アーカイブ - 2019年 4月 19日

日付

福岡県立図書館、大嘗祭に関する映画フィルム「大嘗祭悠紀主基斎田」をデジタル化して公開

2019年4月18日、福岡県立図書館は、映画フィルム「大嘗祭悠紀主基斎田」をデジタル化し、同館郷土資料室ホームページのデジタルライブラリで公開したと発表しています。

フィルムには、昭和天皇即位に伴う大嘗祭の際、斎田の勅定により新穀が作られ、京都へ運ばれる様子が収められています。デジタルライブラリ上の解説によれば、大嘗祭とは、天皇の即位の後にはじめて行われる新嘗祭のことであり、斎田とは、大嘗祭において献上される神饌神酒の材料となる新穀を作るための田のことです。

映画フィルム「大嘗祭悠紀主基斎田」映像の公開について(福岡県立図書館, 2019/4/18)
https://www2.lib.pref.fukuoka.jp/index.php?key=bbi51b1s7-1912#_1912

国際シンポジウム「高等教育の国際化と大学図書館」の講演資料が公開される

2019年4月18日、九州大学附属図書館は、2018年12月14日に同館主催で開催された国際シンポジウム「高等教育の国際化と大学図書館」の講演資料(英文)を公開したことを発表しました。

同シンポジウムでは、高等教育の国際化が急速に進む中、アジアの大学図書館はどのような役割を果たしていけるかとの問題意識のもと、九州大学のほか、タイ及び台湾の大学の事例が紹介されました。

国際シンポジウム「高等教育の国際化と大学図書館」(2018年12月)の講演資料を公開しました(九州大学附属図書館, 2019/4/18)
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/news/symposium-201812

参考:
【イベント】国際シンポジウム 「高等教育の国際化と大学図書館:アジアを拠点としたトップブランドへ」(12/14・福岡)
http://current.ndl.go.jp/node/36988

【イベント】国立情報学研究所「学術情報基盤オープンフォーラム2019」(5/29-30・東京)、「オープンハウス2019」(5/31-6/1・東京)

2019年5月29日から30日まで、東京都千代田区の学術総合センターで、国立情報学研究所(NII)による「学術情報基盤オープンフォーラム2019」が開催されます。

SINET5において実現する大学・研究機関における教育研究環境について、具体的なイメージを関係者と共有し、利用者とともに発展させるためのフォーラムとしており、プログラムによると、「学術機関における研究データ管理の進め方」「新JAIRO Cloud、CiNii Research」「CAT2020」など、多分野にわたるセッションのほか、SINET、認証基盤、セキュリティ、GakuNin RDM、新JAIRO Cloud、CAT2020の各サービスに関する個別相談会も開催されます。

また、フォーラムに続き、5月31日から6月1日まで、同会場で「オープンハウス2019」が開催され、基調講演や、NIIの研究者10名が計100件の研究を発表する「NII研究100連発」、研究に関するポスター展示などが行われます。

北米研究図書館協会(ARL)、Wikidataに関するホワイトペーパーを公表

2019年4月18日、北米研究図書館協会(ARL)が、Wikidataに関するホワイトペーパーを公表しました。

図書館員が自館の蔵書や自組織の研究者や機関の情報の世界的な発見を促進するうえでオープンなナレッジベースを利用するための多様な方法を推奨するものです。

WikidataにおけるGLAM分野の活動や、研究図書館での関与の機会について紹介しています。

津島市立図書館(愛知県)、所蔵する日本・中国の元号入り古銭(元号銭)を紹介する企画展示「図書館所蔵の元号銭-古銭から元号を考える-」を開催中

愛知県の津島市立図書館が、企画展示「図書館所蔵の元号銭-古銭から元号を考える-」を開催しています。

同館では、市民から寄贈された古銭を所蔵しており、その中には、日本・中国の元号入り古銭(元号銭)が41種(「寛永通宝」「永楽通宝」「慶長通宝」「太夏真興」など)含まれることから、そのような「元号銭」を紹介することで元号について考える展示となっています。

