アーカイブ - 2019年 7月 12日

早稲田大学図書館、「早稲田大学における電子ジャーナルの利用実態に関するアンケート調査」の調査結果を公表

2019年7月12日、早稲田大学図書館は、「早稲田大学における電子ジャーナルの利用実態に関するアンケート調査」の調査結果を公表しました。

同調査は、全学的な学術情報基盤の維持および発展に関する施策の一環として、同大学に所属する常勤教員・大学院学生・学部学生を対象に行われたものです。概要報告によれば、調査の実施期間は2019 年 3 月 4 日から3 月 22 日までであり、有効回答数は999票でした。

今回の調査により、契約により現在提供されている電子ジャーナルの重要性が改めて浮き彫りとなったとし、特にElsevier社など大手出版社7社との「ビッグディール契約」に基づき提供される学術雑誌等は、同大学の研究・教育を支える学術情報基盤として、分野を問わず必要不可欠であることが確認されたとしています。

【結果報告】早稲田大学における電子ジャーナルの利用実態に関するアンケート調査(早稲田大学図書館, 2019/7/12)
https://www.waseda.jp/library/news/2019/07/12/6828/

Springer Nature社とResearchGate、一部の同社雑誌掲載記事の全文をResearchGate上で公開する試行プログラムについて延長を発表

2019年7月11日、Springer Nature社と研究者向けのSNS・ResearchGateは、2019年3月に開始した一部の同社雑誌掲載記事の全文をResearchGateの研究者個人のプロフィール画面上で公開し、閲覧・ダウンロード可能にする試行プログラムについて、延長を発表しました。

延長された試行プログラムの第2フェーズでは、Springerのジャーナルの一部も公開対象に加わり、ResearchGateのプラットフォーム全体では従来の4倍のSpringer Nature社の記事が公開されることになります。

試行プログラムの第1フェーズ中にResearchGateの利用者700人以上に対して行われた調査では、97%がこの試行プログラムについて肯定的な反応を返し、96%がResearchGate上にNatureのジャーナルの全文記事が掲載されたことに満足していると回答するなど、非常に肯定的に受け止められており、試行プログラムの継続はこの結果を受けて行われました。

米国議会図書館(LC)の法律図書館、貴重書を保管する新しい書庫の開設を発表

米国議会図書館(LC)の法律図書館は、貴重書を保管する新しい書庫の開設記念式典を、2019年6月28日に開催したと発表しています。

同館の貴重書は、これまで、同館の小規模な貴重書保管室や、LCの他部門から借りたスペースで保管していましたが、今回の新書庫開設により、コレクションが統合され、安全性とアクセスが向上すると説明しています。

新書庫は、現在の保管室の4倍にあたる直線で9,000フィートの棚があり、貴重書の保管に最適な最先端の空調・防火・安全システムを備えています。

デューイ十進分類法(DDC)で優先的に開発が必要なトピックや改訂・更新が必要な主題に関する図書館員向け調査の結果が公開される

デューイ十進分類法(DDC)編集チームによるブログ“025.431: The Dewey blog”の2019年7月9日付の投稿において、2019年4月に行われた、優先的に開発が必要なトピックや改訂・更新が必要な主題に関する図書館員向けに調査の結果が公開されています。

ブログの投稿では以下のようなことが紹介されています。

・図書館にとって優先的に開発が必要なトピックとして、食物不耐性(food intolerance)、電子タバコを吸うこと(vaping)、低所得地区(low-income neighborhoods)などが挙げられたこと
・コンピューターサイエンス、情報、総記を扱う0類、技術(応用科学)を扱う6類、社会科学を扱う3類が、利用者にとって改訂が有用な分野であるとみなされていること

GreyNet、灰色文献国際会議の会議論文をオープンアクセスで公開したと発表

2019年7月10日、灰色文献に関する国際的なネットワークGreyNet(Grey Literature Network Service)が、イタリアの国立研究議会情報科学技術研究所(ISTI-CNR)と共同で、灰色文献国際会議の第1回から第20回までの会議論文(conference paper)約400点をオープンアクセスで公開したと発表しています。

各々の論文は、システムが生成した引用とともに豊富なメタデータをともなっており、最新5回分の論文にはDataCiteによるDOIが付与されています。残りの論文についても今後DOIを付与するとしています。

Now Online - The Largest Collection of Conference Papers in the Field of Grey Literature(GreyNet,2019/7/10)
http://greyguide.isti.cnr.it/index.php/homepage/124-greyguiderepository

