アーカイブ - 2019年 9月

9月 20日

英・電子情報保存連合(DPC)、組織のデジタル保存における成熟度の測定ツール“DPC Rapid Assessment Model”を公開

2019年9月19日、英・電子情報保存連合(DPC)は、2019年9月16日から20日にかけてオランダ・アムステルダムで開催されている電子情報保存に関する国際会議“iPRES2019”において、組織のデジタル保存における成熟度の測定ツール“DPC Rapid Assessment Model”を公開したことを発表しました。

デジタル保存の各要素に関する11のセクションからなり、各セクションについて自機関の状況に応じ5段階で評価を行う仕組みとなっています。デジタル保存に携わる組織であれば、種類や規模、保存するコンテンツの種類を問わずに使用できるように、また、短時間で容易に実施できるように設計されています。DPCでは、このツールを使用して毎年進捗を確認し、目標の達成状況を評価することを推奨しています。

ツールはDPCと英国の原子力廃止措置機関(NDA)との共同開発であり、Adrian Brown氏の2013年の著書“Practical Digital Preservation:A how-to guide for organizations of any size”で提示されたデジタル保存成熟度モデルをベースとして改良を加えています。ツールは無料で利用可能ですが、DPCのメンバーに限り、DPCの他機関との結果比較機能が提供されるとあります。

テキストファイルのファイルフォーマット識別に関する英国国立公文書館(TNA)の研究プロジェクト(記事紹介)

英・電子情報保存連合(DPC)の2019年9月2日、13日付けのブログ記事において、テキストファイルのファイルフォーマット識別に関する英国国立公文書館(TNA)の研究プロジェクト“Text File Format Identification”が紹介されています。筆者はTNAの研究員であるSanthilata Kuppili Venkata氏です。

プログラムのソースコード、データ記述ファイル(XML等)、構成ファイル等を含め、デジタル保存の対象となりうるテキストファイルの種類は多岐に及びますが、ファイルの拡張子に誤りや欠落があった場合、ファイルの利用に困難が生じるという問題があります。

この研究プロジェクトでは、拡張子ではなくテキストファイル内部の記述内容に見られる特徴に基づいて、機械的にファイルフォーマットを識別できるようにすることを目指しています。記事中では、識別プログラムのプロトタイプとして、.py、.java、.txt、.csv、.tsvの5種類のファイルフォーマットに限定したデータコーパスを準備し、機械学習アルゴリズム等を活用することにより5種類の識別を高精度で行えるようにしたことが報告されています。

欧州研究図書館協会(LIBER)、研究の開放性を測定する手法と責任ある研究評価指標に関するウェビナーの映像・スライドを公開

欧州研究図書館協会(LIBER)は、2019年9月10日付けのブログ記事で、同日に開催されたウェビナー“Innovating The Ways Metrics Are Applied, Responsible Metrics & Measuring Openness”の映像をYouTubeで、発表スライドをZenodoで公開していることを紹介しています。

ウェビナーでは、ドイツ経済学中央図書館(ZBW Leibniz Information Centre for Economics)のIsabella Peters氏による、研究の開放性を定量的・定性的に測定する様々な手法についての発表と、英・ケント大学のSarah Slowe氏による、責任ある研究評価指標の重要性と研究機関の役割に関する発表が行われました。

宮城県図書館、改称100周年記念企画展「宮城「県立」図書館から宮城「県」図書館へ~資料で見るあのころの図書館~」を開催中

宮城県図書館は、2019年9月14日から11月10日までの期間、開館日の午前9時から午後5時まで、2階展示室において入場無料の企画展「宮城「県立」図書館から宮城「県」図書館へ~資料で見るあのころの図書館~」を開催しています。

宮城県立図書館から現在の宮城県図書館への改称が行われた大正8年(1919年)からちょうど100年を迎えることを記念した展示であり、当時の刊行物・写真等から、宮城県図書館のあゆみを振り返る内容となっています。

