アーカイブ - 2008年 - book

12月 26日

12月 24日

E873 - 第11回アジア・太平洋電子図書館国際会議がインドネシアで開催

第11回アジア・太平洋電子図書館国際会議(11th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries:ICADL2008,E587,E744参照)が,インドネシア・バリ島クタにおいて,2008年12月2日から5日の4日間にわたって開催された。今回のテーマは「情報へのユニバーサル・ユビキタスなアクセス」であった。…

E872 - 国立図書館に続き連邦公文書館もWikipediaと連携(ドイツ)

ドイツ連邦公文書館(Bundesarchiv)は2008年12月4日,公民連携(PPP)の試験的プロジェクトの1つとして,デジタル化した写真10万点をオンライン百科事典“Wikipedia”を通じて無料公開したこと,また最終的には,1,100万点の写真を公開する予定であることを発表した。各写真は,Wikipediaの姉妹プロジェクト“Wikimedia Commons”(Wikimedia財団の各プロジェクトで利用される動画・画像・音声等を蓄積したアーカイブ)に収録され,Wikipediaの各記事からリンクをたどって関連の写真を見ることができるようになっている。…

E871 - 米国を代表する図書館情報学大学院の図書館,施設の閉鎖を検討

イリノイ大学アーバナ・シャンパーン校の図書館情報学大学院は,米国を代表する存在である。その図書館情報学大学院の図書館が,物理的な施設を閉鎖する方向で検討を行っており,議論を呼んでいる。…

E870 - オンライン出版物の法定納本制度の行方は?:DNBの試みスタート

ドイツ連邦政府のメルケル首相(Angela Dorothea Merkel)は2008年11月17日,ドイツ国立図書館(DNB)へのオンライン出版物(unkorperlichen Medienwerken)の法定納本に関する規定を追加した,新たな納本令を公布した。この納本令は2006年6月29日に公布されたドイツ国立図書館法(CA1613参照)により設けられた,オンライン出版物の納本制度の詳細について規定したものである。またこれを受けてDNBも,オンライン出版物納本制度に関するFAQを公開している。…

E869 - 図書館利用者が選ぶ「私の好きなライブラリアン」(米国)

米国では2008年,図書館利用者のライブラリアンへの認識を高めることを目的に,地域コミュニティ,学校,キャンパスに対し多大な貢献をしたライブラリアンに贈る賞“I Love My Librarian Award”が新たに創設された。この賞は,New York Times社とカーネギー社の資金援助の下,米国図書館協会(ALA)が運営を担当している。…

E868 - 「生きている本」を読んで偏見を乗り越える“Living Library”

中身を見ないで表紙やタイトルだけで本を評価したことがないだろうか。じっくり読んでみると,それらが与えていたイメージが偏ったものであることが分かり,本のテーマについてより深い理解を得ることができるかもしれないのに。この考え方を,人間の相互理解に生かした活動“Living Library”が,注目を集めている。…

12月 20日

CA1680 - 研究文献レビュー:図書館における紙資料の実物保存 / 吉川也志保

1. はじめに IFLA(国際図書館連盟)の定義によると、「資料保存」は実物保存と媒体変換の2つの方法で実践することができるのであるが、本稿ではそのうち、紙資料の実物保存に関する2003年以降に刊行された国内の研究文献等を主な対象としながら、必要に応じてそれ以前の文献も引用しつつ、この分野の現状・動向を紹介することを目的とする。…

CA1679 - 動向レビュー:「Bibliothek 2012」~ドイツの図書館振興の現在~ / 伊藤白

2008年9月、ドイツの図書館振興のためのパンフレット『図書館が良い21の理由』(21 gute Gründe für guten Bibliotheken)が公表された(1)。これは、公益団体「ドイツの図書館と情報」(BID;Bibliothek & Information Deutschland)の主宰する図書館振興プロジェクト「Bibliothek(図書館)2012」の一環で、主に政治家および地方自治体等の図書館設置者へのメッセージとして作成されたものである。…

