アーカイブ - 2019年 3月

東京大学史料編纂所、所蔵史料目録データベースにて、特殊蒐書「三上参次関係史料」の情報を公開

2019年2月28日、東京大学史料編纂所が、所蔵史料目録データベースにて、特殊蒐書「三上参次関係史料」の情報を公開したと発表しています。

「三上参次関係史料」は、1989年に寄贈された東京帝国大学文科大学教授の三上参次に関する資料群です。

同史料には、『楽翁公伝』を執筆した渋沢栄一に提供するためと思われる松平定信関係の史料や渋沢との間の書簡、同氏が務めた史料編纂掛に関する史料、臨時帝室編修官長時代の史料、などが含まれ、明治期から大正期の史学史を検討する上でも貴重な史料群と説明されています。

東京大学史料編纂所 今年度のニュース&トピックス
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/news/news-j.html
※2019/02/28欄に「所蔵史料目録データベースにて、特殊蒐書「三上参次関係史料」の情報を公開いたしました。」とあります。

ページ