また、2018年度に貴重資料『所々御境目絵図』の修復作業が完了したことを記念し、同資料の特別展示も同時開催されています。

デジタル人文学に関する情報をまとめたウェブサイト“The Digital Humanities Literacy Guidebook”が公開

デジタル人文学に新たに携わる人のために、デジタル人文学に関する情報をまとめたウェブサイト“The Digital Humanities Literacy Guidebook”が公開されています。

このウェブサイトは、米・カーネギーメロン大学へのアンドリュー・W・メロン財団による5年間の助成の一環として、2019年夏に構築されたものです。デジタル人文学に新たに携わる人のための手引となるよう、用語の解説や、デジタル人文学関係プロジェクトを紹介する映像、各種ジャーナル・テキストブック・会議・助成等の情報へのリンク等が掲載されています。

また、同ウェブサイトの内容の更新・追加がGitHub上で可能になっており、サイト充実への協力が呼び掛けられています。

The Digital Humanities Literacy Guidebook
https://cmu-lib.github.io/dhlg/

米国議会図書館(LC)や英国芸術・人文科学研究会議(AHRC)等の米・英の機関が文化機関におけるデジタルスカラシップの役割をテーマに連携

2019年9月18日、米国の人文科学基金(NEH)・国立科学財団(NSF)・スミソニアン協会・議会図書館(LC)及び英国の芸術人文科学研究会議(AHRC)、工学物理科学研究会議(EPSRC)が、図書館・博物館等の文化機関の未来を再考するため連携すると発表されています。

文化機関におけるデジタルスカラシップの役割をテーマに連携するもので、組織のリーダーシップの方向性や新たな学芸的実践の開発、新たな最先端な研究や課題の開拓、21世紀型のコレクションを基盤とした研究方法の推進といった、利用者が文化遺産を体験する方法を変革することが目指されています。

連携事業の第1弾として、9月18日と19日、米・ワシントンDCでワークショップが開催されます。

ワークショップは、両国の学術機関・文化機関の専門家(データ科学者・考古学者・デジタルキュレーター・鳥類学者)により、デジタル技術が博物館等に影響を与えている(今後与えるであろう)ことを調査するもので、機械学習・人工知能(AI)・クラウドソーシング等の共同作業モデル、来館者の体験向上などをテーマとしています。

今後の連携活動の基盤となるよう、優先されるテーマや推奨される活動など、当日の議論をまとめた報告書が出される予定です。

【イベント】第13回資料保存シンポジウム「文化資料のゆくすえ ― 令和に期待すること ―」(10/15・東京)

2019年10月15日、情報保存研究会と日本図書館協会は、東京都千代田区の一橋大学一橋講堂で、第13回資料保存シンポジウム「文化資料のゆくすえ ― 令和に期待すること ―」を開催します。

内容は以下の通りです。

・基調講演 
国立公文書館館長 加藤丈夫 氏
「公文書の重要性と令和に伝えていくこと」

・特別講演
青山学院大学教授 小田光宏 氏(日本図書館協会理事長)
「資料保存の継承:令和における図書館の役割」

東京国立博物館特任研究員 田良島哲 氏
「ミュージアムのデジタル情報と活用の新たな視角」

第13回資料保存シンポジウム 令和元年10月15日(火)に開催!(情報保存研究会)
http://www.e-jhk.com/html/index.html

千葉歴史・自然資料救済ネットワーク、「停電時の湿度管理について」を発表

2019年9月20日、千葉歴史・自然資料救済ネットワーク(千葉資料救済ネット)が、「停電時の湿度管理について」を同ネットワークのブログで発表しました。

資料館における停電時の湿度管理について、県内外から寄せられた助言を取りまとめ、紹介するものです。

状況により適切な対処方法は異なるため、その点留意するように、としています。

また、県外の資料ネット・関係者から、必要な資材等の提供についての申し出が寄せられているとのことです。

停電・空調不全時の湿度管理について(千葉資料救済ネット,2019/9/20)
http://chibasiryounet.blog.fc2.com/blog-entry-263.html

