アーカイブ - 2018年 3月 5日

日付

オーストラリア国立大学チフリー図書館、洪水による浸水被害のため所蔵資料に水損被害が発生

オーストラリア・キャンベラにあるオーストラリア国立大学のチフリー図書館が、洪水による浸水被害により休館しています。

各種報道によると、同館では、各種設備のほか、歴史・哲学・政治学といった分野のマイクロフィルム、書籍、雑誌といった資料に被害が出たようです。また、水損被害を受けた資料については、現在、ページの張り付きをはずして吸水紙を挟む作業や、新刊を購入するか修復作業を行なうかが確定できるまでの間の処置として凍結乾燥の処理が施されているとのことです。

Chifley Library closed until further notice(Australian National Libray,2018/2/27)
https://anulib.anu.edu.au/chifley-library-closed-until-further-notice

岩手県立博物館、地域展「明日につなぐ気仙のたからもの―津波で被災した陸前高田資料を中心に―」を開催中

2018年3月3日から3月28日まで、岩手県立博物館が、地域展「明日につなぐ気仙のたからもの―津波で被災した陸前高田資料を中心に―」を開催しています。

気仙地方とりわけ陸前高田市に伝わる被災文化財と、被災文化財再生のため試行錯誤しながら構築された安定化処理方法等に焦点を当てた展示です。

吉田家文書「定留」、被災文化財再生の歩みを紹介する映像、高田松原の震災前後の写真、水彩画・油彩画のために構築された脱塩処理方法の紹介と実際に再生された作品等が展示されるほか関連イベントも開催されます。

明日につなぐ気仙のたからもの―津波で被災した陸前高田資料を中心に―(岩手県立博物館)
http://www5.pref.iwate.jp/~hp0910/cgi-bin/them.cgi?f1=1518598269&f2=staff

韓国国立中央図書館(NLK)、公共図書館660館の3年間の貸出しデータを用いて行った保護者に人気のある教育関連の書籍の分析結果を発表

2018年3月2日、韓国国立中央図書館(NLK)が、韓国の新学期が3月から始まるのにあわせ、保護者に人気のある教育関連の書籍の分析結果を発表しています。

公共図書館用のビックデータ分析プラットフォーム“도서관 정보나루”(図書館情報の渡し場)を用いて、2015年1月から2017年12月にかけての、全国の660の公共図書館の貸出しデータ1億9,300万件を用いて分析したものです。

NLKからの発表では、貸出数上位10冊のほか、人気のある書籍を分析した結果として「子ども」「自信」「必要」「お母さん」「両親」「愛」「幸福」などが重要なキーワードであったことが紹介されています。一方で「お父さん」「夫婦」といったキーワードの登場頻度は少なかったとのことです。

また、保護者の教育関連の人気貸出し図書上位30位中における、30代・40代の女性への貸出しの割合が66.7%を占めたこと、時期的には各学期が始まる3月と8月に若干貸出しが増加するが全体的には平均的に貸出しされていること、教育関連の書籍が他分野に比べて特に人気があるわけではないこと、等が紹介されています。

米国デジタル公共図書館(DPLA)、オハイオ州のサービス・ハブからのコンテンツの提供を開始

2018年3月2日、米国デジタル公共図書館(DPLA)は、オハイオ州のサービス・ハブ(州単位で複数機関のデータを集約する連携先)である“Ohio Digital Network”からのコンテンツの提供を開始したと発表しています。

“Ohio Digital Network”は、オハイオ州立図書館が、同州の大学図書館コンソーシアム“OhioLINK”、公共図書館ネットワーク“OPLIN”、地元の歴史協会“Ohio History Connection”と連携して運営しています。

第二次世界大戦中のプロバガンダポスター、ケント州立大学銃撃事件に関するオーラルヒストリー、同州ノックス郡のラテンアメリカ系住民の生活記録、チェスの歴史に関するコレクション、1827年から1838年にかけて刊行されたThe Birds of America誌の写真乾板(北米の鳥類の写真)など、約9万点のコンテンツがDPLAから閲覧できるようになりました。

大阪市立図書館、同館デジタルアーカイブでオープンデータとして公開しているコンテンツの書誌情報のデータセットを公開

2018年3月2日、大阪市立図書館が、同館デジタルアーカイブでオープンデータとして公開しているコンテンツの書誌情報(2018年3月2日時点)のデータセットを公開しました。

オープンデータコンテンツの書誌情報をデータセットで提供開始(大阪市立図書館,2018/3/2)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=jonuf2zc2-510#_510

デジタルアーカイブ オープンデータセット(大阪市立図書館)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/?page_id=1645

科学技術・学術政策研究所(NISTEP)、「NISTEP大学・公的機関名辞書」「大学・公的機関名英語表記ゆれテーブル」の最新バージョン(Version2018.1)を公開

2018年3月1日、科学技術・学術政策研究所(NISTEP)が、「NISTEP大学・公的機関名辞書」及び「大学・公的機関名英語表記ゆれテーブル」の最新バージョン(Version2018.1)を公開しました。

「NISTEP大学・公的機関名辞書」には、大学及び公的研究機関を中心に、研究活動を行っている日本の約1万9,000機関の情報を掲載しています。また、「大学・公的機関名英語表記ゆれテーブル」は、日本の約1万8,000の機関とその主な下部組織を対象に、機関名英語表記のゆれを調査・分析し、リスト化したものです。

「NISTEP大学・公的機関名辞書(Version2018.1)」及び「大学・公的機関名英語表記ゆれテーブル(Version2018.1)」の公表について(NISTEP, 2018/3/1)
http://www.nistep.go.jp/archives/35918