アーカイブ - 2018年 8月 31日

国立教育政策研究所教育図書館、貴重資料デジタルコレクションを公開

2018年8月30日、国立教育政策研究所教育図書館が貴重資料デジタルコレクションを公開しました。

同館の明治150年記念事業の一環として構築、公開したものであり、同館が所蔵する貴重資料のうち、78点の全文カラー画像を閲覧・ダウンロードできます。

明治150年記念事業の実施について(国立教育政策研究所、2018/8/21)[PDF:3ページ]
http://www.nier.go.jp/03_laboratory/houdou_pdf/houdou_20180821.pdf
※貴重資料デジタルコレクションの公開日は「平成30年8月30日」とあります。

国立教育政策研究所教育図書館明治150年記念事業(国立教育政策研究所)
https://www.nier.go.jp/library/m150/

国立教育政策研究所教育図書館、明治期教科書デジタルアーカイブを公開

2018年8月30日、国立教育政策研究所教育図書館が明治期教科書デジタルアーカイブを公開しました。

同館の明治150年記念事業の一環として構築、公開したものであり、同館が所蔵する教科書のうち、明治期の小学校教科書約8,400冊の本文閲覧・ダウンロードが可能です。

明治150年記念事業の実施について(国立教育政策研究所、2018/8/21)[PDF:3ページ]
http://www.nier.go.jp/03_laboratory/houdou_pdf/houdou_20180821.pdf
※明治期教科書デジタルアーカイブの公開日は「平成30年8月30日」とあります。

国立教育政策研究所教育図書館明治150年記念事業(国立教育政策研究所)
https://www.nier.go.jp/library/m150/

米・スタンフォード大学図書館、ピアノ編曲の楽譜をデジタル化し、ポータルサイトSearchWorksで公開

2018年8月29日、米・スタンフォード大学図書館の音楽図書館が、楽譜電子化のパイロットプロジェクトの最初のコレクションとして、140点のピアノ編曲の楽譜を、同館の検索ポータルサイトSearchWorksで公開しました。電子化された楽譜はパブリックドメインのものです。

同プロジェクトでは、大規模デジタル化プロジェクト用のオープンソースソフトウェアのGoobiで作成した画像を、同大学のリポジトリStanford Digital Repositoryの管理システムArgoを用いてメタデータと紐づけています。

Scanning project makes piano works available(Standord Libraries,2018/8/29)
http://library.stanford.edu/blogs/stanford-libraries-blog/2018/08/scanning-project-makes-piano-works-available

岩手県、陸前高田市内に整備中の「東日本大震災津波伝承館」の愛称を「いわて TSUNAMI メモリアル」に決定

2018年8月23日、岩手県が、ラグビーワールドカップ2019釜石開催前の開館に向け陸前高田市内に整備中の「東日本大震災津波伝承館」の愛称を、「いわて TSUNAMI メモリアル」(※「TSUNAMI」に「つなみ」とルビ)に決定したと発表しています。

公募893作品(822人)から選ばれたものに県による補作を加えたものです。

新着更新情報(岩手県)
http://www.pref.iwate.jp/news/news.html
※8月23日(木曜日)欄に「東日本大震災津波伝承館の愛称決定」とあります。

東日本大震災津波伝承館の愛称決定(岩手県)
http://www.pref.iwate.jp/anzen/machizukuri/38466/063848.html

米国政府印刷局(GPO)、デジタル形式の連邦政府出版物の配布・保存方針や実態を理解するために行った調査の報告書を公開

2018年8月28日、米国政府印刷局(GPO)が、報告書“Disseminating and Preserving Digital Public Information Products Created by the U.S. Federal Government: A Case Study Report”を公開しました。

デジタル形式の連邦政府出版物の配布・保存方針や実態を理解するために行った調査の報告書となっています。

GPOで政府刊行物の配布や対図書館サービスを担当する文書監督官(Superintendent of Documents:SuDocs)と米国議会図書館(LC)連邦調査部(Federal Research Division:FRD)との省庁間提携に基づくものです。

報告書では、SuDocs傘下の図書館サービス・コンテンツ管理部(Library Services and Content Management:LSCM)に対して、調査で得られた情報に基づいて以下のような提言を行っています。

小金井市立図書館貫井北分室(東京都)、「はじめてのLGBT ~多様性を社会づくりにむけて私たちができること~」を開催:LGBTをテーマとしたビブリオバトル等を実施

2018年9月29日、東京都の小金井市立図書館貫井北分室が「はじめてのLGBT ~多様性を社会づくりにむけて私たちができること~」を開催します。

小金井市公民館貫井北分館との連携事業で、LGBTをテーマとしたビブリオバトルやLGBTを知るための基礎講座が実施されます。

【貫井北分室】「はじめてのLGBT ~多様性を社会づくりにむけて私たちができること~」開催します(小金井市立図書館,2018/8/24)
http://www.library.koganei.tokyo.jp/index.php?key=bbh15zx6a-361#_361

9月29日(土)「はじめてのLGBT ~多様性を社会づくりにむけて私たちができること~」開催します。(小金井市立貫井北センター)
http://www.ntk-koganei.org/news_events/disp.php?ne_id=571

カーネギー英国財団による革新的実践を支援する資金援助プログラム“Carnegie Library Lab”に新たに選ばれた図書館員(記事紹介)

2018年8月24日付けの英・Libraries Taskforceのブログが、カーネギー英国財団(Carnegie UK Trust)による図書館の革新的実践を支援する資金援助プログラム“Carnegie Library Lab”に新たに選ばれた図書館・図書館員を紹介しています。

・オールダム図書館のスミス(Kate Smyth)氏
3歳児から6歳児及びその保護者を対象とした基礎的計算能力養成プロジェクト“Count and Code”

・ポーイス図書館のファー(Nichola Farr)氏
グリーティングカードの購入が寄付につながるオックスファム・アンラップトの活動を参考にした、同館の資金調達のためのグリーティングカード等作成プロジェクト“#MyBooks”

・ウェイクフィールド図書館のピカリング(Claire Pickering)氏
読書会と回想法キットを組み合わせたプロジェクト“Unhampered Reads”

・ベクスリー図書館のハバード(Emma Hubbard)氏
閉館中の夜間の図書館を活用した文化活動のビジネスモデルを構築するプロジェクト“Libraries at night”

生命科学分野のプレプリントが一元的に入るリポジトリの構築を目指すASAPbioプロジェクト、査読レポートの公開に関する公開書簡を公開

2018年8月28日、生命科学分野のプレプリントが一元的に入るリポジトリの構築を目指すASAPbioプロジェクトが、査読レポートの公開に関する公開書簡を公開しました。

査読者・編集者の説明責任の拡大、学生への査読過程の教育、同分野の文脈に即しての読者の理解の強化、査読の信用度提供といった。査読過程の透明性確保においてメリットがあることから、査読レポートの公開(必ずしも査読者の名前や著者からの回答は必要ではない)を他の雑誌にも呼びかけるもので、ベストプラクティスの調査においては、そのような多様な公開方法への反応に関する情報も収集するとしています。

公開書簡に対して多数の署名が寄せられています。

Daily Archives: 2018-08-28
http://asapbio.org/2018/08/28
※「Open letter on the publication of peer review reports」が掲載されています。