参考:
千葉歴史・自然資料救済ネットワーク、君津市内の被害状況確認調査の結果をブログで報告
Posted 2019年9月17日
http://current.ndl.go.jp/node/39032

高槻市立図書館(大阪府)、「出張図書館~図書館が公民館・支所にやってくる!」を実施

大阪府の高槻市立図書館が、2019年10月、「出張図書館~図書館が公民館・支所にやってくる!」を実施します。

同館の実施している「まちごと図書館」事業では、図書館やインターネット等で予約した図書館の本を市立公民館6館と樫田支所で受け取ることができますが、今回、市民の利用を促進するため、同館の司書が公民館や樫田支所を訪問し、貸出券の発行や読書相談などを行うものです。

出張図書館~図書館が公民館・支所にやってくる!(高槻市,2019/9/19)
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kakuka/kyoiku/chuotoshokan/oshirase/1506557160388.html

9月 19日

Wiley社、英国生理学会(The Physiological Society)と共同して生理学分野の分類法を開発

2019年9月17日、Wiley社は、英国生理学会(The Physiological Society)と共同して生理学分野の分類法を開発したことを発表しました。

Wiley社と英国生理学会は、専門分野の垣根を越えたつながりの構築の重要性が増大していることを背景に、Wiley Online Libraryのユーザーへ雑誌記事コンテンツの発見と活用を促すために、開発された分類法に基づいて雑誌記事コンテンツのタグ付けと表示を完全に自動化する機能に投資した、としています。開発された分類法はWiley社のウェブサイト上で提供されている英国生理学会刊行ジャーナルの検索結果一覧画面で、左カラムの“Physiology Taxonomy”から絞り込みをかける形で利用することができます。

米国の大学所属者のGoogle Scholarと大学図書館提供検索システムの利用及び認識に関する比較調査(文献紹介)

2019年9月に刊行された、米国の大学・研究図書館協会(ACRL)の“College and Research Libraries (C&RL)”のVol.80, no.6に、米国マサチューセッツ州・シモンズ大学のKyong Eun Oh氏とノース・カロライナ州・イースト・キャロライナ大学のMónica Colón-Aguirre氏の共著による論文“A Comparative Study of Perceptions and Use of Google Scholar and Academic Library Discovery Systems”が掲載されています。

デジタル時代における「場所としての図書館」の可能性:公共図書館と「公共圏」の関係(文献紹介)

ギリシャ・アテネで開催された第85回世界図書館情報会議(WLIC)・国際図書館連盟(IFLA)年次大会のサテライトミーティングとして、2019年8月21日から23日にかけて、同国サモス島のピタゴリオで開催されたサテライトミーティングの発表資料として、ノルウェーのオスロ・メトロポリタン大学アーカイブズ学・図書館情報学科のElin Golten氏による“Public Libraries as Place and Space - New Services, New Visibility”と題する文献が公開されています。

公共図書館は独立した空間(arena)として、市民の会話と討論の場となることを明記したノルウェーの2014年の図書館法改正に関連し、そのことが、場所としての図書館の正当性を再確認することになるか、また、デジタル時代の図書館を発展させる可能性をもたらすかを検討したものです。

『カレントアウェアネス-E』376号を発行

『カレントアウェアネス-E』376号を発行しました。

■E2174■ 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2019/9/10現在)
関西館図書館協力課調査情報係