岐阜市立中央図書館、中高生を対象とした「2019年度ぼくのわたしのショートショート発表会」の作品を募集中:応募作品をまとめた作品集は同館の蔵書に

岐阜市立中央図書館が、中高生を対象とした「2019年度ぼくのわたしのショートショート発表会」の作品を募集中です。締切は2019年8月20日です。

発表会開催当日(11月3日)に参加が可能な中学生または高校生を対象に原稿用紙5枚以内の短編小説を募集するものです。応募作品から選考された作品の著者(図書カード1万円分を進呈)は、発表会当日に発表するともに、岐阜県出身の直木賞作家・朝井リョウ氏に作品を読んでもらい、朝井氏と発表作品についての話をします。

応募作品は選外も含め作品集に掲載して発表会で配布するとともに、同館の蔵書とされます。

初回は同館開館記念イベントとして2015年に実施され、過去の発表者のなかには高校生で作家デビューした人もいると紹介されています。

ぼくのわたしのショートショート発表会作品大募集!(岐阜市立図書館,2019/6/7)
https://g-mediacosmos.jp/lib/information/2019/06/post-667.html

浦添市立図書館(沖縄県)、市制施行50周年および開館35周年を記念し、市内の児童・生徒を対象に図書館利用カードのデザインイラストを募集

2019年7月11日、沖縄県の浦添市立図書館が、2020年の市制施行50周年および開館35周年を記念し、市内の児童・生徒を対象に図書館利用カードのデザインイラストを募集すると発表しています。

募集するデザインイラストは、

(1)浦添市立図書館(外観や読書している人など図書館をイメージするもの)
(2) 移動図書館「としょまる」

の2部門です。

応募期間は8月1日から10月31日までです。

各部門より1名ずつ入賞作品が選ばれ、副賞として図書カード3千円分が授与されます。

【市制施行50周年】浦添市立図書館利用カードのデザイン大募集!(浦添市立図書館,2019/7/11)
http://library.city.urasoe.lg.jp/docs/2019071100111/

神奈川県、「神奈川県文化財保存活用大綱(素案)」に関する意見を募集

神奈川県が、「神奈川県文化財保存活用大綱(素案)」に関する意見の募集を開始しました。募集期間は2019年7月10日から8月8日までです。

2018年6月に文化財保護法が改正され、都道府県は、文化財の保存及び活用に関する総合的な施策の大綱を策定できるとされたことから、その素案を策定したものです。

「4 県内の文化財の保存・活用に関する方針」において、「県立公文書館や県立図書館では、歴史的に重要な公文書その他の資料を収集・保存している。これらの資料については、未指定のものであっても、将来的に文化財としての価値が見出されることも考えられる」とされているほか、「別添資料6 本県における文化財の保存・活用に関わる部局等」に、神奈川県立図書館があげられています。

(意見募集中の案件)「神奈川県文化財保存活用大綱(素案)」に関する意見の募集について(神奈川県,2019/7/10)
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/ar3/pub/c4272865.html

大阪市の「こども本の森 中之島」の指定管理者として、図書館流通センター(TRC)を代表とする企業共同体「TRC&長谷工 meet BACH」が選定される

図書館流通センター(TRC)は2019年7月9日付のプレスリリースで、TRC・有限会社バッハ・株式会社長谷工コミュニティの共同企業体「TRC&長谷工 meet BACH」(代表企業:TRC)が、大阪市北区の中之島公園内に2020年3月開館予定の「こども本の森 中之島」の指定管理者として選定されたことを発表しました。

「TRC&長谷工 meet BACH」は「こども本の森 中之島」の指定管理者選定において、応募した8団体の中から「指定管理予定者」として選定され、2019年5月・6月の大阪市会本会議において指定管理者として承認されています。今後開館準備を経て、2020年3月から指定管理者として運営を行う、としています。

建築家・安藤忠雄氏が手掛ける「こども本の森 中之島」「TRC&長谷工 meet BACH」が指定管理者に選定(TRC,2019/7/9)
https://www.trc.co.jp/information/190709_trc.html

くずし字認識に関する全世界的なコンペティションが機械学習コンペプラットフォームKaggleで開催

2019年7月10日、世界最大規模の機械学習コンペプラットフォームKaggleで、くずし字認識に関する全世界的なコンペティション「くずし字認識:千年に及ぶ日本の文字文化への扉を開く」の開催が発表されました。

このコンペティションは、情報・システム研究機構のデータサイエンス共同利用基盤施設に所属する人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)、同機構の国立情報学研究所(NII)・人間文化研究機構の国文学研究資料館(国文研)の主催により、2019年7月中旬から10月中旬まで開催されます。

開催の目的として、深層学習(機械学習)の活用を中心とした近年のAIの飛躍的な発展を取り入れることで、新方式のくずし字OCRの研究開発が進む可能性が高まっていることを背景に、くずし字OCRの性能向上に向けたアイデアをオープンに募集することが挙げられています。