CA1678 - 中国におけるMillion Book Project-中国の大学図書館の資料電子化戦略- / 篠田麻美

1. はじめに 人類の英知をあつめた著作を後世に残し、すべての人が自由に利用できるようなUniversal Libraryを作ろうという壮大な構想がある。その実現のための第1段階として、100万冊の書籍をデジタル化し、検索できるようにして、インターネットを通じて無料提供するプロジェクト“MBP(Million Book Project)”が立ち上げられた。このプロジェクトに共同で取り組んでいるのは、米国カーネギー・メロン大学と中国・インドの高等教育機関、エジプトのアレクサンドリア図書館である。…

CA1677 - 図書館によるAPIの公開-PORTAの事例から- / 中嶋晋平

はじめに 最近、GoogleやAmazonをはじめ、多くのウェブサービスがAPI(Application Programming Interface)を公開している。図書館界においても、OCLCが検索用API(1)や、メタデータ間のクロスウォーク(CA1552参照)を行うことのできるAPI(2)を公開するなど、その動きが少しずつ広まっている。…

CA1676 - ウィキペディアにおける情報の質(IQ)向上の仕組み / 石澤文

はじめに 2008年3月、無料オンライン百科事典ウィキペディア(Wikipedia;CA1510参照)(1)に登録されている記事の総数が、250言語あわせて1,000万件を超えた(2) ウィキペディアは、ウィキ(Wiki)と呼ばれる協同作業支援システムを利用している。通常のウェブブラウザと単純なマークアップ言語による、きわめて低コストの協同的コンテンツ作成を実現したこの技術は、誰もがいつでもウィキペディアの編集者となることを可能にした。…

CA1675 - 読むなら飲むな? -図書館における飲料問題- / 島村聡明

1. はじめに 置き引きや痴漢等の犯罪行為はもちろん、私語や携帯電話の使用等の迷惑行為と比べても、図書館における飲食の扱いは、図書館職員にとって悩ましい問題ではないだろうか(CA814、CA1405参照)。…

CA1674 - 「男性図書館員」の肖像 / 河合将彦

「図書館で働く人」と聞けば、世の大半の人が「女性」を思い浮かべるのではないか。学校図書館にしろ、公共図書館にしろ、テレビドラマの中の図書館にしろ、そこで働く職員は女性とイメージされることが多い。しかし、当然ながら、男性の図書館員も存在する。そこで本稿では、存在感があるとは必ずしもいえない「男性図書館員」にスポットを当て、統計データ、研究対象としての図書館員、フィクションで描かれる図書館員像という3つの視座から、その姿を概観する。…

12月 10日

E867 - NDL,『米国の図書館事情2007』を刊行

国立国会図書館(NDL)は,2006年度に実施した「米国の図書館事情に関する調査研究」の記録集『米国の図書館事情2007』(図書館研究シリーズ No.40)を,社団法人日本図書館協会から刊行するとともに,2008年11月25日,図書館に関する情報ポータル『カレントアウェアネス・ポータル』に全文を掲載した。…

E866 - 「知識はわれらを豊かにする」NDL60周年記念シンポジウム開催

国立国会図書館(NDL)では,開館60周年を記念して,2008年11月19日に開館60周年記念シンポジウム「知識はわれらを豊かにする ―国立国会図書館が果たす新しい役割―」を開催した。…

E865 - 著作物流通を促進する意思表示システム構築に向けて<文献紹介>

三菱UFJリサーチ&コンサルティング. 平成19年度著作物等のネットワーク流通を推進するための意思表示システムの構築に関する調査研究会 報告書. 2008, 50p. http://www.bunka.go.jp/chosakuken/pdf/ishihyoji_20_03.pdf, (参照 2008-12-08). 本書は,文化庁および三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社が事務局となり,有識者による研究会方式によって2007年度に実施された調査研究の報告書である。…

ページ