■E2175■ 全国の図書館で太宰治資料展:五所川原市立図書館による企画
五所川原市立図書館・須藤紀子

■E2176■ 国の分野横断統合ポータル ジャパンサーチ試験版公開後の動向
電子情報部電子情報企画課次世代システム開発研究室

■E2177■ 米・アイビー・プラス図書館連合のQueer Japan Web Archive
イェール大学東アジア図書館・中村治子

E2176 - 国の分野横断統合ポータル ジャパンサーチ試験版公開後の動向

デジタルアーカイブジャパン推進委員会及び実務者検討委員会(内閣府知的財産戦略推進事務局が庶務)によって進められている,国の分野横断型の統合ポータルであるジャパンサーチは,2019年2月27日の試験版公開からおよそ半年が経過した。公開後も機能の追加等は順次行われている。この間の動きをレポートしておきたい。

E2175 - 全国の図書館で太宰治資料展:五所川原市立図書館による企画

五所川原市立図書館(青森県)では,全国の図書館と連携して太宰治資料展を開催した。本稿では実施の背景や経緯,実施内容,評価や今後の展望について報告する。

E2178 - 2019年米国図書館協会(ALA)年次大会<報告>

2019年6月20日から6月25日にかけて,米国ワシントンD.C.で2019年米国図書館協会(ALA)年次大会(E2054ほか参照)が開催され,2万1,400人を超える図書館員や出展者等が参加した。巨大なメイン会場のウォルター・E・ワシントンコンベンションセンターの他に市内のホテル等も会場となり,各地を結ぶシャトルバスが行き交った。筆者らは,科学技術振興機構(JST)のAIP加速課題に採択された「持続可能な学習者主体型教育を実現する学習分析基盤の構築」の支援を受け,大学図書館の学習支援に関する動向調査の一環として,同大会に参加した。以下,大会の概要を大学図書館に関するセッションを中心に報告する。

E2177 - 米・アイビー・プラス図書館連合のQueer Japan Web Archive

2019年5月,米国の13の大学図書館で構成されるアイビー・プラス図書館連合(Ivy Plus Libraries Confederation;以下「Ivy Plus」)は,日本の性的マイノリティ(以下「LGBTQ」)に関するウェブサイトを収集保存するプロジェクト,Queer Japan Web Archive(以下「QJWA」)を発足させた。

米国議会図書館(LC)、2019年の“Library of Congress Literacy Awards”受賞団体を発表

2019年8月29日、米国議会図書館(LC)が、2019年の“Library of Congress Literacy Awards”の各賞の受賞団体を発表していました。

同賞は、模範的で、革新的で、反復可能な、米国内外でのリテラシーや読書の振興・促進に関する取組を表彰するもので、2013年に開始されました。

2019年の受賞団体は以下の3つです。

・David M. Rubenstein賞(15万ドル): ProLiteracy Worldwide(ニューヨーク州シラキュース)
社会的弱者への成人に必要な幅広いリテラシー能力と基礎教育サービスの提供

・American賞(5万ドル): American Action Fund for Blind Children and Adults(メリーランド州ボルチモア)
視覚障害者への点字リテラシーの関する取組

・International賞(5万ドル: ConTextos(イリノイ州シカゴ)
エルサルバドルの学校、刑務所、コミュニティへのリテラシー能力を身につけるためのプログラムの提供や図書館の建設

その他、ベストプラクティスとして選ばれた15団体も表彰されています。

八尾市立志紀図書館(大阪府)、マスコットキャラクター「しきにゃん」のLINEスタンプの販売開始

2019年9月18日、大阪府の八尾市立志紀図書館が、マスコットキャラクター「しきにゃん」のLINEスタンプの販売を開始しました。

志紀図書館マスコットキャラクター「しきにゃん」LINEスタンプ販売開始(八尾市,2019/9/18)
https://www.city.yao.osaka.jp/0000048076.html

八尾市立志紀図書館しきにゃん(LINEストア)
https://store.line.me/stickershop/product/9009864

参考:
平塚市図書館(神奈川県)、図書館設置70周年記念キャラクター「ぶくまる」のLINEスタンプの販売開始:売上金の35%が図書購入費に
Posted 2018年8月22日
http://current.ndl.go.jp/node/36519

ページ