コンペティションでは、国文研とCODHが共同整備し公開中の「くずし字データセット」改良版が提供され、コンペ参加者は与えられた画像内に書かれた全てのくずし字を認識して出力する「くずし字OCRアルゴリズム」を期間内に開発するという流れで進められます。上位入賞したアルゴリズムについてはコンペ後自由に使えるよう公開される予定です。

和歌山県立図書館、東京藝術大学音楽学部の「早期教育プロジェクト2019in和歌山」連携プロジェクトとして「ジュニア・アンサンブル講座」を開催

2019年7月11日、和歌山県立図書館が、東京藝術大学音楽学部の「早期教育プロジェクト2019in和歌山」連携プロジェクトとして「ジュニア・アンサンブル講座」を開催することを発表しています。

講座は和歌山県在住の小学5年生から高校2年生を対象とし、東京藝術大学所属の講師から室内楽の音楽指導が受講できるもので、現在講座の参加希望者を募集しています(参加費は無料)。

講座は2019年8月23日から開始され、数回の合同練習・東京藝術大学講師による来館レッスンを経て、2019年11月3日にアンサンブル修了演奏会が行われます。講師によるレッスンや修了演奏会は公開で実施され、誰でも聴講することが可能です。

また、東京藝術大学音楽学部の「早期教育プロジェクト2019in和歌山」によるヴァイオリンとチェロの公開レッスンを2019年8月24日に和歌山県立図書館文化情報センターで実施することも併せて発表しています。

公開レッスンは小学4年生から中学2年生を対象としており、参加費は無料ですが、ヴァイオリン:4人、チェロ:2人が定員です。公開レッスン当日は、東京藝術大学の学生によるランチタイムコンサートの後に、1人当たり約40分の実技指導が行われます。

【イベント】「OpenBookCameraを使った遡及入力」実証実験進捗報告会(7/17・東京)

株式会社ブレインテックが、東京都品川区の同社の本社ショールームにおいて、2019年7月17日、「OpenBookCameraを使った遡及入力」実証実験進捗報告会を開催すると発表しています。

同実験は、同社が、機械振興協会BICライブラリと共同で行っている、書影撮影専用カメラ「Open Book Camera」を用いた灰色文献の一括遡及データ入力実験で、同社ショールームで開催される図書館システム体験イベント「情報館オープンデー」内で実施されます。

報告会は、14時と16時の2回開催されますが、オープンデー実施時間中(13時から17時)であれば、報告会と同様の内容をスタッフが説明するとのことです。

当日は「Open Book Camera」による撮影も体験できます。

参加のための事前申し込みは不要です。

九州大学附属図書館、「福岡城下町・博多・近隣古図」のデジタル化画像を高精細化

2019年7月11日、九州大学附属図書館が、公開していた「福岡城下町・博多・近隣古図」のデジタル化画像を高精細化したと発表しています。

同画像はパブリックドメインのため、事前の利用申請は不要であり、無償で、改変・商用利用も含めた自由な利用が可能です。

「福岡城下町・博多・近隣古図」のデジタル化画像を高精細化しました(九州大学附属図書館,2019/7/11)
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/news/26383

参考:
九州大学附属図書館、貴重書等デジタル化画像を追加公開
Posted 2015年11月25日
http://current.ndl.go.jp/node/30055
※[福岡城下町・博多・近隣古図]が公開

愛知県図書館、企画展示「伊勢湾台風60年 あいちの災害と防災のこれから」を開催中

愛知県図書館が、2019年7月12日から10月9日まで、企画展示「伊勢湾台風60年 あいちの災害と防災のこれから」を開催しています。

被災から60年がたつ伊勢湾台風の記録写真や、伊勢湾台風など愛知県で起きた災害の地域資料、様々な立場に応じた防災の本やチラシなどが展示されるほか、映画上映会も開催されるとあります。

企画展示「伊勢湾台風60年あいちの災害と防災のこれから」を開催中です(愛知県図書館, 2019/7/11)
https://www.aichi-pref-library.jp/index.php?key=bbjg1di03-219#_219

米・Open Textbook Network及びCollaborative Knowledge Foundation、オープン・テキストブック作成のためのプラットフォーム構築事業を実施

2019年7月1日、米・ミネソタ大学を中心とする、オープン・テキストブックの高等教育での活用を進めるコミュニティOpen Textbook Network(OTN)が、米国博物館・図書館サービス機構(IMLS)の助成を受けて、オープン・テキストブック作成のためのプラットフォーム構築事業を実施することが発表されています。

この事業は、学術コミュニケーションのオープンな基盤の構築を目指す米国の団体Collaborative Knowledge Foundation(Coko)と連携して実施するもので、Cokoのオープンソースのソフトウェア“Editoria”が用いられます。執筆を支援する機能のほか、教員、図書館員、編集者、査読者等が協同して作業を進めるための機能を持つものになるとしています。