アーカイブ - 2012年 6月 28日 - book

E1307 - 次世代型図書館業務システム主要5製品の特徴とその現状

E1307 - 次世代型図書館業務システム主要5製品の特徴とその現状

この2012年は北米の図書館システム市場が激しく変化する一年になると言われている(E1282参照)。その理由は従来型の統合図書館システム(ILS)とは異なる性質を持った次世代型の図書館業務システムの登場である。既に正式運用が始まっているOCLCの“OCLC WorldShare Management Services”(以下WMS)を含めて,Ex Libris社の“Alma”,Innovative Interfaces社の“Sierra Services Platform”,Serials Solutions社の“Intota”,オープンソースの“Kuali OLE”(E1003参照)という5製品が年内に出揃うことになっている。...

E1306 - 2012年,大学・研究図書館の10のトレンド

E1306 - 2012年,大学・研究図書館の10のトレンド

米国の大学・研究図書館協会(ACRL)が刊行している“College & Research Libraries News”(C&RL News)の2012年6月号に,2012年における大学・研究図書館の10のトレンドを紹介した記事“2012 top ten trends in academic libraries”が掲載されている。記事は,ACRLの研究計画審査委員会(ACRL Research Planning and Review Committee)が作成したもので,同様の記事が隔年で掲載されている。以下,各トレンドについて簡単に概要を紹介する。...

E1305 - デジタル教科書教材協議会,「デジタル教科書法案」等を公表

E1305 - デジタル教科書教材協議会,「デジタル教科書法案」等を公表

2012年6月5日,デジタル教科書教材協議会(DiTT)(CA1748参照)が,シンポジウム「これからのデジタル教科書の話をしよう~成果発表と2012年提言~」を開催した。DiTTは,このシンポジウムに併せて,2012年4月5日発表の「DiTT政策提言2012」を踏まえて結成した外部有識者による法案検討チームが策定した「デジタル教科書法案」,「デジタル教科書普及のための財政措置」「教育の情報化総合計画」「教育の情報化ナショナルセンター(仮称)」についての提言を公表した。...

E1304 - エビデンスサマリーとは何か?季刊誌EBLIPの取組とその分析

E1304 - エビデンスサマリーとは何か?季刊誌EBLIPの取組とその分析

図書館情報学において,エビデンス(研究により得られた根拠)に基づいた実践の重要性が唱えられて久しい(CA1625参照)。その実現にあたり課題となるのが,研究論文に示されたエビデンスを査定するプロセスであるとして,季刊誌“EBLIP”(Evidence Based Library and Information Practice)が創刊され,研究論文の要約とエビデンスの査定を行う“エビデンスサマリー”の取組が開始された。その取組は2006年の創刊以来毎号積み重ねられている。...

E1303 - 2012年著作権法改正:図書館・公文書館の関係規定について

E1303 - 2012年著作権法改正:図書館・公文書館の関係規定について

2012年6月20日,政府提出の著作権法一部改正法(E1280参照)が,参議院本会議で可決され,成立した。...

E1302 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2012/6/27現在)

E1302 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2012/6/27現在)

東日本大震災後の図書館等をめぐる状況について,『カレントアウェアネス-E』での既報に続き,2012年3月下旬から6月下旬にかけての主な情報をまとめた(E1155E1161E1166E1172E1177E1205E1222E1248E1263E1274参照)。...