズ典拠の作成を停止

LCは、2006年5月1日からシリーズ典拠の作成を行わないことにする、と発表しました。The Director for Acquisitions and Bibliographic Access Announces the Library of Congress' Decision to Cease Creating Series Authority Records as Part of Library of Congress CatalogingApril 20, 2006http://www.loc.gov/catdir/series.html

LexisNexis日本法人、日本の法律に関するポータルサイトを開設

判例データベースを提供しているLexisNexis社の日本法人が、日本の法律に関するポータルサイトを開設しました。弁護士・法律事務所の検索サービスのほか、日本法ニュースとして、政府の動き、重要判決情報、法令等公布情報が、ウェブページとRSSで配信されています。martindale.jp - レクシスネ…

JFK暗殺、真珠湾攻撃の新聞アーカイブ

世界最大の新聞アーカイブサービス「NewspaperARCHIVE.com」が、今度はケネディ大統領暗殺事件を報じた新聞50,000ページと、真珠湾攻撃を報じた新聞40,000ページを、原則無料で公開しました。Kennedy Assassination Newspaper Archivehttp://www.kennedyassassinationarchive.com/Pearl Harbor Newspaper Archivehttp://www.thepearlharborarchive.c

教育・労働分野のリポジトリ

オランダのDAREプロジェクトがこの度、教育・労働経済分野のリポジトリ”Scholars Economic Community”を立ち上げたそうです。Scholars Economic Communityhttp://sec.uva.nl/

ページ