利用者から借用した「文政小判」なども展示されています。

地元紙の報道によると、5月31日まで実施されています。

2019年の新着情報(津島市立図書館)
http://www.lib.tsushima.aichi.jp/2019/
※2019年3月12日欄に「企画展示「図書館所蔵の元号銭」」とあります。

横手市増田まんが美術館(秋田県)、2019年5月1日にリニューアルオープン

秋田県の横手市増田まんが美術館が、2019年5月1日にリニューアルオープンします。

旧増田町出身の漫画家である矢口高雄氏の偉業を記念して、1995年10月に公民館・図書館・郷土資料館を併設する複合施設「増田ふれあいプラザ」内にマンガをテーマとして開館した美術館で、今回、マンガの歴史からマンガができるまでといったマンガのすべてが分かる美術館として、また、カフェやライブラリー、ショップのある美術館としてリニューアルされました。

5月1日から5月5日にかけて、漫画家・声優などが出演する各種オープニングイベントが開催されます。

横手市増田まんが美術館のリニューアルオープン(横手市増田まんが美術館, 2019/4/1)
http://manga-museum.com/?p=216

「横手市増田まんが美術館」リニューアルオープン!(秋田県,2019/4/17)
https://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/41613

東京大学史料編纂所、「正倉院文書マルチ支援(多元的解析支援)データベースSHOMUS」の一般公開データの大幅拡張を発表

2019/04/18、東京大学史料編纂所が、「正倉院文書マルチ支援(多元的解析支援)データベースSHOMUS」の一般公開データの大幅拡張を発表しました。

暫定レコードを含む形で「正倉院文書」(667巻5冊)すべての断簡にアクセス可能となったほか(一部未登録データ含む)、『大日本古文書』未収の主要箇所への断簡釈文の追加などが行われたと発表されています。

東京大学史料編纂所 ニュース&トピックス
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/index-j.html
※2019/04/18欄に「[DB]SHOMUS正倉院文書マルチ支援データベース、一般公開データを大幅拡張! 」とあります。

正倉院文書マルチ支援(多元的解析支援)データベースSHOMUS
https://wwwap.hi.u-tokyo.ac.jp/ships_help/ISIDE/W49/

東京大学農学生命科学図書館、「農学生命科学図書館デジタルアーカイブ」を公開

2019年4月18日、東京大学農学生命科学図書館の「農学生命科学図書館デジタルアーカイブ」の公開が発表されています。

同アーカイブで今回公開されたのは、鎌倉末期に成った国産の牛を図説する「国牛十図」、1922年の東大駒場キャンパスの構内「東京帝国大学農学部建物位置図」、1937年の東大本郷キャンパスの構内図「東京帝国大学本部構内及農学部建物鳥瞰図」の3点です。

クリエイティブコモンズライセンスのCC BY相当の条件で公開されており、IIIFに準拠した画像となっています。

農学生命科学図書館デジタルアーカイブを公開しました(東京大学農学生命科学図書館,2019/4)
https://www.lib.a.u-tokyo.ac.jp/html/news/2019/20190418_digitalarchive.html

高知県、高知県公文書等の管理に関する条例(仮称)及び同施行規則の草案への意見を募集中

高知県が、2019年4月25日まで、高知県公文書等の管理に関する条例(仮称)及び同施行規則の草案への意見を募集しています。

条例は、2019年6月議会への上程を予定し、同施行規則は、条例の議決を要件として、条例草案第32条第1号に基づき、高知県公文書管理委員会への諮問のうえ制定されます。

高知県公文書等の管理に関する条例(仮称)及び条例施行規則の制定について(意見公募期間:平成31年3月27日から4月25日まで)(高知県,2019/3/27)
http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/112701/h30-koubunsyojyourei-ikenkoubo.html

参考:
高知県、「「高知県公文書館(仮称)」整備基本計画(案)」への意見を募集中
Posted 2017年2月13日
http://current.ndl.go.jp/node/33441